あひろ屋からのお知らせ (2012年〜2014年)




 2014年12月30日

 
年内出荷分の手ぬぐいを全て送り出し、棚卸しを済ませ、今年の業務は全て終了。
 ホッとしながら、一年を振り返っていました。
 今年も、多くの方に支えられ、励まされてきました。本当に、ありがとうございました。


 もうすぐ新年。
 元旦から、出品イベントが始まります。上野のぼたん苑では、牡丹祭りの季節。
 そちらの売店にて、当店手ぬぐいの一部が、お求めいただけます。会期は2月22日まで、
 冬の牡丹ほか、早春の花々も楽しめるそう。私も久しぶりに訪ねてみようと思っています。
 2015年のイベント情報は、こちらのページをご覧くださいませ。

 


 誠に勝手ながら、1月14日までお休みをいただきます。
 この期間のご注文やお問い合わせにつきましては、15日より順次対応いたします。
 ご迷惑をおかけしてしまいますが、よろしくお願い致します。

 皆さま、どうぞよいお年を!



 2014年12月8日

 昨日、今年最後の出品イベントを終え、(「手作りひなや」さんが参加された愛媛県西条での
 ワンディマーケット・心晴日和2) 2014年のイベントが全て終了しました。
 今年も各地で、皆さまにご覧いただけたことを嬉しく思います。ありがとうございました!
 振り返ると楽しい思い出、準備がギリギリになってしまい慌てたこと、いろいろありました・・・。
 でもようやく、一年を無事に終えることができそうで、ホッとしております。
 元旦より、また出品イベントが控えております。詳細はまた後日。そして春に向けても
 素敵なイベントが動き出しています。楽しみです!

 バリ島の植物染め手ぬぐい、じわりじわりとお客さまの元へ旅立っています。
 小出しにしているようですが、明日もまた、新しい柄(藍×黄、鉄瓶柄)を発売予定です。

 濡れていると、美しい草色。藍×黄色の手ぬぐい。 ↓

 

 卸販売のお問い合わせも多くいただいているのですが、在庫数が多くないこと、色褪せしやすく、
 また色移りの心配もあり、お店で並べるリスクが高くて、ネットショップ販売のみ、といたしました。

 あれ?夏にラ・ロンダジルさんで販売していたのは?と思われるかもしれません。リスク覚悟で、
 お店の方々の全面協力のもと、販売することができました。照明は当てない、販売の際のご説明、
 色移りするので一枚ずつ包装、などなど。ロンダさんの個展では、毎回何かしらの挑戦があったり、
 新作発表の場と思っているので (あと、個人的にオススメのお店や作り手さんとのコラボなど)、
 私の意気込みを毎年受け止め続けてくださったいる ロンダさんは、実は大変だったと思います・・・。
 ありがたさを感じながら、来年の10回目の個展のことを、おもっています。


 先月、今年も浅見真州さんの公演のお手伝いで能楽堂へ。
 この日は、花人・川瀬敏郎さんの立花も拝見することができました。
 張り詰めた空気の中で、能舞台の上で、活けられる花々。本当に美しかったです。
 (能楽の世界は奥深くて、もっともっと学ばなければと思います。しかし舞台を拝見している時の
 あの心地よさ、舞う方を通して内面を覗くような感覚・・・本当に不思議です。)

  


 来年は、どんな年になるのかな、とぼんやり考えています。
 今年後半は体調面でも調子が悪くなることが多く、検査、通院などが続いていて、
 今は咳き込んでいたり。心身ともに、健康でいられることが、すばらしいなぁと思います。
 仕事でも暮らしでも、やりたいことがいろいろ見えてきました。新しい年に向けて、整えていきたいです。



 2014年11月17日

 

 
今日はピッピの誕生日。5歳おめでとう!寒い時期に生まれたこともあり、
 成長が遅くてヒナの時は心配でした。大きくなっても暴れん坊なので (メスなのに・・・)
 怪我したり病気をしたり通院することが多く、今もヒヤリとすることがいろいろ。
 家ではやりたい放題、騒がしいのに、内弁慶なのでバードホテルに預けると
 ご飯が喉を通らず・・・。旅先でその知らせを受けて、慌てて戻ってきたことも。
 手のかかるインコですが、ペットロスから救われたのはピッピのおかげ。
 長生きしてほしいです。


 さて、ようやくネットショップでもお求めいただけるようになりました
 「注染 + バリ島植物染め」 手ぬぐい。お待たせいたしました。
 ( 数量に限りがございますので、この機会にぜひ。 )
 これらの手ぬぐいは、インドネシア、バリ島のウブドで染めていただいています。
 その色は少しずつ褪せてしまいますが、自然の持つ優しい色合いと奥深さを
 ご覧いただければと思います。

 


 今年も来月を残すのみ・・・来年のイベントの予定が少しずつ入り始めました。
 また新しいシーズンへ。がんばります!
 今年は各地に出かける機会をいただき、慌しくも楽しい時間を過ごしました。
 ふとした時に、その土地々々で出会った味や風景、一緒に過ごした方々のことを思い出します。
 ご来場の皆さま、お世話になりました皆さま、ありがとうございました。



  

 先日の「大豆から育てる味噌教室」の大豆収穫の様子・・・
 虫にだいぶ食べられてしまっていましたが、大豆を蒔いた日がついこの間のようで、
 季節の巡りを感じました。大量のサヤから豆を取り出し選別する作業は、
 みんなとおしゃべりしながらだと はやい!外での作業でしたので体が冷えましたが。
 来年は自然栽培の野菜作りコースも始まる予定・・・手ぬぐい屋の繁忙期と
 畑の繁忙期がほぼ一緒なので、どこまでお手伝いできるのだろう、と心配ですが・・・
 大切なことを多く学んでいる気がします。



 2014年11月4日

 
11月。空気がひんやりとして、紅葉がきれいな木々も増えてきました。

 大阪の枚方では、まま・めぞん さんにて、「ちいさな秋のてぬぐい展」が始まりました。
 秋冬に手ぬぐいのイベントがひらかれるなんて、時代は変わってきましたね!嬉しいことです。


 昨日は、三軒茶屋の「生活工房」でひらかれていた 『オホーツク海とウイルタのイルガ』 展へ。
 イルガと呼ばれる文様、サハリン島で暮らしてきた少数民族ウイルタの手工芸品の数々は
 興味深いものでした。厳しい自然の中で生き抜く智恵や、祈りの断片・・・。現在は言葉を理解するひとも
 少なくなってしまったそうで、言葉の消失=文化の消滅、と思うと切ない気分です。

 


 そのあと、文化服装学院の文化祭へ。ファッションショーは招待席をいただきまして、
 見応えのあるショーを楽しみました。(写真はニットの服。とても素敵でした!) 
 織物やニットの実習室、リソースセンターのマニアックな世界を覗き、そして憧れだった
 図書館にも足を踏み入れました。蔵書の幅広さというのでしょうか、その奥深さに、
 学生さんたちが羨ましかったです。
 9月にお話をきいてくださった流通ビジネス科の皆さんとも再会。展示の説明をしてくださったり、
 ちょっとお話もできて嬉しかったです。
 若い方々の一生懸命な姿、笑顔が印象的でした。さまざまな作品や表現に触れることができて、
 楽しい時間を過ごしました。
 
 



 そして、最近発行になりました素敵な一冊をご紹介。
 「服地の基本がわかる テキスタイル事典」 閏間正雄 監修 ナツメ社 発行

 繊維、染織、織物、ニット、加工、柄について、わかりやすく、かつ詳しく書かれています。
 写真やイラスト、情報など盛り沢山の本ですが、その中に日本の伝統柄、という項目があります。
 当店手ぬぐいの「立涌」と「滝縞」の図案を使ってくださいました。事典に載せていただけて光栄です。
 柄名の由来ほか、歴史、バリエーション、用途なども合わせて載っているので、個人的にも嬉しい本。
 これから、たびたびページを開くことになりそうです。






 2014年10月21日

 素晴らしい秋晴れの中、日曜日のイベントを無事終えることができました。
 ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。
 サイトや フェイスブックページ でイベントを知り、遠方よりお越しくださった方も。
 やはり、”選べるハギレ” に人気が集まっていましたが、皆さまじっくりと選ばれているのが
 印象的でした。

 この日は「鶴瀬よさこい祭り」も開催されていて、街中が賑やかでした。
 交通規制があったり、駐車場が見つからなかったり・・・ご苦労をされてしまった方も
 いらしたのでは、と心配でした。
 写真は、イベント終了後に 3552食堂さんで出店した皆さんと。次回開催は未定だそうですが、
 関係者の皆さん、近隣の皆さま、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。
 (そのほかの当日の写真は、イベントのページに少し載せております。)

 


 
明日からはまた、愛媛県西条市の「ギャラリー茶屋 なーや」さんで
 手作りひなやさんの展示の後半が始まります。
 そして、大阪では来月、「ちいさな秋のてぬぐい展」が枚方市星丘にて。
 出品イベントは まだまだ続きます・・・気は抜けません。



 2014年10月18日

 
明日は鶴瀬の3552食堂さん×ラムズイヤーさんのイベントに出店します。
 お店番をするイベントは、これが今年最後・・・皆さまにお会いできることを楽しみにしています。
 お天気もよさそうですね。鶴瀬は「よさこい祭り」もひらかれるため、お店そばのメインストリートは
 混雑しそうです。少し早めに出発しなくては。

 前回(3月)の時より参加店も増え、二店舗同時開催になるなど、より賑やかなイベントに。
 近隣エリアでは有名な美味しいお店も!ほかではなかなか手に入れることができない
 素敵な雑貨も!お店番しながら、またついつい買い物してしまいそうです。
 当店は手ぬぐい、手ぬぐいのハギレ(1枚からお求めいただけます)、コースターや
 鍋つかみなどを販売します。
 イベントの詳しい情報はこちらをどうぞ。(イベント名は「パンとスープとお花と雑貨」)



 先週は母校の周年記念イベントへ。数年前から何度か出かけてはいたものの、
 友人や先生方と話し込んだり、校舎の懐かしい場所を歩いていると、忘れていた
 約30年前の出来事などが鮮やかに思い出されて不思議な気持ちがしました。
 中学卒業後に一度も会わなかった友人たちとも、すぐに会話が始められるのは
 ここでの時間が濃密だったんだろうなぁ、としみじみ。
 (グラウンドの前に、ハイジ気分が味わえるすごいブランコがありました。)

 



 
朝晩の気温が下がり始めたとたんに、ベランダのヒメリンゴが色づきました。
 梅や椿はつぼみまで準備。植物たちの季節感にハッとします。
 今年の秋は、どこにも行けずに、家の中で仕事をしているうちに過ぎていきそう・・・

 



 
そして、先日の月食。素敵でしたね。
 見上げながら、いろいろなことを考えていました。

 


 
さてさて、明日はイベント!早く寝ないといけません。
 皆さま、鶴瀬でお待ちしております!




