あひろ屋からのお知らせ (2003年〜2005年) 





 2005.12.29
 年の瀬です。一年を締めくくる内容を書かなくては、と思っても
 様々な事が浮かんできて、なかなか まとめられませんでした。
 こうして、無事に一年を終えることができますのは、皆様のおかげです。
 本当に心から感謝しております。

 今年も、大勢の方々と出会い、刺激を受けた一年でした。
 春の移転、それに伴う休業と再開後の混乱、夏の忙しさ。(繁忙期は発送までに
 最長1ヶ月半もお待ちいただき、ご迷惑をおかけ致しました。)

 春から本日まで続いていた企画展の数々。お声掛けくださったお店の方、
 おいでくださいましたお客様、本当にありがとうございます。驚きや発見があり、
 とても勉強になりました。日頃は孤独に(?)仕事をしているので、店頭などで
 お目にかかったり、お話できたことは新鮮な喜びでした。

 扇子を発売できたことも、今年の大きなニュース。ご好評いただき、
 大変嬉しく思っております。来年もご期待ください。
 空港や海外での販売をはじめ、販路が予想以上に拡がった年でもありました。
 その為、仕事上のバランスを崩しかけたこともあり、卸販売につきましては
 随時から期間限定募集にさせていただきました。今後も、状況等を踏まえて、
 皆様にご迷惑をおかけしないように、努力してまいります。

 振り返ると、楽しかったことばかりでもなくて、苦しい気分で過ごす時もありましたが、
 やはり、見守ってくださっている方々の存在や励ましに支えられて、
 ここまで来ることができました。

 秋に、ある染工場を尋ねた時のこと。手ぬぐいが出来上がっていく様子を
 目の前にして、敬意と、静かな興奮が湧きあがりました。白い反物が、
 数々の人の手による工程を経て、一枚の手ぬぐいへ。職人さんが黙々とこなす作業は、
 どれも大変です。体に刻まれた、時間と、思い、のようなもの。無駄のない動きに
 息を呑みました。 
 目先のことで焦ってばかりの私に、60年近くも手ぬぐいに向き合っている方が一言。
 『あなたには沢山時間があるから・・・頑張ってね。』 と。
 ”手ぬぐい屋歴”4年の私、まだまだです。

 少しづつ、着々と、望む方へ、歩いてきたような気がしますが、迷うこと、悩むことは
 尽きません。今年の反省点は、新作の数が少なかったこと。来年はもう少し頻繁に
 発表できますように。
 皆様、どうぞ よいお年をお迎えください。


 2005.12.28
 「てぬぐい処小梅屋」さんの、年末恒例 ”TENUGUI OF THE YEAR” が
 発表されました。なんと!うちの「みつ豆」ではありませんか!
 その選考理由やコメントを拝見しますと、さすが〜、よく解っていらっしゃる!
 (でも、褒め過ぎのような・・・ちょっと恐縮です。)
 小梅屋さんは、数千枚の手ぬぐいコレクションを持つ方。その膨大な手ぬぐいの中から
 選んでいただけたことを光栄に思います。
 来年も頑張ろう!という気分になってまいりました。



 2005.12.14
 12月16日より千葉県千葉市の呂久呂さんにて
space kaon の おくりもの展』 が始まります!
 うつわ、手織りのマフラー、シルバーアクセサリー、特製フルーツケーキ、根付、ぽち袋、
 トンボ玉かんざし・・・などなど。当店手ぬぐいも出品いたします。。
 お歳暮、クリスマス、お正月の贈り物に、いかがでしょうか?
 カフェではおいしい珈琲がいただけます。お近くの方はぜひお出かけください。

 会期: '05.12.16〜12.29  カフェ呂久呂 space kaon
 
場所: 千葉県中央区中央3-4-10



 2005.11.23
 手ぬぐいとは直接関係がないのですが、かわいい本が発売になりましたので、
 そのお知らせです。(私はイラストにて参加させていただきました。)



 「POCKET No.02」 は対になるテーマのもと、様々なジャンルの皆さんが 
 表現したものを集めたコンピレーションブック。
 今号のテーマは ”color or monochrome world” 。さまざまな角度から
 カラー&モノクロ−ムの世界が覗ける一冊です。私のイラストページをご紹介。
 (本の写真撮影、及びこのページへの画像掲載に関しましては、
 製作・発行の8plusさんにご承諾をいただいております。)

 《カラー》 色ってなんだろう・・・?と考えていた時に、光溢れる世界を
 思い描いていました。そんな海のなかへ。↓



 
《モノクローム》 光が遠ざかっていく(日没間際の海)のイメージ。↓


 この本が欲しい!という方は、8plusさんのサイトからご注文ください。
 
POCKET No.02」 発行/8plus  定価/1800円+税 ISBN/4-901675-08-7
 
 今号の参加メンバー/わたなべろみ・平野瑞恵・フクイ*ユキ・
 かわしまよう子・ヒサマツエツコ・金子純子・松本由・フルタヨウコ・
 中島ゆうこ・イシイリョウコ・葉田いづみ・渡辺郁子・スズキトモコ・高橋ピエール・
 木村衣有子・柳喜悦・cloth・ひだきょうこ・牧野伊三夫・佐々木美穂

 (私の拙い絵をカッコよくデザインしてくださった 8plus芳賀さん、どうもありがとう!)
 芳賀さんの生み出す本は、どれも面白くて素敵です。皆様にオススメします。



 2005.11.18
 バタバタしていたので、お知らせを忘れていました。
 先週、久々に新作の手ぬぐいを発売致しました。みつ豆のデザインです。
 (丸と四角を散らしただけの単純な柄ですが、微妙な寒天の歪みなどが、リアルです!)
 寒天と赤エンドウの大きさは、ほぼ実物大で手ぬぐいにしたかったので、
 今年の夏は あちこちのメーカーさんのみつ豆(豆かん)を食べました。
 小さな定規を片手に。計りまくった結果、ある大きさに統一されていることがわかりました。
 (大きな寒天のお店もありましたが。)

 色合いは希望どおりで、とてもいい色に仕上がって嬉しかったです。
 皆様から 『みつ豆が食べたくなりました』 というメッセージを沢山いただきました。
 面白いですね、ふとした時に、食べたくなる味。


 2005.10.30
 11月1日より、群馬県伊香保にて「手ぬぐい展 - あひろ屋」 が始まります。

 
会期: '05.11.1〜11.14  千明仁泉亭(群馬・伊香保)
 (手ぬぐい展はcafe&barの楽水楽山にて。会期中無休です。)
 500年の歴史を持つ老舗旅館のcafe&barにてひらかれます。
 (伊香保温泉の石段街沿いにあります)
 今回の会期は、紅葉の美しい時期に合わせてくださったそうです。

 先日、伺った時に撮影したもの↓ 「楽水楽山」入口(石段街沿い)です。


 石段の登っていくと、伊香保神社があります。
 (企画展成功を祈ってお参りしました)↓


 今年の紅葉狩りは、伊香保へどうぞ!!