 2014年10月7日

 
秋ですが、イベントが始まっていたり、これから始まろうとしています。
 詳しくは、 イベントのページをご覧くださいませ。

 10月19日(日)は、毎年恒例の「くらしのmoto市」が町田でひらかれますが、
 当店は今年の出店をお休み。毎年参加していたイベントに不参加、というのは淋しいものですね。
 つい公式ブログをのぞいてしまいます。今回も素敵なお店が沢山参加されますね。
 出店者同士も繋がれて、わいわい楽しく過ごせるあの一日は、秋のお楽しみでした。
 今年のmoto市のお誘いをいただく少し前に、出店を決めたイベントに、あひろ屋は参加します!
 おなじみ、3552食堂さんで開催です。お好きな手ぬぐいのハギレを一枚からお求めいただける
 「選べるハギレ」も予定しています。お近くの皆さま、ぜひいらしてくださいね。美味しいもの、楽しいものが
 鶴瀬に集結します!今回は3552食堂さんと、ご近所のラムズイヤーさん(お花屋さん)で
 2店舗同時開催です。行ったり来たりして、お楽しみください。


 愛媛の西条では、この秋も『 ギャラリー茶屋 なーや 』さんで、手作りひなやさんの展示会が
 ひらかれています。当店手ぬぐい、布小物(製作は、ひなやさん)を並べていただいております。
 その展示会の会期中、ギャラリーはお休みが入りますが・・・それは西条祭りがあるからです!
 とても華やかなお祭りだそうで、いつか見てみたい、と思っています。


 そして、手ぬぐい「滝縞」に新色が仲間入りしました。
 紫〜薄い灰色〜濃い灰色・・・というグラデーションが美しい、注染ならではの
 ボカシ染めが特徴的な手ぬぐいです。

 


 今回の染め見本(染め屋さんに、雰囲気を伝えるもの) はこちら ↓

 

 上は今までの ”空色ぼかし” の方。下は今回の ”紫色ぼかし”。
 紙に絵の具で・・・それも結構ラフに描きましたが、イメージは伝わったみたいです。
 こんなアナログな方法でも なんとかなるものですが、今後はもう少し考えます・・・。
 (でも、なんとなくカワイイので この見本は捨てられず。)


 長崎のふんどしセレクトショップの「TeRAYA」さんのサイトに、通販ページがあるのですが、
 当店てぬぐいとの ”コラボふんどし” のページも。
 世の中、じわじわとフンドシが広まっているのか、もともと使っていた方が表明しているのか
 わからないのですが、私の周りでも愛用中の方が結構いらっしゃるのです。(とくに女性)
 締めつけ感がなくて、夜やリラックスしたい時などにおすすめとのことです。


 さて、台風が去り晴天の間に仕事や家事をどんどん進めよう・・・
 窓辺ではゴキゲンなインコたちがさえずっています。気持ちのよい秋晴れの朝です。



 2014年9月28日

 
本日も秋晴れ。キンモクセイの香りが漂ってきます。
 春から続いていたイベントの数々が終わり、新作を描いて秋のイベントに向けて準備・・・
 と思っていましたが、日常業務をこなすことでいっぱいいっぱいの9月でした。
 来月はまたイベントが二つございます。(サイトの更新が追いついていませんが、
 イベントのページでお知らせしてまいります。)

 お待たせしていた欠品商品も少しずつ入荷してきております。
 夏は過ぎても、日常的に手ぬぐいをお使いの方が増えてきているような・・・
 お取引先からのご注文状況から、そんなふうにも思いました。嬉しいことです。

 バリ島で染めていただいている「注染 + バリ島の植物染め」手ぬぐいが先日届きました。
 届く、というか・・・友人たちが行きも帰りも手持ちで運んでくれています。
 今回も重いのに、お世話になりました。
 色褪せ防止のために、バティックで二重包み。それを開けると・・・美しい手ぬぐいたちです。
 優しくて、でも深みのある色合い。眺めていると、あの陽射しとスコール、咲き乱れる花、
 果物からの濃厚な香り・・・もう何年も前にバリ島で感じたことが、ふわりと蘇ります。
 そこで暮らす人々が、一枚一枚染めてくださったんだなぁ、と思うだけで うっとりとします。
 数も少ないので、今まではイベントのみでの販売でしたが、ご要望も多いので
 この秋に、ネット販売を予定しております。

 



 先週の金曜日、文化服装学院で、学生さんたちにお話をする機会をいただきました。
 あひろ屋を立ち上げるまでのこと、立ち上げてからのいろいろ、お仕事について、など
 なんと2コマもお時間をいただいてしまったのでした。
 熱心に耳を傾けてくださった若い方々に、感謝しています。
 (お声がけくださった先生、当日もいろいろとフォローしてくださり、ありがとうございました。
 また、資料を快く提供してくださった和雑貨 翠さんにも、お礼申し上げます。)
 
 話すことで、気づいたり、仕事を振り返ることもできるのだと感じました。
 いただいたご感想、ご質問の数々から、私自身が得たり学んだり。
 学生さんたちの、活躍する姿を想像しながら、心の中で ”がんばって!"
 とつぶやいています。

 



 写真は2月に仕込みをした味噌です。美味しくできあがりました。
 まだ2つの甕が未開封で、それはそれで楽しみです。

 



 2014年9月11日

 どうしてこんなに雨が多いのだろう・・・とニュースを見ながら思う朝です。
 我が家のそばにも川が流れていて、今まで大きな災害はなかったというけれど、
 今まで安全だったから、というのはアテにはなりませんよね。気を引き締めています。


 涼しくなってきましたが、手ぬぐい屋としては まだまだ納期に追われる日々です。
 今まで感じなかった症状がでたり、腱鞘炎も年々複雑化(?)してきているので
 サポーターを巻いたり、仕事の仕方を考えたりしています。一人できる範囲で続けよう、なんて
 言っていましたが、こんなふうに、段々と無理ができなくなって、一緒に働いてくれるひとを
 求めるようになるんだろうなぁ、と思ったり。(まぁ、しばらくは工夫しながら乗り越えていきます。)
 サポーターを巻くようになったら、急に症状が良くなりました。もっと早めに使えばよかったです。

 

 私の作業のほとんどは、届いた手ぬぐいを広げて検品して、両端を切り揃えて、
 シワがひどい場合はアイロンをあてて、畳んでシールを貼って発送、というもの。
 (上の写真は、その両端を切り揃えた時にでる切れ端。)
 お天気など光の具合でできる時間も限られているので、これはほぼ毎日やっています。
 一度に沢山はできないので、コツコツやるしかなく・・・
 この同じ作業を13年以上も続けていて、どうして飽きないのか自分でも不思議です。
 それどころか、気分がモヤモヤしている時、辛い時でも、この作業を始めると
 心が平らになるような、落ち着いていくのがわかります。


 フェイスブックでもお知らせいたしましたが、毎年手ぬぐい展をひらいてくださっている
 神楽坂のラ・ロンダジルさんが来月移転されます。
 ラ・ロンダジルさんの新店舗 所在地:新宿区若宮町11 麻耶ビル1階 (電話番号は同じです)
 かわいらしいお庭、畳のあるお部屋、落ち着く二階の空間(急な階段!)など、
 本当に素敵で大好きな場所でした。少し淋しいですが・・・。新しいお店の空間も、面白そうなんです。
 なんと地下室付き!現在のお店から歩いて1分くらいの場所です。
 来年の手ぬぐい展はどんな雰囲気になるのかしら、と楽しみです。
 現在のお店は10月11日まで、新しいお店は10月18日から営業されるそうです。

  

 
左:展示会中の目印暖簾 (2010年) 右:畳のお部屋の窓からお庭を眺める (2013年)


 新しいお取引先情報は、リンクのページでもお知らせしておりますが(最近では、旭川のPABLO STOREさん)、
 近々、愛媛県松山市の「 3ta2(サンタニ) ギャラリー 」さんにも手ぬぐいを並べていただけることになりました。
 今年の夏に、手作りひなやさんとの合同展でお世話になりましたギャラリーさんですが、7年ほど前にも
 一時期お取引きがございまして・・・復活!となりました。ありがたいことです。お近くの皆さま、ぜひ。


 今年は、「大豆から育てる味噌教室」に参加していますが、先週、畑の草むしりに行きました。
 (畑は関野農園さんです)
 3552食堂のスタッフの皆さんのおかげで、草に覆われていない株がほとんどでしたが・・・
 一区画、とんでもないことになってまして、がんばりましたが、全部は無理でした。
 やはり、夏の畑は草との戦い・・・。でも大豆は実っていて、みんなとおしゃべりしながら、
 フカフカの土の上での作業は楽しかったです。いい汗かきました。
 帰り道に、来月のイベント会場でもあるお花屋さん「ラムズイヤー」さんに立ち寄り、その後、
 お疲れさまビールを飲みに3552食堂さんへ。(そのイベントにつきましては、また後日お知らせ致します。)