 2005.10.8
 窓を開けると、どこからかキンモクセイの香りがします。急に涼しくなり、
 秋の深まりを感じます。夏の、眩暈するような忙しさからは解放され、
 今のうちに、と休息したり、コツコツと今後に向けて準備すること、考えること、などなど。
 夏にできなかった事を、一つ一つ取り返しているような日々です。

 新作については、染め方を選ばせていただくにあたり、表現の可能性が広がったような
 気がしました。(単に私が勉強不足だったのですが)まだちょっと先ですが、仕上がりが
 とても楽しみです。


 2005.9.24
 お知らせが遅くなりましたが、「源氏香図」の新色が発売となりました。
 早速、ご注文をいただいた方々から、”さっぱりとしていて美しい”などなど
 ご感想をいただいて嬉しく思っております。真夏に発売する予定だったのですが、
 また遅れてしまいました・・・。新作もそうなのですが、なかなか季節先取りが難しく
 (版下作成→染めあがりまで時間がある程度かかるので)季節的には ずれた感じになって
 しまいがちです。もっと早くから準備をすればいいのですが、色にしても、柄にしても、
 自分が欲しい、と感じる季節って、やはりありますよね。

 さて、今週は新作の版下を描き上げ、色見本も作り終えました。染料には、色によって、
 値段が高いものがあったり、薄い色はムラになりやすいなど・・・現実的なことが頭を
 よぎりますが、やはり思い描いた色で、出来上がる手ぬぐいを見たいのです。
 (このあたりを踏まえて、デザインできるようになると いいのですが。)
 自分の未熟さを ひしひしと感じます。

  話は変わりますが、オーダーフォームに、当店をどこでお知りになりましたか?という
 アンケート欄があります。当店宛のメッセージとともに、興味深く拝見しております。
 当店を知ったきっかけで一番多いのは、検索サイトで見つけた、というもの。
 キーワードは様々なようですが、私も調べものの時には検索サイトを頼っているので、
 やっぱり、という気がしました。次に多いのが雑誌等の掲載記事を見た、というもの。
 これも、その雑誌がロングセラーであることや、全国で読まれていること、など、
 発見がありました。そして意外に多いのが口コミ!『ブログで紹介されていた』、『友人から
 の紹介』、『プレゼントでもらった』など。ありがたい気持ちでいっぱいです。

 最近、当店宛のメッセージでダントツ多いのが、『新作待ってます』という一言。
 うまくいけば、晩秋の頃でしょうか、発売を どうぞお楽しみに!



 2005.9.4
 先週は企画展準備&搬入でお休みを頂き、皆様にはご迷惑をおかけしました。
 おかげさまで、企画展は無事スタート致しました。今回は岐阜県です。
 お近くの方は、ぜひお立ち寄りください。イベントのページに、搬入時に撮りました
 『ギャラリー風庵』さんの写真がございますのでご覧ください。

 今年は 沢山のイベントにお誘いいただき、訳が分からぬまま参加してしまったような、
 皆様(主催者の方々、お客様の方々)には大変お世話になりました。いろいろと
 勉強になりました。今後の課題を背負った気分で秋を迎えております。


 2005.8.14
 残暑お見舞い申し上げます
 お盆連休ですね。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 8月18日より埼玉・川越にて
 
『暮らしの中を彩る小物たち〜あひろ屋手ぬぐい展』が始まります。
 
会期: '05.8.18〜8.30  ライファ川越中央(埼玉・川越)

 お近くの方はぜひ お立ち寄りください。


 先日、東京で臨時開催中の「うちくい展」に出掛けました。規模的には、こじんまりと
 していましたが、手染め、手織りの布の美しさに感激しました。来年は、東京でも
 大規模に開催してほしいものです。 


 2005.7.16
 当店の手ぬぐいをお求めいただける二つの企画展をご紹介します。
 (どちらも最寄駅から歩いてすぐ!)
 暑い日が続いておりますが、お散歩がてら、ぜひ企画展にお立ち寄りください。

 
『小粋な手拭い展 2005・夏』 
 A.T SQUAREさん
(東京・四谷) にて 会期:7/4〜8月末
 
作り手の思いが伝わってくる カワイイ作品がずらり。
 他ではなかなか買えないモノが揃っていてワクワクします。



 『あひろ屋の手ぬぐい展』  
 キッチン雑貨 Recherche(ルシェルシュ)さん(東京・千駄木) 会期:7/16〜7/24 
 シンプルで、使いやすいキッチン用品、食器がメインのお店です。
 (じつは初個展…!)

 
↓RechercheさんのDMより。(庭の前で撮りました・・・)
  


 2005.7.5
 数日前に「手ぬぐい扇子」を発売致しました。株式会社新京清堂さんとの
 コラボレート企画で誕生しました この扇子、扇面に当店手ぬぐいを使用、
 全部で6種類です。おなじみの柄が扇子になった!ということで、大きな反響を
 いただいております。(すでに品切れになってしまった種類もございますが・・・
 再入荷の予定はございませんので、ご検討中の方はお急ぎください。)

   

 メルマガで発売をお知らせした直後から、どどっとオーダーをいただきました。
 以前に御買上げくださった方々からのご注文が圧倒的に多かったです。
 リピーターの方々に支えられているんだなぁ、と嬉しく、そして身の引き締まる思い。
 ご注文書のコメント欄を拝見するのが楽しみでした。お正月に沢山のお年賀状を
 いただいてしまったみたいな気分で、皆様の近況や、てぬぐい扇子のご感想などを
 じっくりと拝読いたしました。

 日中は、手ぬぐいの検品(明るくないと、できないので) や、発送があるので、
 メールのチェックは主に夜間。それもだいたい深夜になってしまいます。そんな時に
 皆様からのメッセージに じ〜ん、としていることが よくあります。お目にかかったことが
 なくても、こうして どこかで私の描いた絵を見ていてくださる、ということに支えられています。
 もちろん、お叱りのメッセージも。”発送まで待たせ過ぎ!” ホント、私も同感です。
 しかし、今の状況では、ひたすらお詫びするしかなく・・・。
 ここ数ヶ月は休日もないのですが、それが気にならないということは、好きな仕事で
 生きているという事なのでしょうか。今は、新作を描きたくてウズウズしています。
 けれども、とにかく発送ですよね。もうしばらく、お待ちくださいませ。


 5月くらいから、発送が全然追いつかなくなってしまって、一時はパニック状態
 だったのですが、最近、少しづつ、気持ちが落ち着いてきたような気がします。
 あひろ屋の これからを じっくりと考える時が来たように感じています。
 数人の方から 『とにかく続けてください』というメッセージをいただきましたが、
 そうですよね、新作を出し続けること。(品質を下げずに。)
 応援してくださる方々と一緒に 歩んでいくこと・・・。

 今年は、まだまだバタついてしまうと思いますが、皆様のご厚意にお応えできるよう
 努力してまいります。
 (今は とにかく睡眠時間を確保したいと思います。健康第一。)


 2005.6.11
 6月15日から30日まで伊勢丹吉祥寺店 本館2階(婦人服売り場)の
 上りエスカレーター横にて、で出店いたします。ポンピン堂さんも一緒に出店。
 お近くの方は ぜひお立ち寄りください。
 今回は なるべく多くの柄、色違い品を並べたいと思います。
 この機会に生地の手触りや色合いなどをお確かめください。


 2005.5.31
 今年も写真展をひらきます。場所は昨年と同じ、新宿の小さなギャラリーです。
 (写真展ですので、手ぬぐいは販売しません。念の為。
 昨年、『あれ、手ぬぐいは売ってないんですね』 と言われてしまいましたので。)

 
[ 34 Photographers 32 Exhibitions ]  
  「拾い水」 6/1(水)〜6/10(金)

 
場所:Contemporary Photo Gallely
 東京都新宿区新宿 5-11-29 幸ビル205(南原企画)

 
*拾い水・・・『まんべんなく全ての鉢に水を与えることに対して、
  渇きのある鉢のみに行う水やりのこと。』

 今年は、とにかく仕事が忙しいため、ギャラリーに出かけられるのは
 初日、土曜日、最終日になると思います。
 どんな写真を撮っているの?と訊かれますが、今年は、植物・自然系(?)です。

   

   

 こんなに忙しい時期に、写真展なんてやってる場合?と思ったりもしましたが
 スケジュールは ほぼ一年前から決まっていたので、開催。
 写真を撮ることで、バランスを保っているような部分もあり、これは「あひろ屋」の
 表現活動とは別の、でも私の表現の本質のような、そんなものなのかも・・・と思ったり。
 お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください。そして、写真のご感想を、お聞かせください。
 (出荷優先でいきますので、会場にはあまりいられないと思います・・・。)


 2005.5.27
 朝から晩まで働いていても、仕事の山が減っていないような、そんな気になります。
 ”今日は一人でも多くの方に発送したい”、”なるべく早くメールの返信をしたい”と
 思うのですが。昨日発送させていただいたのは、4/21、22にご注文をくださった
 方々でした。一ヶ月以上も待たされる気分を想像していました。
 手ぬぐいをお求めの際、季節を意識することは多いと思います。それなのに、
 一ヶ月もズレてしまったら、どうする?と自身に問いかけては苦しい気分に。
 メールをいただいている方々にも、順次返信中ですので、お待ちくださいませ。

 来月から秋まで、イベント、企画展などが続きます。ここへきて、ドーッとお誘いを
 いただきましたので、出来る限りは参加させていただきたいな、と思いました。が、
 品切れも多くなってきてしまい(発注はしてあるのですが)ちょっと心配ではあります。
 でも、お引き受けした以上、それぞれのイベント、企画展の成功へむけて、
 尽くしてゆきたいです。(体には気をつけなくては。)


 2005.5.23
 移転の為、お休みをいただいておりました。
 大変ご迷惑をおかけ致しました。ようやくネットにも接続でき (予想外の展開が
 いろいろありまして再開が遅れました)本日18時より業務を再開致しました。
 順次、発送やメールなどの返信をしていきたいと思います。
 休業中も多くのご注文をいただきました。本当にありがとうございます。

 在庫状況の確認を これから始めるところですが、中には品切れもでてきそうです。
 それをすぐには サイトに反映できないでいるので、今後「品切れお詫びメール」を
 お送りすることもありそうです。

 所在地が変わりましたので、FAX番号なども変わりました。ご注文をFAXでされている
 皆様、ご注意くださいませ。(サイトURL、メールアドレスには変更はございません。)


 2005.5.5
 昨日までの3日間、新宿でのイベント「くらし・うれしい・モノ・マーケット」に
 出展しておりました。大勢の方にお立ち寄りいただき、無事終了することができました。

 差し入れをお持ちくださった方、使い込んだ当店の手ぬぐいを見せてくださった方、
 ご家族や、ご友人を紹介してくださった方、商談、取材のご依頼、など、身に余る
 出来事が沢山ありました。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
 そして、体が一つなので、その期間、発送をお待たせしてしまっている皆様、
 ご理解に感謝いたします。
 こういったイベント出展は大変、というのが正直なところですが、これからも 
 年に一度くらいは参加してみたいな、と思います。またどこかで、皆様と
 お目にかかれることを楽しみにしております。


 2005.4.27
 本日より成田国際空港にて、当店手ぬぐいの販売が始まりました。
 先日、このページでもご報告させていただきました「おみやげコンテスト2005」の
 受賞商品などが並ぶお店です。
 
(外国の方を対象としたおみやげの選考は、日本では初めての取り組みだったそう。)
 このような嬉しいお話がいただけたキッカケは、当店を推薦してくださった皆様です。
 本当にありがとうございます。
 
場所: 第一旅客ターミナルビル 3F 出国審査場右脇 店舗名: 『桜 SAKURA』

 この連休、海外へ行かれる方、お土産は何にしようかなぁと思案中の方、
 是非こちらのお店を覗いてみてくださいね。


 2005.4.25
 ご注文をいただいても、移転のための準備、休業などがあり、すぐには発送できない状態。
 再開は早くても5月下旬から、とお知らせしましたが、今も日々ご注文をいただいています。
 (念の為、5月下旬から受注順の発送になります、という内容のメールをお送りしておりますが、
 長く待っていただけるのか、心配です。)

 けれども、メッセージ欄には 『これからも頑張って!』、『待つのも楽しみの一つ』、
 『体を壊さないように』 など、お気遣いが心に沁みます。いつも応援ありがとうございます。

 手ぬぐいは今シーズンで、流行もあるのかもしれませんが、あひろ屋は私がお婆さんに
 なってもできる仕事として立ち上げたので、短い時間の中では、あまり考えていないのです。
 どこまで生きられるか、わかりませんが、10年、30年後を一緒に歩める相棒のような
 手ぬぐい屋であってほしいと 個人的には思っております。そして、それは同時に
 お客様と一緒に歩める日々がないと 実現しないことなので・・・。
 長い時間の中で考えることと、今大事なことを、両方大切にしながら、作りたい手ぬぐいを
 描き続けていきたいです。