  

 



 2014年8月31日

 このたびの豪雨、土砂災害で被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。
 ・・・いくつかのお取引先のお店も、浸水や雨漏りなどの被害に遭われてしまったそうです。
 これからの季節が、穏やかでありますように。


 今日で8月も終わり・・・カレンダーを眺めていたら、急にさみしくなりました。
 二ヶ月続いていた大阪のイベント「夏の手ぬぐい旅物語」も本日が楽日です。
 会期中に出かけられるかと思っていたのに、結局行けずじまい。
 お客さまからは、手ぬぐいだらけで楽しかったです!というご報告をいただいております。
 お出かけくださった皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございました。


 最近は、少しずつ欠品していた手ぬぐいが入荷したり、新色を考えたり、お取引先へ出かけたり、
 という日々。先週は、ラ・ロンダジルさんKOKKOMAさんへ出かけました。ロンダさんはちょうど
 ステンドグラスの村瀬さんの展示会中で、幻想的な、落ち着く素敵な空間でした。夕方だったのも
 よかったみたい・・・いつかランプシェードをオーダーしたいです。

 KOKKOMAさんは店頭に手ぬぐいがヒラヒラと揺れていて、なんとも涼しげ。
 以前は器メインのお店でしたが、生活雑貨も充実していて私も少しお買い物しました。
 看板犬のケンイチくんがかわいかったです。(写真はチラリ、とオーナーさんを見上げているところ。)

  


 KOKKOMAさんのご近所のギャラリーで、福岡の宝島染工さんが展示会をひらいていらしたので、
 そちらへも。昨年、望雲さんでの手ぬぐい展の時にお目にかかり、その作品を見てみたいなぁ、と
 ずっと思っていたのです。天然染料で、昔ながらの技法による手染めで、様々なものを
 染めていらっしゃいます。お洋服ほか、ストールや袋、机やカゴまで!染められたお品物が
 所狭しと並んでいました。大籠さんとまたお会いできてよかった・・・染めのこと、お仕事のこと、
 印象的なお言葉をいくつかいただきました。
 (画像は宝島染工さんのFBページからお借りしました。)

 



 そして昨日は、二つの素敵な会にお招きいただき、充実した時間を過ごしました。
 古い友人、そのお友達、モノづくりの方々、お仕事繋がりの皆さん。
 ひとと会うことで、自分の今の状態や様々な関係性が見えたり、励まされたり、
 反省したり。美味しいものを囲んで、笑ったり、うなづいたり。
 たまにはいいですね。でも基本が”引きこもり”なので、今日はシ〜ンと一人で作業を
 続けていました。(昨日、チェコ料理のお店でいただいた美味しいケーキを思い出しながら。)

 




 2014年8月15日

 
残暑お見舞い申し上げます

 こちらのページ、少しご無沙汰してしまいましたが、あひろ屋はお盆休み返上で
 日々発送に励んでおります。
 (Facebookページのおかげで、リアルタイムにお知らせをアップできるようになってから、
 こちらに後日書く意味、というのがよくわからなくなってきてしまい・・・完全移行するべきなのか
 すこし考え中です。)


 先月は、神楽坂のラ・ロンダジルさんの個展を無事ひらくことができ、そして終えることができ、
 お越しくださった皆さま、関係者の皆さまには心から感謝申し上げます。
 今年で9回目でしたが、今回ほど多くの方にお世話になった展示会はなかったかも・・・
 私がパワー不足な分、皆さまのお気遣いやご協力に支えられて、そしてそれらがとても
 身に沁みた展示会でした。来年は記念すべき10回目!(10年連続でロンダさんで
 展示された方は、まだいらっしゃらないそう。一番乗り!)さらに盛り上げていきたいと思います。


 そして、ロンダさんの個展終了後、 「手作りひなや」さんとの合同展へ。
 会場は愛媛県松山市の3ta2ギャラリーさんです。展示の様子は、イベントのページをご覧くださいませ。

  

 初めての愛媛の旅は、見るもの、聞くもの、食べるもの、風景、様々なものが珍しく、
 とても刺激を受けました。

 


 3ta2さんは以前お世話になったことがあり、いつかお目にかかりたいと思っておりました。
 今回の展示は、手作りひなやさんからお声がけいただいたので・・・不思議なご縁に驚いたり、
 感謝したり。ひなやさんはお忙しい中、私に予定を合わせてくださり、一緒にお店番。
 夜は美味しいお店に連れていっていただいたり。本当にお世話になりっぱなし・・・。

  (手ぬぐい生地を使った縫製品コラボなど、ひなやさんには本当にお世話になっております。
 大切なモノづくりのパートナーと会ってじっくりお話するのは大切・・・
 ひなやさんのホームである愛媛でお会いできたことも、よかったです!)

 
 お客さまと、手ぬぐいを眺めながらゆっくりと、お話するひとときも贅沢でした。
 うちの手ぬぐいをご愛用の方は、さりげなく持ってきてくださっていて、その手ぬぐいについて
 お話がひろがってゆくのも楽しく、嬉しかったです。
 短い時間ではありましたが、松山の方々の温かさに触れ、リフレッシュできました。
 温泉もよかったです。皆さま、本当にありがとうございました!
 (お客さまからいただいた、美生柑(みしょうかん)。このほかにも、いろいろと差し入れを
 いただきました。ごちそうさまでした。)


 

 



 そして、2010年発売のあの本が・・・タイトルと表紙が変わり、新版が登場です!
 『かんたん 手ぬぐい こども服』 モリユカ著 アスペクト社
 手ぬぐい1〜2枚で、簡単にこども服が作れます!

  




 2014年7月17日

 
今年も、ラ・ロンダジルさんでの 「 あひろ屋手ぬぐい店 」 が始まりました。
 なんと9回目!皆さま、ありがとうございます。

 

 ロンダさんの個展は、あひろ屋にとっての一年のまとめ、みたいなところがあり、
 この一年の活動を振り返りつつ準備をしていました。お店番の間もしみじみとしております。
 なんだか調子がイマイチなまま夏を迎えてしまい、新作も少なくて申し訳ない気分ですが・・・
 今回は、昨年から少しずつ進めていたバリ島での植物染めや、人気の西川はるえさん
 琉球藍染め、手作りひなやさんのコースター、そして3552食堂さんのスイーツなど、
 大勢の方々に助けられて、賑やかに開催中です。


 そして季節はずれの新作「蕨」も、お店で先行発売中です。
 真夏に蕨か・・・と少し恥ずかしく思いながらお店番していましたが、
 皆さんが手にとってくださるので、嬉しかったです。やはり新作を出すことは大切。
 反省して、来年に備えます。

 


 そして、いつも楽しみなのは、ロンダさんの店内に活けこまれたお花たち。
 小路苑さんのお花が涼やかに、可憐に揺れています。

 



 ・・・現在、あちらこちらのイベントに出品中です。そして、25日からは愛媛県松山市の
 「work art 3ta2 gallery」さんで、手作りひなやさんとの合同展が始まります。
 ロンダさんの個展後、私も松山入り。初めての愛媛なのでとても楽しみです。
 お近くの皆さま、ぜひお立ち寄りくださいませ。


 


 2014年6月29日

 
宮崎県日南市飫肥にある蔵ギャラリー「ル・ソレイユ」さんでの個展。
 無事に終了いたしました。お出かけくださった皆さま、本当にありがとうございました。
 私は初めての宮崎訪問でしたが、見るもの聞くもの、様々なことが刺激的で楽しかったです。
 のんびりとした雰囲気と、暖かい気候で元気いっぱいに育つ植物たち。花の色、海の輝き、
 熱を帯びた風、かわいい方言、甘い味付けの食べ物いろいろ・・・どれもが印象的でした。

 仕事が山積みのところ、出張するのは多方面にご迷惑をおかけするので悩みましたが・・・
 出かけてみてよかったです。発送をお待たせしてしまった皆さまにお詫びいたします。

 会場となったギャラリーは素敵な二段屋根蔵で(九州でも珍しいそう)、飫肥城大手門から
 延びる道に面していて、正面には小村寿太郎さんの生誕の地、の石碑があります。
 飫肥は観光地なので、連日地図を片手に多くの方々が散策されていました。

 私もギャラリーのオーナーさんに、飫肥の素敵な場所へ連れていっていただきました。
 飫肥城、飫肥杉、服部植物研究所、おいしいお店など・・・。また朝早くに、ジャカランダの花を見に
 南郷までドライブ。亜熱帯植物が生き生きと育っていて、本当に驚きました。
 薄紫色の花々の向こうには海が光っていました。そんな南郷も飫肥からはそれほど遠くないのです。

 蔵の中での手ぬぐい展は、とても素敵な雰囲気でした。滞在していた二日間はとてもいい風が吹き、
 心地よい空間で、のんびりとお店番をしておりました。一階はギャラリーですが、蔵の二階は
 アロマサロンで、ここでトリートメントを受けることができたら本当に気持ちよさそうです。

 宮崎三日目は飫肥を離れて青島を歩きました。”鬼の洗濯板”と、亜熱帯植物園へ。
 その日はアクアスロン大会が開かれていて、泳いだり走ったりする方、応援する方々で
 賑わっていました。

   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 ・・・宮崎でのイベントは終わりましたが、これから各地で続々始まります。
 次回はそれらのイベントについてもご紹介いたします。
 詳しくはイベントのページをご覧くださいませ。情報が入るたびに、少しずつ更新しております。




 2014年6月12日
 この季節は時間の流れがはやすぎて、気持ちが追いつきません。
 けれども、日々いろいろなことがありました。
 (リアルタイムなお知らせは、Facebookページをご覧くださいませ。)


  

  

 東急たまプラーザさんのイベントでご一緒させていただいた「ものあい」さん。
 彼らの仕事場へお邪魔しました。
 染めの工程を見ながら、教えていただきつつ私も持参した手ぬぐいを染めてみました。
 藍甕の中に布を浸し、繰るときの静かな心持ち。空気に触れて蒼くなる様子は
 何度見ても楽しいものでした。


 型染めの糊置きも体験させていただき、これまた勉強になりました。
 紅型を習っていた時のことを思い出しつつ、「送り柄」の面白さを考えました。
 (送り柄にすれば、大きい布、長い布、いろいろ展開できそう・・・)
 布の両面からの糊置きは難しく、かなりずれましたが、染め上がった時は感動的でした。

 使い込まれた道具や作業場の美しさ、(水元にはシダが生えていて、カニもやってくるとか)
 染めを日々見つめる方々とのお話は本当に興味深く、すばらしい一日でした。
 ものあいさん(とご家族の皆さま)、お忙しい中ありがとうございました。



 現在、発売中の「オレンジページ 6/17号」では、”手ぬぐい1枚、手縫いで作る!初夏のおでかけ袋”
 という小特集がございまして・・・当店手ぬぐい「波唐草」が素敵に変身しております。
 (デザイン・製作は布小物を作られている 腰膳夕香さんです。)
 手ぬぐいは生地端のミミ部分のおかげで処理も少なく手軽に小物が作れますよね。

 



 イベントは目白押しですが、岐阜のスーベニイルさんの「今様手ぬぐい展」は
 数日前に無事終了いたしました。じつは、会期が延長されていたのですが、
 お知らせするのを忘れておりました・・・すみません。
 いつも楽しみな、スーベニイルさんからのご報告のお手紙を拝読、
 今年も印象的なお客様とのやりとりが目に浮かぶようでした。

 そして、毎年恒例の「くらしのmoto市」ですが、今年の秋はスケジュールがかぶり、
 あひろ屋はお休みです・・・そのかわり、そのかぶっているイベントというのは、
 おなじみ鶴瀬の3552食堂さんのイベントですので、お近くの皆さまはぜひ
 いらしてくださいね。

 そしてそして、明日は宮崎県飫肥の「ル・ソレイユ」さんで個展が始まります!
 私も朝 (というか、今から数時間後・・・)出発し、宮崎へ向かいます。
 初めての宮崎、でもじつは、手ぬぐい展としては4年ぶり2度目です。
 13日、14日はギャラリーにおりますので、お近くの皆さま、ぜひお立ち寄りください。
 (13日は、14時半くらいに飫肥に到着の予定です。)

 イベントと発送と、とにかく怒涛の日々ですが、がんばりたいと思います。
 なにか書き忘れていることもありそうですが・・・本日はこのへんで。




 2014年5月23日

 東急たまプラーザ店さんの催事は、21日に無事終了いたしました。
 おでかけくださいました皆さま、ありがとうございました。
 久しぶりの百貨店催事でしたが、いろいろと刺激を受けました。
 (時々こういう場に身を置かなくては、と、思いました。
 日頃、引きこもっていたり、自由にイベントを楽しんでいた分、
 お客様や催事に対して・・・気がつくことも多かったのです。)

  

 今回、 「ものあい」さんと共同出展できたことは、とても嬉しいことでした。
 お話をいただいた時、藍染めをされている方とご一緒できる!とトキメキました。
 ご自身でデザインされた柄を、型彫り、糊置き、藍染め、布の縫製・・・となんでも
 こなしてしまう若いお二人。染めについてのお話は、勉強になりました。


 さて、一つ終わっても、次々始まるイベントです。
 来月は13日より、宮崎県飫肥の「ル・ソレイユ」さんで 「あひろ屋 手ぬぐい展」が始まります。
 初日と翌14日は、私もお店番の予定です。初めての宮崎・・・楽しみです!
 お近くの皆さま、ぜひいらしてくださいね。イベント情報は、こちらのページで随時更新中です。


 

 今年も昨年と同じ日に咲きました、チリアヤメ。10センチほどの小さなアヤメで
 わずか半日でしぼんでしまいますが、可憐で美しい花です。また来年も咲きますように。




 2014年5月11日

 
本日は東急たまプラーザ店さんでのお店番に行けず、ご迷惑をおかけ致しました。
 次回のお店番は、5月17日(土)の予定ですが、その前に一度(火曜か水曜あたりに)
 短時間のお店番を予定しております。(共同出展の「ものあい」さんが、いろいろお気遣いくださり、
 本当に感謝しております・・・) 調子も戻ってきましたので、明日よりまた仕事に励みます。

 たまプラ店さんの展示風景。左があひろ屋、右が「ものあい」さんです。

 


 岐阜のスーベニイルさんでも、「今様手ぬぐい展」第二弾が始まりました。
 あひろ屋はこの第二弾から参加しております。今年でもう9回目のイベントです。
 会期中は毎日のように、ブログで参加メーカーや柄について、楽しいお話と一緒にご紹介くださり、
 また会期終了後にいただくご報告はお手紙が添えられていて、いつもそれが楽しみで。
 スーベニイルさんの温かいお気持ち、イベントや商品に対する真っ直ぐな思いが伝わってきます。
 来年こそは会期中に伺いたいものです。(・・・しかし、この時期は自分がもう二人ほしいくらい!)


 

 今年はベランダの果樹たちがはりきっていて、葡萄、ヒメリンゴ、そしてこのレモンなど、
 花を沢山つけてくれました。結実するといいなぁ。秋が楽しみになってきました。




 2014年5月1日

 眩しい陽射しと、爽やかな風。5月ですね。

 本日、あひろ屋は13周年を迎えました。
 今があるのは皆さまのおかげです。心から感謝いたします。
 求められるものを、求めていきたいものを、静かにみつめて、手を動かし続けること・・・
 そんなことを思いながら、14年目を歩き始めました。

 多くの方々からお祝いのメッセージをいただきました。
 友人からはお花を、家族からはケーキをもらい、うかれていましたが、
 イベントが次々と目前に迫り、また通常発送も少しお待たせしているので、
 ひたすら仕事をしないと。

  



 先日いただいたお休みの間に、岩手に出かけておりました。
 新幹線で北上していると、桜前線を追い抜いて・・・季節を遡るような体験をしました。
 こちらは日毎、木々の緑が濃くなっていますが、宇都宮ではちょうど満開、那須ではまだ、
 福島もこれから、北上はまだまだ・・・。車窓からその変化を眺めているうちに新花巻に到着。

  

 花巻では湯治部のある温泉に浸かり(混浴露天風呂。すぐ横を川が流れていて気持ちよかったです)、
 初日は遠野の友人宅にお世話になりました。薪ストーブの上でシイタケを焼きつつ、
 ちびりちびりと岩手のお酒をいただき、猫ちゃんを撫ぜながら楽しい時間を過ごしました。

  


 翌日は遠野をあちらこちらと案内していただき、古い神社(卯子酉さま)でお参り、
 曲がり家の見学、直売所で見たことがないものを買ってみたり。(「ほしもち」や、「白小豆」など) 
 ようやく冬を終えて、山々は新芽色、自然のままの川が本当に美しい気持ちのよい場所でした。
 夕方は小岩井農場そばの繋温泉へ。御所湖に山々が映り、幻想的でした。

  

  

  


 翌日は朝から盛岡の気になる場所を歩きました。
 まず、お取引先の「小袖」さんへ。素敵なお着物、和小物がずらりと並んでいました。
 (ようやくご挨拶ができて、ホッといたしました) ご近所の美味しいお蕎麦屋さんを教えていただいたので、
 そちらでお昼ご飯。ご近所の八幡さまにもお参りできました。

  


 岩鋳鉄器館で、南部鉄瓶の製造工程も見学。こうして本場の地で、鉄瓶がうまれるところを
 拝見できて嬉しかったです。勉強になりました。


  

  

  


 盛岡の街の中を流れる川も自然のままの川でした。鮭が遡上したり、白鳥が飛来したりするそうです。
 「ござ九」さんでザル、「釜定」さんで鉄器小物を買い物。光原社さんでは、ちょうど開催されていた
 型染めの展示を拝見。見たい場所はほかにも沢山ありましたが、(盛岡以外にも歩きたい場所は
 ありましたが、岩手はとにかく広いですね) 雨も降り始め、翌日もあるので、と
 のんびり過ごしていました。桜山神社そばの資料館で盛岡の歴史を少し知りました。

 ・・・繋温泉に連泊していましたが、夜、ドキリとする連絡が入りました。預けていたインコが
 エサを食べずにぐったりしているとのこと。(淋しさでご飯が喉を通らないらしい・・・)
 旅をきりあげ、翌朝早くに岩手を離れました。新幹線に乗ると、あっという間に大宮。

 インコたちは帰宅すると、ガツガツとご飯を食べていました!今はすっかり元気です。

  


 ・・・旅を終えてからは、ひたすら仕事仕事。
 来週からは、二つのイベントが始まります。久しぶりのお店番もあるので、
 とにかく準備と、体調管理に気をつけて挑みます。お近くの皆さま、ぜひお立ち寄りください。
 これから秋まではイベントが続きます。発送までに少しお時間をいただいてしまう場合も
 ございますのが、できる限りがんばります!