 沢山お便りもいただいているのに、すぐにお返事ができなくてすみません。
 ちゃんと読んでおりますので、ご安心ください!あと、お問い合わせも多かった
 ”手ぬぐい扇子”は5月下旬から発売致します。もう少しお待ちくださいね。



 2005.4.20
 おかげさまで沢山のご注文をいただいております。
 5月12日から19日まで移転作業のため休業の予定ですが、その前に発送可能なご注文は
 本日で締め切らせていただきました。
 これから休業期間までは、本日までにいただいておりますご注文分の発送と、
 イベントの準備をしていきたいと思います。


 明日からも、そして休業中もご注文は受け付けておりますが、
 発送は5月下旬からとなります。(一ヶ月以上も間があくので、ショッピングカートを
 止めてしまおうかとも考えましたが・・・休業明けに混乱してはいけないので、
 やはり稼動させておくことにしました。基本的に発送は受注順ですので、
 休業明けも その順番で発送してまいります。)
 いろいろとご迷惑をおかけします、どうぞよろしくお願い致します。


 2005.4.14
 イベント出展のお知らせです。
 「くらし・うれしい・モノ・マーケット」 
 様々な分野のモノづくりの皆さんがマーケットに参加します。
 会期は 4/28〜5/8 ですが、当店は 5/2(月)、3(火)、4(水)の中期のみの出展です。 
 ゴールデンウィーク中ではありますが、お散歩がてら ぜひお立ち寄りくださいませ。

 リビングデザインセンターOZONE (会期中無休)
 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内 


 2005.4.9
 予告はしたものの、この忙しさの中で扇子を発売しても大丈夫なのだろうか、と考えこんでおります。
 扇子はどっさりと届き、「花鳥」の新色も手元にあるのですが・・・、やはり、
 ご注文いただいている方々に発送するのが先ですよね。そう思い、今日も励んでおります。

 今、ご注文いただいても、3週間ほどお待たせしてしまいそうです。こんなに忙しいのは
 初めてかも・・・と思いました。ありがたいことです。なるべく、早くお届けできるよう、
 工夫できるところから取り組んでおりますので、お待ちいただいている皆さま、もう少し
 お待ちくださいませ。
 ・・・こんな調子ですので、しばらく新作はでません。忙しくしていると、柄がフワリと浮かぶ、と
 いうことがなくなるのですね。こういう淋しい気分も初めてです。

 あちらこちらで 桜、桜、と話題になっておりますが、皆様はお花見はされましたか?
 本当に暖かくなりましたね。


 2005.4.5
 当店手ぬぐいを利用した扇子を、もうすぐ発売できると思います。
 今日は、その予告です。↓モノクロ画像ですが・・・こんなかんじです。詳しくは また後日!

 



 2005.3.30
 外国のお客様に喜んでいただける日本のお土産とは?というコンテストが
 国土交通省、ビジット・ジャパン・キャンペーン事務局主催で行われました。
 成田、羽田、関空のサイト上で、外国の方と日本の方、双方からその ”お土産” を
 あげていただく方法だったそうです。その結果・・・4000件以上の回答の中、外国人に
 お薦めしたい商品として、当店手ぬぐいを推薦してくださった方が多く、
 「民工芸品部門」でノミネートされているとのご連絡をいただきました。
 (実は、ノミネートのご連絡をいただくまでこちらのコンテストの事を知りませんでした・・・
 なので大変驚きました!)

 残念ながら入選はできなかったのですが、これほど いろいろなものが溢れている
 日本の中で、ノミネートされたということ、そして、それは推薦してくださった多くの方が
 存在するということ・・・身の引き締まる思いでした。推薦してくださった皆様、
 本当にありがとうございました!御礼申し上げます。
 ・・・さて、気になる入賞された商品ですが、『民工芸品部門』では、金賞→松栄堂さん、
 銀賞→鳩居堂さん、銅賞→久宝堂さん でした。(やはり、すごい顔ぶれです。)
 これを励みに、また頑張っていきたいと思います。


 2005.3.26
 お知らせがずいぶんと遅れてしまいましたが、東京・青山に今月3日、素敵なお店が
 開店いたしました。伊勢半本店紅資料館を併設の『紅匠』。伊勢半さんは、
 紅花からとれる色素のみで作られた”紅”を、昔ながらの製法で伝えている唯一のお店です。
 (1825年創業!)
 資料館では、美しい化粧道具など所蔵品がズラリ。展示されている道具を眺めつつ、
 
”紅”の製法を知ることができます。資料館手前のお店『紅匠』は”「紅」と粋な小間物”を
 コンセプトにしていて、当店手ぬぐいも並べていただいております。

 開店に先駆けての内覧会では、紅づくりの実演初公開などなど、今思い出しても
 素晴らしいひとときでした。このような伝統の技が生きている事と、出来上がった”紅”の
 美しさに ただただ感動!
 その日のお土産にいただいた かわいいセットの中身をご紹介しますね。

 
 
小皿に塗られた”紅”は、玉虫色に光っています。右は山形の最上紅花。
 紅筆はコシのあるイタチの毛で出来ているそうです。


 

 (撮影前にちょっと使ってしまったので、左端が足りなくなっております・・・)
 乾いている時は玉虫色。これは極上の"紅"の証。
 光を嫌うので、使わない時はお皿を伏せておきます。


 
 ”紅”は水で溶きます。美しい赤色。
 その人のもつ唇の色や、のせる量によって、様々な色あいを見せてくれます。
 紅を点(さ)す指は薬指。そういえば、時代劇などで そういうしぐさを見たことがありますね。


 青山にお出かけの際は、ぜひ。根津美術館のそば、骨董通り沿いです。 


 2005.3.4
 新作「折紙」を発売後、予想以上の反響をいただき連日テンテコマイです。
 本当にありがとうございます!対応等が追いつかず、お返事メール送信まで
 数日かかってしまったり・・・ごめんなさい。
 新作を発売するたびに、その反響が大きくなっているようにも感じられ、
 当店の成長を見守ってくださっている皆様に心より御礼申し上げます。

 「折紙」のデザインについて ”ビックリしました” というメッセージとともに多かったのは、
 ”子供に見せたくて注文しました” というもの。あのデザインを考えている時は、
 実際に折紙で作ったり、眺めたりしました。参考にさせていただいた本や、サイトは
 いくつかあるのですが、折り方をアニメーションで紹介している「おりがみくらぶ」は

 種類も沢山載っていて、オススメです。お子様とご一緒に、折紙を楽しんでくださいね!
 新しく加わった「折紙」柄を、どうぞよろしくお願いいたします。


 2005.2.23
 新作発売まで あと数日。今日は商品撮影をしておりました。
 (外は春一番が吹いていました)
 まだ発売前なのに、新作に注文をくださる方々が!恐縮です。
 実際にご覧いただく前に、期待からのご発注・・・この重みを感じつつ、
 ご期待に応えられているのかどうか。

 さて、ゴールデンウィーク中にイベントに参加いたします。
 リビングデザインセンターOZONEにて、『くらし・うれしい・モノ・マーケット』という
 イベントが開催されます。当店は、5月2日、3日、4日の3日間のみ出展予定。
 もし、連休中に東京にいらっしゃる方は是非お立ち寄りくださいませ。



 2005.2.18
 数日前、染め屋さんから新作の手ぬぐいが届きました。
 いつも、嬉しさと不安で震える思いの中、荷を解きます。一番心配なのは、色合い。
 なかなか希望が伝わらないこともあり、逆に、想像していた以上に美しい仕上がりのことも。
 さて今回は?

 昨年までは、入荷するとすぐに発売していたのですが、ご注文が重なり、
 結果 皆様にお待たせしてしまうので、これからは準備期間を設けて、発売後は
 なるべく早くお届けできるようにと考えております。それですので今回は2月27日に
 発売を予定しております。これから、せっせと畳む日々です。

 ベランダのネコヤナギの花穂が、いつの間にか膨らんでいました。
 ヒヤシンスも芽を出しました。今夜は雪だというけれど、春は着実に。
 それでは、新作の発売まで、もう少々お待ちくださいませ。


 2005.1.26
 一昨日、版下と色見本を染め屋さんに送りました。
 ここに至るまでのこまごまとした作業の一つ一つが、大変でも楽しい時間でした。
 染め上がりを頭に描きながら、早くその日が来ないかな、とソワソワします。
 最近いただくメールにも、『新作が楽しみです』 というメッセージが多く、
 同じ気分を共有してくださる嬉しさが、こみ上げます。

 これから、多分1ヶ月はかかると思いますので、早くて2月下旬、もしかすると、
 発売は3月に入ってからかもしれません。(待ち遠しい!)
 発売日などが決まりましたら、サイト上にてお知らせ致します。


 2005.1.7
 あけまして おめでとうございます。
 今年も よろしくお願いいたします。

 この年末年始は、長くお休みをいただきました。ありがとうございました。
 皆様はいかがお過ごしでしたか。
 時間ができたことで、次回新作のデザインにも取り組むことができました。
 これから色見本作り、版下作りです。出来上がりが楽しみ、とひとりでワクワク。
 
 発売までは まだ時間がかかりますが、順調にいけば来月ご紹介できると思います。
 新作のメドもたち、気持ちのよい一年のスタートを きることができました。
 今年も、皆様に喜んでいただけるような手ぬぐい作りに励みたいと思います。

  


 2004.12.27
 年内分の発送を全て終え、ホッとしているところです。
 振り返れば、当店にとっては 多くの変化や出来事があった一年でした。

 供給面、品質面で検討の結果、染め方法を手捺染から注染へ変更。
 (当店の手捺染はプリントのようなものではなく、一枚一枚を捺染しているものなので、
 裏まできれいに染まっております。微妙な色合いの表現など、気に入っているのですが、
 顔料のため白抜きのデザインなどは吸水性がイマイチでした。
 現在、手捺染は「六花(青+レンガ色)」のみですが、このデザインでの2色染めは
 注染では難しいので、しばらくは手捺染での販売を続ける予定です。)

 この大きな変更は、新しい染め屋さんとの信頼関係を築いたり、型紙作成などを
 一から始めるということなので、仕事が振り出しに戻った状態でした。
 でも、なんとか全ての柄を注染でご提供できるようになり、大量のご注文にも
 対応できつつあって(限界はありますが・・・)課題を一つ乗り越えたように感じております。

 いくつかのイベントへの参加は、いい出会いや刺激を受けることができました。
 お客様とお会いし、いろいろとお話できたことは とてもいい思い出です。
 お忙しい中、駆けつけてくださり、ありがとうございました。
 また、コラボレーション企画も、貴重な体験でした。いくつか面白そうなお話もでているので、
 来年がまた楽しみです。

 毎日毎日、商品へのご感想や、当店や私への応援、お叱りのメールなどなど・・・
 沢山いただいておりますが、そのどれもが嬉しく、励ましになっております。
 深夜に仕事をしている時などに、ホロリとさせられることもしばしば。
 多少の苦労は吹き飛びました!郵便振替用紙の通信欄にも、コメントをありがとうございます。
 この場をお借りしてもう一度お礼を申し上げます。

 個人的な出来事ではありますが・・・今年の大きな変化点は、手ぬぐい屋専業に
 なった事かもしれません。開業から今年の春までは会社勤務をしながらだったので、
 心身ともにキツイ時期もありました。会社の皆様のご理解・ご協力が しみじみと
 思い出されます。

 どうして、あひろ屋を生み出したのか、生み出さずにはいられなかったのか、
 最近になってなんとなくわかるような気がしております。そして、その大好きな仕事で
 生かされているということは皆様のおかげであることが大きく、心より感謝しております。

 来年は今年より、もっと新作や新色を発表できればと思っております。
 (毎年同じことを言っていますが、その気持ちは常にあるのです・・・。)
 来年も どうぞ よろしくお願い致します。
 今年は本当に災害の多い一年でした。迎える2005年が明るい年でありますように。
 最後になりましたが、皆様、どうか よいお年をお迎えくださいませ。



 2004.12.1
 新作の発売後から慌しい日が続き、発送までに かなりお待ちいただいている方も多く、
 心苦しく思っております。
 反響の大きさは、作り手としては嬉しいことであり次の新作への励みになっております。
 「簾」のご感想も沢山いただいたままですが・・・どれも嬉しく拝見致しました。ありがとうございます。

 「藍染海月」も、また近いうちに発売できそうです。(ポンピン堂さん、ありがとう!)

 今日から12月。慌しく過ぎていきそうな予感です・・・。
 今年は年末年始に多めにお休みをいただくことに。休まない年もありましたが
 走り続けるのは、やはり疲れてしまいますね。
 その頃にご発注を予定されていましたら、早めにお知らせいただけると助かります。
 また、ラッピングのご注文も大変増えてきておりますが、数が多い場合は、お時間を
 いただいております。どうかご了承くださいませ。


 2004.11.18
 新作を、なんとか発売することができました。やれやれ、です。
 サイトにアップしたのが昼間にもかかわらず、続々とご注文をいただいておりまして、
 嬉しい限りです。(これを書いているのは午後4時。)季節外れになっちゃったことを
 かなり気にしていたのですが・・・大丈夫みたいですね。(勝手に安心)
 皆様からの励ましや、近況報告、面白いコメントに笑ったり、涙ぐんだりしていました。
 本当に いつもありがとうございます。疲れが吹き飛びます。
 新しく加わった手ぬぐい「簾」を 今後ともよろしくお願い致します!