 2014年4月18日(金)

 トップページでもお知らせのとおり、明日より22日まで臨時休業いたします。
 手ぬぐいシーズンに突入しているというのに、恐れ入ります。
 しかし、そのあとは秋まで走り続けることになりそう・・・イベントも続きます。

 そのうちのひとつは、昨年、高円寺書林さんで大好評だったイベントが今年は大阪でひらかれます。
 手ぬぐいクリエーターと、手ぬぐいファンと、手ぬぐいメーカーが集うお祭りのようなイベント。
 企画のすみまきさんが、”手ぬぐい好きにとっての桃源郷みたいな会場にしたい”とおっしゃっていて
 今年も楽しみです。時々、関西のお客様から、『こちらでもイベントを!』 とご要望をいただくので、
 ようやく叶い嬉しいです。私も会期中に遊びに行きたいと思っております。
 イベントの情報は、こちらのページにて随時ご紹介してまいります。


 現在、スウェーデン大使館で開催中の北欧のデザイナー23名による手ぬぐい展
 (場所も素敵でしたが)反物が天井から吊るされていたり、スウェーデンの紹介がされていたり、
 もちろん手ぬぐいも注染で様々な表現がされていて、勉強になりました。23日まで開催です。

 


 その日はイメージフォーラムで映画も見ました。ジャック・タチ映画祭が開催中なのです!
 10代の頃、六本木のシネヴィヴァンに通って観たタチの映画ですが、今回は日本未公開作品もあり、
 また以前よりも美しく蘇った映像を楽しむことができます。4週間限定上映ですので、ぜひ。
 はやめに到着したにもかかわらず、ギリギリ補助席での鑑賞でした。
 半世紀も前の映画なのに、こんなにも人気があって、劇場内はたびたび笑いがおこって、
 タチ・ファンとしてはとても嬉しいひとときでした。

 



 昨年から少し調子を悪くさせてしまった雲龍椿。でも、きれいな花を咲かせてくれました。
 枝ぶりも年ごとに面白くなってきていて、大切な一鉢です。

 


 ・・・今年に入ってから気力が停滞していましたが、なんとなく復活の兆し。
 季節はずれになってしまった柄も(版下は出来上がっているので)染めたいと思っています。
 一年経てば、季節先取りになるしね!と言い訳・・・。その時々の状態や流れ、
 ご縁を大切に、小さな一歩を前に前に、続けていくしかないようです。



 2014年4月4日(金)

 今年もまた、桜が咲いて、散る季節・・・。
 増税前の駆け込みオーダーなどの対応もあり、あまり外へは出られない日々でした。
 ちゃんとお花見できなかったけれど、今年も眺めることができてよかった・・・と思える花のひとつ。



 
 今朝、近所のテニスコートにて。


 
 これは桜の咲き始めの頃に出合った近所のコブシ。


 駆け込み分の発送をようやく終えたところです。お待たせしてすみませんでした。
 (この時期に腱鞘炎がでるなんて、初めてだったかも・・・) 染め屋さんも大忙しだったようで、
 納期のことではお世話になりました。そしてまた来年も増税?ホント、たまりません。


 染め屋さんといえば、破れてしまった「鉄瓶」の型紙を最近持ち帰りました。
 新しい型を彫れば捨てられてしまうものですが、それがなんとも忍びなくて。
 写真を撮っていると、髪の毛くらいの細い糸で繕った跡をあちらこちらに見つけました。
 こうして、大切に使い続けてもらい、何百何千という手ぬぐいの糊置きを支えた型紙。
 ボロボロのヨレヨレでも愛おしいです。染めや色の指示、発注年月日が書かれた裏側の部分も
 型紙が過ごした時間の証。おつかれさまー、と声をかけたくなります。

 

 

 写真の型紙は、和紙に柿渋を塗ったもの(渋紙)に紗を張ったものですが、
 ビニールっぽい素材の型紙も最近は増えてきているようです。耐久性もありますし。
 でも渋紙の型紙は、やはり美しいな、と思います。



 ・・・10日ほど前の話ですが、家族で蓼科に出かけました。温泉に入りたがっていた親との
 一泊旅行でしたが、長い入院生活、一時は寝たきりだったことを思うと、こういう時間を
 持てたことが夢のようでした。体調のこと、気候のこと、交通手段や諸々あり、
 リハビリの先生や家族、友人に協力してもらい実現した旅でした。私一人では、
 なかなか叶えてあげられないなぁ、と思っていたので応援してくれた皆さんに感謝しています。
 (二日間臨時休業してしまったので、あひろ屋のお客様にも感謝しています。
 どうもありがとうございました!)

  

 

 

 

 

 今月もまた19日より少しお休みをいただきますが、その後は怒涛の日々、
 イベントが続きます!次回はそのイベントについて、詳しくお伝えできるかも。
 今年もあちらこちらに、あひろ屋の手ぬぐいたちはでかけてゆきますので
 どうぞよろしくお願いいたします。



 2014年3月22日(土)

 4月1日より消費税率が8%に変更になるため、サイトと、ショッピングカートの
 システムメンテナンスを行ないます。3月31日、4月1日はショッピングカートを停止いたします。
 この期間のご注文は、メール、またはFAXにてお願い致します。

 4月1日より、商品は 「本体価格 + 8%分の消費税」を頂戴いたします。
 送料、手数料は下記のとおり変更となります。

 宅配便送料(全国一律) 610円
 メール便送料(全国一律) 164円
 代引手数料         260円

 どうぞよろしくお願い致します。




 ・・・このページも前回から日が経ってしまいましたが、その間にもいろいろとありました。
 
 3月9日の「3552食堂」さんでのイベントは、おかげさまで大盛況でした。
 (入場制限となってしまい、一時期ご迷惑をおかけ致しました。)
 熱烈なハギレ・ファンの方、いつもネットでお買い物くださっている方、友人、家族、
 出店されている方々と、おしゃべりしたり、美味しいものを食べたり飲んだり、
 楽しい時間が流れました。
 ネットショップであり、転々としてきたこともあり、地元開催のイベントに参加するのは
 初めてでしたが、素敵なお店やお客様がご近所にいらっしゃる、ということを改めて感じ
 嬉しくなりました。いいものですね。お声がけくださった3552食堂さん、ありがとうございました。

 
 
写真提供:3552食堂さん


 1月からひらかれている汐留ミュージアムさんの 『メイド・イン・ジャパン 南部鉄器』展も
 いよいよ明日最終日です。巡回展はない様子・・・この機会にぜひ!(ミュージアムショップでは
 「鉄瓶」手ぬぐいが人気で・・・どうも ありがとうございました。)


 そして、今年のイベントも7月まで決まりました。毎月、いろいろな場所で、
 皆さまにご覧いただけることを楽しみに、頑張りたいと思います。
 詳細が決まり次第、イベントのページにてお知らせいたします。


 昨日、友人に誘われてでかけた「Real Bespoke」展。お洋服の「羊屋」さん、鞄の[Fugee」さん、
 靴の「HIRO YANAGIMACHI」さんの合同展示会です。うっとりするような美しい作品の数々ですが、
 道具や型紙、作業工程を説明する展示、愛用中のお客様からお借りした一品などなど、
 眺めているだけなのに、ついひき込まれてしまうのでした。作り手の方のお話、その情熱にふれ、
 お客様に喜んでいただくために、自分の技術や思いを注ぐ・・・という姿勢にハッ!としました。
 仕事って、そういうもの。選んだ大好きな仕事を、これからもトコトンやっていこう!と思いました。
 こちらの展示も、明日23日までです。表参道駅 A3出口から徒歩0分です!



 

 ・・・「蕗の薹味噌」を作りました。しみじみとした春の味。




 2014年3月2日(日)

 


 
我が家の盆栽梅もそろそろ終わり・・・気がつけばもう3月です。

 いろいろなタイプの風邪をひき続けてきましたが、これは相当弱っていたのか、
 かなり狂っていたバランスを体が整えようとしているのか、興味深いところです。
 少し遅れがでてしまった仕事や、この週末のイベント準備など、巻き返していかないと。

 週末のイベントといえば、「選べるハギレ」にお問い合わせをいただいております。
 1枚から、お好きな柄をお選びいただけますので、3月9日は「3552食堂」さんへ!
 詳しくはイベントのページをご覧くださいませ。当日は美味しいもの、楽しいモノ、
 美しいものが いろいろ集まります。


 Facebookページに写真を掲載後、ジワジワと反響があった、ヒモの結び方。
 染め屋さんによって、納品時の形態は様々なのですが、この紙紐で結ばれたものが
 私はいつも気になっていて、丁寧にほどきつつ、結び方を覚えようとしていました。
 が、よくわからず。ねじったり、くぐらせているだけのようで、しっかりと結ばれているところが
 なんとも素敵です。

 

 お寄せいただいた数々のメッセージなどから、この結び方(かます結び、と呼ぶそう)は
 様々な業態の仕事現場で使われていることがわかりました。どの方も、この結びを覚えた時のこと、
 仕事上の思い出をお持ちで、それらを聞かせてくださり嬉しかったです。
 結び方を説明しているサイトも教えていただき、私はその日からいろいろなものを
 かます結びして忘れないように努めています!たしかに便利な結び方です。



 2014年2月19日(水)

 
ヤマト運輸さんから 『集荷できません』 と言われてしまい、都内は手持ち納品に出かけたり、
 スーパーから生鮮食品が消えてしまったり・・・大雪の影響がこの地域でもありました。
 各地の状況がきこえてくるたびに、心配になります。そして、大雪の被害に遭われてしまった皆様に
 心よりお見舞い申し上げます。


 いろいろに気をとられて停滞していた作業を少しずつ再開・・・。
 今年のイベントも少しずつ固まり、動き出してきました。詳細が決まっているものは
 随時イベントのページにてご紹介しております。


 ・・・先日、「 Throwing a Spoon 」(徳澤青弦さんのチェロと、トウヤマタケオさんのピアノ)の
 ライブがあり求道会館へでかけました。本当に素敵なひとときでした。沁みる音楽。
 季節に遅ればせつつ版下を準備していますが、彼らのアルバムがお供です。
 柄により、テーマ曲のようにそればかりを聴いてしまうのですが、今回はこれなのです。

 




 2014年2月14日(金)