 2004.9.27
 数日前に発売の「Yogini」(竢o版社)にて当店を紹介していただきました。
 ”ヨガをする人のライフスタイル・マガジン” なのですが、なかなか興味深い内容です。


 2004.9.17
 昨日、ポンピン堂さんとのコラボレーション「藍染海月」を発売致しました。
 2色を作っていただきましたが、水色の方は驚異的な速さで売り切れてしまい、
 驚きつつ よかった〜!という思いです。
 濃い方も好評ですので、こちらも時間の問題・・・。本当にありがとうございます!

 早速、お問い合わせがありました。『もう これっきりなんですか?!』。
 以前のシマシマ手ぬぐいのように、これが最初で最後だったらどうしよう、という心配を
 お持ちの方も多いと思います。ポンピン堂さんとは、「好評だったら またやりましょう」と
 話していましたので、また今度お願いしようと思っています。全て手作業ですから、
 彼らの仕事の流れもありますし、まだ発売時期などは未定です。
 でも、今回逃してしまった方も、そんなにガッカリしないで 気長に待っていてくださいね。

 「藍染海月」は天然藍を使用している為、使い始めから、いろいろと注意して
 いただきたいことがありますが、説明書を添付しておりますのでご安心ください。
 いい状態で、快適に使っていただきたいので、ご使用の前には ぜひお読みください。
 お使い始めに水洗いしていると、手が青くなりますが、それもちょっと嬉しい作業。
 こんなことは藍染ならでは、と楽しんでいます。使っていくうちに色も自然と褪せてはいきますが、
 それも使い込んだ証のようで嬉しいものです。
 
 ポンピン堂さんの藍染Tシャツを この夏も愛用していましたが、着やすく、
 何より和柄の素晴らしさに友人知人から好評です。


 2004.9.3
 最近、『新作はいつ発売ですか?』というお問い合わせを多くいただいております。
 今月中旬には、染め上がってくる予定ですが・・・当店の連休もあり、発売時期を検討中です。
 月末頃になると思います。
 (追記)・・・トラブルがあり、型紙から作り直すことになりました。そのため、大幅に発売が遅れます。
 申し訳ございません。

 新作以外にも、コラボレート企画などがありまして・・・これは近いうちに またご報告いたします。

 
↓発送準備中の手ぬぐい。
 これから、全国各地へ旅立っていきます。皆様のお役にたてますように!


 


 2004.7.10
 先月は、新作の発売(同時期に写真展を開催)、クラフトマーケットに出店、と続き、
 慌しく過ぎていきました・・・。気がつけば、もう7月も半ばになろうとしているのですね。
 今日はそのご報告です。
 
 まず、新作「牡丹」。予想を超える反響でした。今回は沢山発注し備えていたものの、
 あっという間に品切れになってしまい、今もお待ちいただいているお客様が大勢・・・。
 色合いが涼しげでよかったのかな、と思います。
 しかし、あの色は染めムラになりやすく、ハネた手ぬぐいも多かった・・・
 多少の染めムラはお許しください!

 下の写真は色見本を作っていた時(4月)のもの。どの色にしようか悩んでいました。

 

 生地の裏に伸子(両端に針の付いた竹ヒゴのようなもの)を張り、ピン!とさせて塗っていく。
 (↑これは裏側からの写真)

 表側は下の写真。微妙な色合いを何色もつくりました。

 

 その新作発売と重なるように開催していた(個人的な)写真展。
 お運びいただいた皆様、本当にありがとうございました!このサイトの告知を見て
 駆けつけてくださった方、貴重なご感想をいただけましたこと、感謝しております。
 ・・・しかし、後半は さすがに発送作業が忙しくなり、ギャラリーに居られなかった日もあり
 ご迷惑をおかけしました。

 

 そして6月27日は、東京・阿佐ヶ谷の細田工務店・リボン館での「クラフトフリーマーケット」。
 いろいろなジャンルの手作り品がズラリと並び、また大勢のお客様が途切れることなく、
 とても楽しい雰囲気でした。(手伝ってくれた友人、応援に駆けつけてくれた方々、
 素晴らしいサポートをしてくださった細田工務店の皆様、ありがとうございました!)

 そして、以前 手ぬぐいを買ってくださったお客様にも お目にかかれることができて
 嬉しかったです。ネットショップだと こうした機会がとても貴重で、いろいろと勉強に
 なりました。何より励みになったのは、並んでいる手ぬぐいを見ているお客様の笑顔でした。
 手ぬぐい屋をやっていてヨカッタ!と思えるひとときでした。

 

 いよいよ夏本番。暑くなってきましたので、手ぬぐいを活用してくださいね!


 2004.6.19
 6月27日(日)に、「クラフト(Handcraft)フリーマーケット」に出店することが決まりました!
 東京・阿佐ヶ谷駅のそばの細田工務店リボン館でひらかれます。
 雨天決行ですので、お近くの方は是非お立ち寄りください。
 陶器、木工、金工、テキスタイル、染織、テーブルウェア、アクセサリーなどなど、
 37店のモノづくりの皆さんが集まるイベントです。
 http://www.hosoda.co.jp/event/index.html


 2004.6.7
 本日は、手ぬぐいとは全く関係のないお知らせです。
 6/11(金)から6/20(日)まで、写真展をひらくことになりました。
 場所は東京・新宿の小さなギャラリーですが、以下の日の午後3時から7時くらいまでは
 会場におります。お近くにいらした際はぜひお立ち寄りください。
 写真はもちろん、手ぬぐいや当店についてのご質問など、会って話がしたい!という方、
 お待ちしております。

 [ 27 Photographers 29 Exhibitions ]
 私の写真展タイトルと会期・・・「雨告鳥(あめつげどり)」、6/11(金)〜6/20(日)

 
場所:Contemporary Photo Gallery
 東京都新宿区新宿 5-11-29 幸ビル205(南原企画)


 2004.5.28
 『手ぬぐいを、どう使おうかと、あれこれ考える楽しい時間が持てました。』
 と、いうお便りを、お客様からいただきました。作り手としては とても嬉しいメッセージ。
 手ぬぐいを生み出すまでの時間と、生み出してからの時間を、ふと想います。

 柄を思いつくことは、ある日突然、ということが多く、そこから絵を描く作業が始まり、版下にする。
 それを一度コピーし、(あの大きさの紙をコピーできるお店は少ないので大変) 色見本をつくり、
 染め屋さんに渡す。そして 染められるのか、色合いについてなどを確認し、染めの作業が始まる。
 ここから先は染め屋さんにお願いするしかないので、私はただ待つだけ。
 1ヶ月ほどで、染め上がってきたものを 一枚一枚検品し、場合によってはアイロンをかけ、畳み、出荷する。
 ・・・そんなふうにして、お客様のお手元に届けられる 手ぬぐいです。

 手にした方は、何に使おうか、誰にあげようかと考えて、ある日、手ぬぐいは何かに使われる。
 その時、初めて手ぬぐいは命を貰うのかもしれないな、と。思い描いたデザインを
 版下におこすところから始まった工程が、完了するのかもしれない。
 (うみだすまで、と、うみだしてから、時間はこうして繋がっている・・・)
 今日も、どこかで、当店の手ぬぐいが使われていることを、”命”を与えられていることを、
 作り手としてシアワセに思っています。どうもありがとうございます。


 2004.5.11
 ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
 一週間もお休みをいただきまして、戻ってすぐに「縞」と「風知草」の新色発売と続き、
 バタバタしておりました。そのため、遅れてしまった お知らせをいくつか。

 「風知草」に、新しい色が加わりました。青味のある深緑色です。
 これからの季節、風を招く小物として、涼やかさの演出にいかがでしょう。
 「縞」の第2弾は ”黒葡萄”。おかしな色名ですが、前回の”紺茶”に引き続き、
 色がわかるように、とつけたものです。黒と灰色、そして葡萄酒色の縞柄は、
 前回のものとデザイン的には同じですが、ガラリと雰囲気の違う仕上がりです。
 今回も、枚数限定の発売ですが、この縞シリーズは今回でひとまず終了です。

 染め方法の変更について・・・。
 このお知らせのページでも、”手捺染”の手ぬぐいの連続供給の難しさをお伝えして
 きましたが、いつまでも欠品にするわけにもいかず、可能なものから染めの方法を
 ”注染”に切り替えております。

 あひろ屋の、小さな過渡期は今。与えられた多くの課題は、当店の成長の証のようにも思えて、
 一つ一つ丁寧に向き合っていきたいです。 
 支えてきてくださった皆様のおかげで、ここまできました。(もうすぐ3周年です!)
 今日は次回の新作の版下を描き上げました。6月上旬頃 発売予定です。


 2004.4.17
 在庫情報を見ながら、これはひどいことになった・・・と悩む日々です。
 前回の「お知らせ」にも書きましたように、少しづつ注染に切り替えておりますので、
 5月には続々と入荷する予定です。


  2004.4.5
 「縞(紺茶)」が発売になり、限定100枚ということもあって、ご注文やお問い合わせを
 多数いただきました。本当にありがとうございます。
 その慌しさの中で、考えていた事、お伝えしたかった事を ここにいくつか・・・。

 この縞柄を考えていたのは、昨年の10月でした。毎日、色カードを切って並べては、
 配色を考えていました。縞なんて粋だなぁ、と単純な思いつきで始まり(当店の
 手ぬぐい柄はこうした思いつきで生まれます)せっせと下絵を描いたりしていました。
 版下が出来上がり、いざ手捺染担当の染め屋さんに依頼すると、
 『これは・・・3色使うの?』 『縞?』 と確認する声からは緊張感が伝わってきます。
 3色ということは 型が3つ必要ということ。版画みたいに1色1型なので、それを1枚の
 生地の上に順番に乗せては色を引き・・・と繰り返します。100枚限定といっても、
 300回型を置き、色を引いてくれたことになります。これは大変な作業数。

 また、現在 ほとんどが欠品してしまった手捺染商品の納期が、未定になっている
 理由の一つは 担当の職人さんの体調不良ということがあります。素晴らしい腕と
 センスをお持ちですが、昨年あたりから体調不良が続いているそうです。しかし、
 仕事なので・・・と当店の手ぬぐいのことを いつも気にかけてくださっています。
 こちらとしては、体調のいい時で構いません、とお伝えしました。のんびりとされて、
 お元気になられた時には、また素晴らしい手ぬぐいを染めてほしい、と願っています。
 それなので、皆様にはご迷惑をおかけしておりますが・・・。本当にごめんなさい。
 (縞も10月に発注し、発売が先月だったのは こういうわけでした。)

 けれども、売れるものがないという状態は、やっぱりいけません。
 現在可能なものから、注染という方法で染めるようにしています。今月末から
 「鉄瓶」「風知草」が注染で登場の予定です。

 
 
 そういう状況の中、職人さんの気合で生まれた「縞」を 一人でも多くの方に見て
 いただこうと思い、ナマイキにも「お一人様一枚まで」とさせていただきました。
 が、もし自分がお客様の立場だったらどうでしょう。いいな、と思うモノを 誰かに
 伝えたいと思うはず、プレゼントしたいと思うはず・・・。
 次回、こうした限定発売の際は、せめて二枚までにしよう、と思いました。


 2004.3.6
 数日前に発売となりました「ふきんセット」。反響の大きさに驚きつつも
 今まではハネていた手ぬぐいたちの利用法として これはよかったかな、と思っております。

 発売当初、サイトでの説明が不足していた為、お問い合わせが多く寄せられた内容は
 『柄は選べるのでしょうか?』 というもの。すみません、柄はこちらにて選ばせていただいております。
 どんな柄が届くのか、楽しみにしていただければ、と思います。


 2004.2.3
 注染による「六花」が本日発売となりました。白地に青一色の爽やかな柄です。


  2004.2.2
 1/31と2/1の2日間、「リビングデザインセンタ−OZONE」で開催されていた
 「布づくし展・ウィークエンドマーケット」に参加いたしました。
 多くの方にご来場いただきまして、無事終了です。ありがとうございました!
 当日は お越しいただいたのに、ゆっくりお話することができなかったり、
 また、私が席をはずしていたために、お会いできなかった方も。至らない点も多々あったと
 感じております。すみません。
 ネットショップなので、今回のようにお客様と直接お話したり、ご意見を伺うことができたのは、
 大変貴重で、とても楽しかったです。またお目にかかれる日を楽しみにしています。


 2004.1.20
 現在、深川江戸資料館にて「実用の美 手ぬぐい展 - 豊田コレクションの世界」
 という手ぬぐい展がひらかれています。木綿収集家の豊田満夫氏のコレクションが約400点も
 展示されていました。
 古いものは江戸時代のものから、テーマ別に展示されていて、時がたつのも忘れて
 見入ってしまいました。手ぬぐいの他には、型紙や熨斗、版下も展示されていて、
 とても勉強になりました。その当時の版下と、当店の現在の版下には、たいした違いがなくて苦笑い。
 (手ぬぐいの大きさの紙に、手描き。)
 手ぬぐいが、人々に愛されてきた歴史を感じる展覧会です。昔の人の洒落っ気に触れ、
 あひろ屋も頑張らなくっちゃ!と、あらためて思いました。この展覧会は2/1(日)まで開催です。


 2004.1.19
 欠品商品が増えてしまい、心苦しく思っております。
 手捺染を担当してくださっている職人さんの体調により、”手捺染”の手ぬぐいは
 入荷日が未定となっております。可能なものから、”注染”に切り替えていこうと思います。
 来月上旬には、今までとは少し違った注染バージョンの「六花」が登場予定です。
 また、来月には新作も発売予定です。
 (下の写真は その色見本を作っているところ。どんな柄かは・・・どうぞお楽しみに!)