 先週の大雪が溶けきらないうちに、また今朝から雪・・・
 今年は雪が多く、寒いですね。(写真は窓から。)

 


 先日、パナソニック汐留ミュージアムさんで開催中の「南部鉄器」展へでかけました。
 古い鉄瓶が放つ凄味、職人さんの魂がこもる手仕事の数々に圧倒されました。
 鉄器の世界の奥深さに触れたあと、今展の記念講演会へ。インテリアデザイナーの
 内田繁さんと、釜定工房三代目 宮伸穂さんのお話でした。宮さんの和銑(わずく)についての
 説明がとても面白く、興味を持ちました。

 ミュージアムショップでは、当店手ぬぐいを展示販売してくださっていて、
 やはり「鉄瓶」手ぬぐいが人気だそうです。
 「メイド・イン・ジャパン 南部鉄器」展は3月23日までひらかれています。

 



 フェイスブック・ページにも載せた記事ですが・・・
 注染手ぬぐいの色褪せは、避けられない運命みたいなもので。
 (最近は、色落ちの少ないスレン染料のみで染められた手ぬぐいも
 みかけるようになりましたが。) 染料にもよるのですが、薄い色の柄が
 使い込むうちに淡く、薄らいでいく眺めは、悪くはないな、と思っております。
 そんなふうに、消えてゆく存在の柄ですが・・・
 それでも私は、いろいろな意味や気持ちをのせて、柄を描いていきたいです。
 儚さや、移ろいゆくものに、愛着といいますか、美しさを感じられるのは
 日本人のよいところかも。

 写真の手ぬぐいは、「折紙(灰色)」を数年使ったもの。
 うっすらと柄が見えますが、もうほとんど無地。
 しかし、生地はやわらかく、色落ちの心配もないので浴用として使っています。
 木綿の肌触りはいいものですね。特岡生地の滑らかさも、こういう時に実感します。

 



 最近、仕事でもプライベートでもなにかと通っている「3552食堂」さん
 (手ぬぐいをお店に並べていただいております。現在は春らしい柄が揃っています!)
 キムチに続き、先日はお味噌教室に参加しました!毎年お味噌を仕込んでいますが、
 今年はまだだったので、できればいい素材で、みんなと・・・という願いを込めて、成田シェフに
 お願いしていたのですが、ついに実現!参加できて嬉しかったです。
 自然栽培の大豆(明石農園)、輪島の海塩(美味と健康)、石黒種麹店の米麹を使いました。
 麹もホカホカの大豆も、本当にいい香りがして、これは美味しいお味噌ができあがること間違いなし!
 一緒に作ったり楽しんだりしたこと、時間が美味しくしてくれるもの、それを待つ日々・・・
 こういうことを大切にしたいです。







 ・・・さて、「3552食堂」さんとのコラボイベントが来月9日にひらかれます。
 当店も参加予定です。いろいろなお店が出店しますので、どうぞお楽しみに!
 あひろ屋としては、ひなやさんとの手ぬぐい小物を中心に、久しぶりに 「選べるハギレ」 を
 考えております。詳しくは、また後日!




 2014年2月7日(金)

 


 
雪が舞ったり、寒さが厳しい今週、盆栽の白梅が咲き出しました。
 立春をすぎたとはいえ、まだまだ冷え込む日々・・・

 
 いくつかのイベントの打ち合わせ&準備が、少しずつ進んでおります。
 今年は関東でのイベントが多めです。楽しいことがいろいろできたらいいな、と
 思っております。(出張にかこつけて遠方へ旅ができないのが淋しいけれど。)


 1. 当店手ぬぐいを使ったフンドシ発売!
   フンドシのセレクトショップ「TeRAYA」さんとのコラボ商品が発売になりました。
   柄は、「赤い糸」と「縞市松(らくだ色)」です。こちらのページでご覧いただけます。
   「赤い糸」フンドシのページ  「縞市松」フンドシのページ

   現在、新宿小田急百貨店では、”ふんどしの日フェア”がひらかれていて、
   TeRAYAさんも参加されています。(2/18まで)私も来週ご挨拶にうかがいます!


 2. 新しい取引先さまのご紹介

   ・tanewomakuさん(岐阜県 3/13開店)
   ・棚元さん(大分県大分市)
   ・MoMo Japanese Craftさん
   *そして・・・niguramu さんは、もうすぐ金沢に2号店が!


 家の中で、一人で、考えたり仕事をしていることがほとんどなので、
 意識的に体を動かしたり、外に出かけてなにかと ”であう” ことを心掛けています。
 昨年後半からスロージョギングを始めたのもよかったみたいで、肩こり、腰痛がなくなり、
 気持ちもスッキリとしてきました。(悩ましいときは、とにかく走って帰宅したらお湯につかる)

 何かや誰かにあうことで、交感して、変わったり生まれたりすることは
 やはり大切かも、と思いました・・・でも基本的に「引きこもり」なので、元気のある時に。

 
 品川恭子さんの友禅の作品を拝見しました。(シルクラブさんにて)


 

 
 3552食堂さんのキムチ教室に参加。



 2014年1月23日(木)

 
半月ぶりの更新になってしまったこのページ。ご無沙汰してすみません。
 この間にも、お知らせしたいことはいろいろとありました。

 和雑貨 翠さんの記念展示会は、大盛況のうちに幕。お越しくださった皆さま、
 本当にありがとうございました。嬉しいことに、次回の展示会も決まりまして
 来年の秋に、同じ「楽風」さんで開催予定です。少し先のこととはいえ、
 今からとても楽しみです。今回、グループ展のメンバーの皆さまと、ワイワイと
 イベントを作り上げることができ、とても楽しく、いい刺激をいただきました。
 学園祭準備をしている時のような一体感といいますか、準備も片付けも楽しいかんじ・・・
 本当に久しぶりの感覚でした。会場である楽風さんにも、このたびも大変お世話になりました。
 

 そして、パナソニック汐留ミュージアムさんでは、「南部鉄器」展がスタート。
 ミュージアムショップに手ぬぐいを並べていただいております。
 展示も好評なようですね。お客さまをはじめ、あちらこちらから、その評判がきこえてきます。
 私は来月の講演会(デザイナーの内田繁さん×釜定工房の宮伸穂さん)を拝聴する予定で、
 その時に展示を、と思っております。図録も素敵だとか・・・気になりますね。


 
そして、あひろ屋にとっては 42柄目となる手ぬぐい、「笠松」を発売いたしました。
 本来は、翠さんのイベントでお披露目予定でしたが、今頃に・・・
 お待ちくださっていた方々には申し訳なく思っております。私の準備が遅かったのです。

 しかし、染め上がりは美しく、一つ一つの松はボカシ染めになっていて驚きました。
 ・・・というのも、実は私が意図していたボカシ染めとはちょっと違っていたのですが、
 まさか、これほどお手間をかけてくださるとは!職人さんに感謝です。
 私の思い描いたものより、こちらの方がずっと素敵だと思いました。

 昨年秋に、伯母と家紋について話をしていた時に「荒枝付き三階松」が紋であると知りました。
 (旧姓の時の家紋ではありますが。)三階松なのは知っていたのですが、枝付きだったとは。
 それからは、”枝付きの松” がなんとなく気になり、お正月柄を描くタイミングだったので、
 それならば、その家紋を少し崩したものを描いてみよう、と思ったのが「笠松」のはじまりです。

 様々なカタチの枝、繋がりあう松たち、大きさも様々な松葉・・・
 版下を描くのに少し時間がかかりましたが、清々しい柄になったと思っています。
 文様として あまりに有名な松。吉祥樹であることはおなじみですが、
 松には”待つ”の意味もあるようです。文様にはいろいろな思いや願いが込められていますね。


 


 最近は、発売前にFacebookページで先行情報を載せておりますが・・・
 それをご覧くださった方々よりお問い合わせ、お店の皆さまからはご注文を多くいただきました。
 いつもありがとうございます。励みにいたします。




 2014年1月9日(木)

 
遅くなりましたが・・・
 新年あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 ネットショップを長々と休業してしまい、ご迷惑をおかけいたしました。
 イベントの準備でバタバタしているうちに年が明けてしまいましたが、
 いただいたお年賀状のお返事は、これからじっくりと。

 さて、「和雑貨 翠」さんの記念展示会も、いよいよ明日が最終日。
 写真も沢山撮ってあるのですが、イベントのページにアップできていなくて
 ごめんなさい。会場の様子、出品作品など、こちらでご覧いただけます。
 
 最終日は17時までとなります。私も会場でお待ちしております!

 

 
古い土壁がいい雰囲気です。こちらの納屋は明治24年築だそうです。



 2013年12月29日(日)

 
ひたすら手ぬぐいを検品して、切って、畳んで、シールを貼って・・・朝から夜まで、
 いや夜中まで、という日々。夏はこういう日が多くありますが、真冬には珍しいので、
 今が年の瀬であることを忘れそうです。(でも、少しずつおせち料理も作っています・・・
 今年は品数多くは作れませんが、やはりこれ抜きに年は越せません。)

 作業をしていると、今年のことを様々思い出します。
 この年末に、発送で大きなミスをしてしまい、いたたまれない気持ちもあり、
 あぁすればよかった、こうしておけば、という反省ばかり。周りの方々に助けられたり、
 励まされたりすることも多く、相変わらず支えられての今なのですね。
 関わってくださった方々に、この社会に・・・自分も支える側にもなれるように、
 考えるよりも、動いていければ。

 来年は、「さらに頑張ります!」という気合ではなくて、余白、隙間といいますか、
 連結部分の遊びのようなものが、もう少し持てればいいな、と思いました。
 そのために必要なことは、なんだろう・・・?知らずに執着していることを、
 ひとつずつ手離すことかな、と考えてみたり。自分をひろげていけるような努力を、
 さらに、続けることが必要なのかも。

 モノを作る仕事をしながら相反するようですが、そんなに多くのモノはいらなくて。
 心から好きなもの、好きなひとが作っているもの、心がこもっているもの、
 それがあれば嬉しくなるような、なんとなく温かい気持ちになれるようなもの、
 そういうものを大切に使ったり、楽しんだりしたい、と。あひろ屋の手ぬぐいもまた、
 そういうものであるのだろうか、そうであってほしいけれども、と思っています。


 今年も、あと僅かとなりました。
 お世話になっている方々や、このページをご覧くださっている皆さまに、
 心より感謝申し上げます。
 どうぞ、よいお年をお迎えください。



 2013年12月24日(火)

 
ネットショップは一時休業中。とはいえ、年末はご指定日もの、お店からのご注文が多く、
 発送作業が続いております。二つのイベント準備はまだこれから。(段々と焦り始めています・・・)

 さきほど、イベントのページを更新いたしました。
 先日よりお知らせしております、和雑貨 翠さんの15周年記念展示会。そして、
 汐留ミュージアムさんでひらかれる 「メイド・イン・ジャパン 南部鉄器」展。
 (会期中のミュージアムショップに、手ぬぐいを並べていただけることになりました。)
 寒い季節ではありますが、皆さまのご来場をお待ちしております!