 2004.1.18
 欠品しておりました「海月」が、昨日 入荷致しました。



 こうして、染め屋さんから どっさりと届いた手ぬぐいを、一枚一枚検品して、
 シワのひどいものは低温でアイロンをかけ、畳む作業をしていると、”この手ぬぐい達は、
 どこで、どんなふうに使われるのかな?”とよく思います。


 2004.1.9
 1月22日から2月17日まで、新宿の「リビングデザインセンタ−OZONE」にて
 ”布づくし展〜日本と世界の布が集う4WEEKS” がひらかれます。
 日本の布200選(極められた手技を知る)、アジアの布(華麗なる手技の世界)、
 NUNO・ヌノ展(若きクリエーターたちの挑戦)、ウィークエンド・布マーケット など。
 
当店はウィークエンド・布マーケットの1/31、2/1の2日間参加予定です。


 2004.1.8
 あけまして、おめでとうございます。
 今年も あひろ屋の手ぬぐいを よろしくお願い致します。
 一年がスタートすると、あれもこれも、やりたいことが浮かびます。
 今年は 沢山新作を出したいな、と思っておりますが、どうなることやら。
 よい一年でありますように。





 2003.12.31
 今年もあひろ屋を応援してくださり ありがとうございました。
 来年も、職人さん達と力を合わせて、よい手ぬぐいがお届けできるよう頑張ります!
 皆様 どうぞ よいお年をお迎えください。


 2003.12.11
 ”その道のプロ”のガイドさんが、ナビゲーションする検索サイト「All About Japan」。
 住宅・インテリア → 雑貨 → 「和風雑貨」と「ファブリック・クロス」のページで、
 当店を紹介していただいております!

 「All About Japan」 → http://allabout.co.jp/


 2003.12.10
 あの「手ぬぐい処 小梅屋」さんのサイトが一時お休みとなりました。
 要請がありましたので、当店のリンク集からも、一時削除させていただいております。
 手ぬぐい好きな 店主さんの思いが、ちりばめられたサイトでした。
 今はとても寂しい気分です。小梅屋さん、素敵なサイトをありがとうございました!


 2003.12.9
 ついに 新作の「延段」を発売することができました。お待たせいたしました。
 希望通りの色でホッとしております。
 (デザインも、多くの方からお褒めの言葉をいただきました。ありがとうございます。)
 また、次の新作へ向けて動き始めています。
 悩ましいけれど、こういうときが一番楽しいのかもしれません・・・。


 2003.11.19
 新作の色見本が届きました。それには札がついていて、
 「緑っぽい黒」、「黒っぽい緑」とあります。
 私の希望は「緑っぽい黒」の方。この微妙な色が出てくれれば・・・と
 祈るような気持ちで、新作の染め上がりを待つ日々です。




 2003.11.10
 当店手ぬぐいも置いていただいている、銀座の「SAKE SHOP 福光屋」さんでは、
 お酒にまつわる作品展が時々ひらかれています。今月15日からは やわらかなラインの
 鐵鋳物を作られている岩清水久生氏の作品展です。
 その作品には鉄瓶も多いとのこと。鐵器展は24日まで開催です。

 追記(2003.11.30)・・・先日、ご挨拶をかねてお店に伺いました。
 作品展では、思わず触ってしまうような丸みのある作品(鐵器)が並んでいました。
 鉄瓶のそばには、当店の「鉄瓶」手ぬぐいがディスプレイされていて、とてもカワイイ眺めでした!


 2003.11.3
 気がつけばもう11月。先月は那須の染め屋さんに出掛けたり、
 秋休みをいただいたりして、いろいろと収穫がありました。
 意欲も沸いてきて、新作も描き上げました!今月末にはお披露目できると思います。
 どうぞお楽しみに!

 「桜」の手ぬぐいも、長い期間欠品しておりましたが、近日中に入荷予定です。
 色合いが微妙な為、職人さん泣かせの手ぬぐいなのです・・・。
 夏からお待ちいただいているお客様、本当にすみません!もう少々お待ちくださいませ。


 2003.9.1
 すっかりご無沙汰してしまいました。皆様は、どのような夏を過ごされたのでしょうか?
 当店は、おかげさまで とても忙しい夏でした!
 夏の間にお客様からいただいたお便りを読み返していました。
 皆様が寄せてくださった手ぬぐいについて、当店についてのご感想は、
 とても励みになりました。その中で、利用法についていくつかを
 簡単にご紹介したいと思います。

 ・ハンカチ代わりに使います。(O.S.さま 埼玉県)
 ・整体師さんへのプレゼントに。(A.M.さま 神奈川県)
 ・鏡台の机の部分に敷いています。(Y.N.さま 大阪府)
 ・外国の友人へのプレゼントに。(S.T.さま 埼玉県、A.F.さま 神奈川県)
 ・以前、友人に贈った手ぬぐいは、タペストリーとして使われていました。
 (H.Y.さま 東京都)
 ・小さい子がいるので、出掛ける時に重宝します。タオルだとかさばるので。
 (N.I.さま 東京都)
 ・登山のお供に!(I.A.さま 宮城県)

  お中元や、内祝として ご利用くださったお客様は大勢いらっしゃいました。
 やはり手ぬぐい、ご挨拶時に利用されることが多いと実感しました。
 当店の手ぬぐい達が、いろいろなシーンで、多くの方に、使われていることを
 改めて知り、感謝感激です!本当にありがとうございます!


 2003.8.1
 新作を発売いたしました!
 「鉄線唐草」、縁起のよいデザインです。いかがでしょうか…?

 そして最近は欠品が多く本当に申し訳ありません。(対策を練っております)

 当店も おかげさまで2周年を迎えました。
 これからも、頑張りたいと思います。どうぞ よろしくお願い致します。


 2003.7.7
 手ぬぐいへの「お名入れ」について、時々ご質問をいただくのですが、
 当店では承っておりません。ごめんなさい。
 内祝等に利用したい!というお声も多くいただいております。
 和紙のラッピングもございますので、ご相談くださいませ。
 お中元の
贈り物にも是非手ぬぐいをご利用ください。


 2003.7.2
 本日より、こちらのページにて、お知らせなどを発信していきたいと思います。



 過去のお知らせ
2003年〜2005年
2006年〜2008年
2009年〜2011年
2012年〜2014年


最近のお知らせ
2015年〜
  あひろ屋トップページへ

Copyright(c) 2001-2016 AHIROYA