 販売休止中の柄に、たびたびご質問をいただきます。なかなか再販できなくて
 すみません。やる気の問題、という気もしますが、休止に至った課題を乗り越え、
 来年は「簾」や「麻の葉」を復活させたいと思っております。
 
 あと、このサイトももう少しスッキリさせたいな、と考えております。開店以来(もう13年目・・・)
 同じつくりにページを付け足しつつ更新してきましたが、さすがに情報が古いページもあり、
 リンク切れも確認しないと。

 そんなことを考えておりますが、とにかく今日はクリスマスイヴ。
 皆さま、素敵なクリスマスをお過ごしください!



 友人からすすめられて、先日観にいきました。「キューティー&ボクサー」。
 篠原有司男さんと、乃り子さんのドキュメンタリー映画です。
 ふとした時に、映画のシーンや つぶやかれた言葉が蘇ります。

 



 2013年12月13日(金)

 
一週間が飛ぶように過ぎていく師走・・・。
 そして、一時休業まで、あと一週間となりました。イベントのためとはいえ、
 ご迷惑をおかけいたします。 (1月13日より営業を再開予定です)

 今年を振り返りつつ、来年を思う日々です。
 版下を描いていると、次に描きたい柄が浮かぶように、
 年の瀬を前に、挑みたいことや、かなえたいことが見えてきます。
 漠然と夢見ているというより、ようやく、それができそうなところまで
 辿りつけたからなのか。やはり夢を見ているだけなのか・・・。
 来年は、どこまで歩いていけるのかな。そういうふうに楽しみに思えるのは
 支えてくださっている皆様のおかげです。


 イベントですが、1月は二ヶ所で出品があり、その後は春から秋まで各地で続きます。
 また皆さまにお目にかかれる日を楽しみにしております!
 今年もあちらこちらで、お世話になりました。お誘いくださったギャラリーや、お店の皆さま、
 そして駆けつけてくださった皆さま、本当にありがとうございました。



 

 
版下を描くときにお世話になる黒ペンたち。今年も一年ありがとう!



 2013年12月6日(金)

 
新作の「綾杉」手ぬぐいへの、沢山のメッセージやご注文をありがとうございます。

 綾杉・・・日本でも古くからある文様。
 ずっと気になっていたモチーフで、描いていると色が浮かび、染めのことを考え・・・
 8年ぶりの抜染に挑戦したいな、と思い始めてからは幅や線の太さを調整して描きました。
 版下を受け取った染め屋さんから 『これは賭けですね』 と言われ、染め上がりを見るまでは
 とても不安でした。しかし、
 染め上がった手ぬぐいは、(抜染なので色が入りづらい部分もありますが) 想像どおりの
 素敵な手ぬぐいでした。私にとっても挑戦でしたが、挑んでくださった染めに関わる皆様に
 感謝しております。

 



 
今週はその発送に追われつつも、打ち合わせやご挨拶などであちらこちらに出かけました。
 川越では友人と染めの打ち合わせのあと (これも楽しみな話なのですが、またいつか
 ご報告できれば。) 「ギャラリー うつわノート」さんへ。小嶋亜創さんの器展がひらかれていました。

 


 
そして、新しいお取引先の「3552食堂」さん。埼玉県富士見市、東上線鶴瀬駅が最寄です。
 いよいよ来週グランドオープン。みずみずしいお野菜と、玄米を使ったフレンチのお店です。
 この日は不思議な出逢いもあって、興味深いお話をうかがうことができたり、刺激的な一日でした。

 


 
12月に入ったとたん、いろいろなことが速度を上げて進んでいるようで、
 あせる気持ちもありますが、ここはじっくりといかないと・・・。
 トップページでもお知らせしておりますが、イベント準備や出店がありまして、
 年末年始はネットショップを休業いたします。3週間以上もお休みするのは、
 もしかして初めて?かもしれません。ご迷惑をおかけいたします。
 イベントのページの更新を怠っていましたが、近々詳細を載せたいと思います。



 2013年12月1日(日)

 
ご近所の街路樹モミジが美しかったのは先週のこと。
 燃えるような色に、道行く人は皆見上げていました。
 わずか一週間で、だいぶ葉も散ってしまい・・・もう12月なのですね。

 


 
あひろ屋フェイスブックページでも画像付きでお知らせしておりますが、
 まもなく新作の手ぬぐい 『 綾杉 』 を発売いたします。
 本当は今日あたりに、と思っていたのですが、もしかすると今夜〜明日あたりに
 なってしまうかもしれません。何かと慌しい月末月初。そして、
 来月に向けての新作版下も描いておりまして、昼も夜もないかんじです・・・。
 お待たせ中の皆さま、もう少々お時間をください。

 41柄目となる 『 綾杉 』 のこと、いろいろ思い入れもあって、それは少しずつ
 書いていきたいと思います。
 新しい手ぬぐいが目の前にあるというのに、次の柄のことで今はいっぱいいっぱい、
 という・・・複雑な気分。

 版下に向きあっている時は、仕上がりや時間的な不安などが沢山あるはずなのに、
 なんとなく幸せで、食欲も落ちているのに気持ちが高揚しています。
 苦しくなったり、楽しくなったりしながら、新しい柄を迎えにいくような、そんな日々です。



 2013年11月23日(土)

 
一昨年より、写真で参加中の 「復興への種まきプロジェクト」。サイトのトップページに
 バナーを貼っていることもあり、ご存知の方もいらっしゃると思います。時々お客様より
 『壁紙、買いましたよ!』 とご連絡をいただくこともあって、ご協力に感謝しております。
 そのプロジェクトが、昨日の読売新聞の朝刊に掲載されました。
 小さな活動かもしれませんが、あの日のことを忘れずに、これからも細々と(!)
 参加していきたいと思います。


 例年では、この時期はわりと暢気に過ごしているですが、ありがたいことに
 新規のお取引先様のご相談やご注文が相次ぎ、この週末もずっと手ぬぐいを畳んでおります。
 楽しそうなお店、素敵な雰囲気のお店・・・いつか伺えたら、と思うのですが。
 全国のあちらこちらにてぬぐいを発送しながら、行ってみたいなぁ、とうらやましくなっています。
 新規のお取引先様のご紹介は、開店のときにFacebookページにて、また、このサイトの
 リンク集でご覧いただけます。お近くの皆さま、ぜひお出掛けください。


 そして、来年のイベントは、すでに動き出しています。1月は二つのイベントが控えていることもあり、
 12月は、少しはやめにネットショップの方は仕事納め、となる予定です。ご迷惑をおかけします。
 イベントの詳細は、また後日。
 それにしても、一年が過ぎてゆくのがはやいです。つい最近、今年のイベントは全て終了、
 って書きましたものね・・・。そしてもう来年のイベントがすぐそこに。(新作は間に合うのか・・・。)



 今週月曜日、(手ぬぐい屋は休んで)国立能楽堂でお手伝いをしていました。
 浅見真州さんの能楽舞台の日で、早々にチケットも購入、とても楽しみにしていたところ・・・
 お手伝いの依頼をいただき、興味シンシンで出かけました。能楽堂へ通い始めて20年、
 こういう日がくるなんて!と光栄に思いました。当日は様々な雑用係でしたが、舞台を支える
 大勢の方たちに混じり、お手伝いができたことは貴重な体験でした。開演後は鑑賞を許され、
 最後までじっくり楽しみました。今回は浅見さんの日本芸術院賞受賞記念公演ということもあり、
 舞われる方々も、内容も豪華でした。美しく妖しい舞台の余韻が、今ものこっています。

 【番組】 西行桜(舞囃子)、勧進帳(一調)、百萬(仕舞)、邯鄲(仕舞)、文蔵(狂言)、井筒(能)、
       船弁慶(仕舞)、岩船(能)

 はじめに、馬場あき子さんのお話がありましたが、とても面白く、いつも惹きこまれてしまいます。
 (もっと勉強しなくては、と思うことばかり。)
 写真は休憩時間中ならOKとのことでした。記念にSB席より、パチリ。

 



 2013年11月4日(月)

 
ひなやさんのイベント終了後、繁忙期はなかなかでかけられなかったところへ
 次々と出かけていた一週間でした。ライブ、試合、展示会などなど、あちらこちらで
 素敵な時間を過ごすことができました。オフシーズン突入、インプット期間ということで、
 気持ちが開いていたのですが、ふと冷静になってみると11月!次回イベント分と年内最終柄、
 染めが間に合うのでしょうか・・・。描きたい柄は浮かんでいるのですが。


 新しい「蓮花果托」や、限定色の「縞市松(らくだ色)」へのご注文をありがとうございます。
 思わぬことから色変更になってしまったりもしますが(うちが小さい手ぬぐい屋だからですが)、
 その都度、じっくりと向き合っていこうと思っています。今回の手ぬぐいたちも、
 落ち着いた いい色合いです。


 


 
横浜、臨港パークにて。海を目の前で見たのは、本当に久しぶりのことでした。
 穏やかな海の眺め、潮風はいいものでした。




 2013年10月26日(土)

 
台風が去るたびに、ぐっと気温が下がります。もう11月が目前。
 (災害が多い昨今・・・気持ちを引き締めていこうと思います。)

 先日、友人の加藤文子さん(盆栽)、小沼寛さん(陶)の二人展にでかけました。
 日常のいろいろで疲れていた時期でしたが、彼らの作品と向き合うことで
 心が落ち着くのを感じました。作品はまさに彼らなのだなぁ、と思うと
 お二人にお会いできなくても、おしゃべりしているような、近況をうかがっているような
 そんな気分になります。

 


 今年は1月からイベント参加が続いておりましたが、「手づくりひなや」さんのイベントも
 本日が最終日。今年も各地で皆様にお目にかかれましたこと、本当に嬉しく、ありがたく、
 楽しかったです。また来年も、どこかでお会いできますように!そして、それまでに
 新しい柄などを増やしておかなくては。


 その、ひなやさんのイベントで先行発売中の「蓮花果托」、「縞市松」の新色は、
 近々ネットでも販売をいたします。もう少々お待ちくださいませ。
 (下の写真は、限定色の 「縞市松(らくだ色)」 です。)

 



 
昨夜は中学時代のクラスメート三人(小竹満里さん荒井伝太くん金澤博くん)の
 ライブでした。それぞれ違うジャンルで活躍する三人が、同じステージで素晴らしい音楽を
 聴かせてくれて・・・感動的でした。同じ学校のみんなも集まり、台風が気になりつつも楽しい夜。
 私もいろいろな意味で、もっと頑張らないと!と刺激をもらいました。

 



 2013年10月12日(土)

 
10月でも30度をこえた昨日と今日・・・季節がよくわからなくなってきました。
 でもやはり、空を見ていると秋なんだなぁ、と感じます。
 (どちらも携帯電話のカメラから撮影。買い物へ行く途中・・・ご近所です。)

 
 2013.10.8 


 
 
2013.10.12


 10月2日から始まりました「手作り ひなや」さんの展示会、本日で前半が終了いたしました。
 連日、多くの方にご来場いただいていたそうで、ありがとうございます。
 追加納品のご依頼をいただき、その盛況ぶりが伝わってきました。あひろ屋としては、愛媛県では
 初めてのイベントということもあり、現地に行けなかったことが心残りで、仕事をしながら
 ソワソワとした気持ちでおりました。

 会期中に、10日ほどお休みが入るととうかがった時は、「変わっているなぁ」と思いましたが、
 この時期の愛媛県西条市は、秋祭りがあるのです!とても大きなお祭りなのだそう。
 そのお祭りが終わった後、23日より展示会の後半が始まります。
 当店からは、手ぬぐい、手ぬぐい扇子、ひなやさんとのコラボ商品(コースター、鍋つかみ)を
 出品しております。お近くの皆さま、ぜひお出掛けくださいね。
 展示の様子などは、ひなやさんのFacebookページでご覧いただけます。



 2013年10月5日(土)

 
「くらしのmoto市」を終えてから、もう一週間が経つのですね。
 今更ですが、イベントのページに写真をアップいたしました。
 (私はお店番でなかなか動けず、家族にほとんど撮ってもらいました。
 えー!こんな素敵なお店がでていたのかー、と写真を見てビックリ。)
 
 愛媛でのイベントが始まり、お店からのご注文も多いこの時期・・・
 ありがたくも気の遠くなるような、慌しい日々を送っております。
 天気がずっと悪く、光が弱いので(電灯では見落としてしまうので・・・)
 検品、畳み作業が進みません。来週は晴れてくれるといいのですが。


 毎年、台風接近に怯えていた 「くらしのmoto市」 ですが、今年は素晴らしい晴天に恵まれ、
 無事に終えることができました。ご来場くださいました皆さま、ありがとうございました!
 私達は室内での出店でした。ヤンマ産業さん(+スモールデザインさん)、手式さん、
 Andaduraさん、ハルカゼ舎さんも同じお部屋でした。お店番の合間に、いろいろと
 お話できて楽しかったです。そして、この場所はお堂のすぐ横なので、ライブを目の前で
 見ることができました。心地よい風が流れていて、小さいひとも静かに、時に楽しそうに
 耳を傾けていました。いい時間でした。

 

 ブースにお立ち寄りくださるお客さまの中に、ご愛用の当店手ぬぐいをチラリ、と
 見せてくださる方が何名もいらしたのが嬉しかったです。色褪せて、クタっとした手ぬぐいからは、
 大切にしていただいていることが伝わってきました。お出掛けの際、選んでお持ち
 くださっているのだろうなぁ、と思うと、そういうお気遣いがありがたかったです。
 手ぬぐいで素敵なケースを作られている方、いつもネットショップで
 お買い上げくださっている方とお話できたことも楽しかったです。
 (休憩中でお目にかかれなかった方も・・・、本当にすみませんでした。)

 

 音楽に身を揺らして、美味しいものをほおばって、お目当てのモノを見つけて・・・
 皆さまが楽しそうに過ごされているのを眺めて、私達も楽しかったです。
 イベント終了後は、出店者60名ほどで打上げの会。あゆみ食堂さんの美味しい
 お料理をいただきました。出店されていた方々と、ごはんをいただきながら、そして
 帰りのバスの中で、また興味深いお話をうかがえたり・・・日頃ひとりで仕事をしていると、
 こういう時間は貴重です。今年も楽しいmoto市でした。
 委員の皆さま、簗田寺の皆さま、そしてご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました。


 

 10月2日の虹です。ベランダから撮影。大きくて、きれいでしたね!




 2013年9月24日(火)

 
先週までは新作の下描きなどに取り組んでいましたが・・・
 気がつけば、ふたつのイベントは目前!そしてなぜかお店からの注文が重なり
 あたふたと準備や発送に追われております。出店系のイベントは久しぶりなので、
 あれも必要だった、これも準備しなくては、と今頃になって思い出したり気がついたり。
 その一つがテーブルクロス。週末(29日の日曜日)の 「くらしのmoto市」で必要なのですが、
 ちょうどいい大きさのものがないので、手ぬぐいを縫い合わせています。(小学生のような大きな縫い目・・・)
 手縫いですので、糸を切れば、また元の手ぬぐいに戻ります。

 


 
「くらしのmoto市」のあとには、10月2日から愛媛県西条市で「手ぬぐいと藍の布もの展」が
 はじまります。イベントの詳細はこちらのページをご覧くださいませ。


 


 今年は1月からイベントに参加してまいりましたが、いよいよ この二つで今年は終了です。
 来年は1月のお正月明けに、浦和の「楽風」さんでグループ展です。
 当店もお世話になっている和雑貨 翠さんの15周年記念イベント!私もお店番の予定です。


 
来月は、そろそろ涼しくなってきましたので 「植物染め手ぬぐい」 を再開しようと
 思っております。お待たせしている皆さま、もう少しお時間をくださいね。
 その前に、途中になっている新作手ぬぐいを仕上げなくては。


 発売日を心待ちにしていた トウヤマタケオさんの新譜。"飛ばない日"。
 仕事部屋でずっと流れています。福岡でのライブのこと、翌日手ぬぐい展を
 ご覧くださったこと(その時の手ぬぐいは旅の途上で無くされたそうです・笑)、
 尾道のお話なども思い出しつつ、しみ入る音に耳を傾けています。

 



 2013年9月11日(水)

 
窓辺にイチモンジセセリ。グリーンカーテンにはゴーヤが次々と育っているけれど、
 こうして窓辺に来てくれる虫たちのおかげなのかも。みんな黄色いゴーヤの花に
 立ち寄ってくれます。

 


 
先日、染め屋さんに出かけて、いろいろ相談や発注など。
 地染めの柄(立涌、縞市松、蓮花果托など)は、染めてくださるところが変わり、
 今までの色とは少し違ってしまうかも、ということです。残念ですが、仕方ありません。
 染め上がりが楽しみでもあり、不安でもあり・・・。

 
秋の柄を描きたいな、と思っていましたが、なんとなく秋も短そうなので、
 あまり秋にとらわれないで、新しい柄のアイディアを練っております。
 調べ物をしたり、気になる柄を思い描いている時は楽しく、時間が経つのも忘れますが・・・
 日々の仕事やお待たせしている案件もあって、一日はあっという間です。
 イベントもこれから続きますし。


 
・・・9年間お世話になったアイロン台(兼 作業台) とお別れしました。
 毎日、この台を広げるところから仕事はスタート。ハサミが当たる部分は穴があいたり
 擦り切れたりして、何度も繕いました。しかし、もうそろそろ、ということで新しい台を買いましたが、
 なかなか捨てられず、使い続けていました。いよいよ、回収業者さんが引取りに来てくださったのですが、
 その喪失感で その日は仕事が手につかず・・・。
 パソコンよりも、布切りバサミよりも、どんな道具よりも長い間あひろ屋の仕事を支えてくれた相棒でした。
 本当に、お疲れさま。どうもありがとう。
 写真は、別れの朝に (なぜか台所で) 撮った最後の1枚です。

 



 2013年9月1日(日)

 
少し涼しくなってきたかな、と思ったら、猛暑復活。まだ油断できません。
 しかし、我が家の鈴虫たちの声は、段々と細く儚くなってきています。
 布団の中から聴いていると、切ない気持ちに。窓の外からも、秋の虫の声が
 聴こえてくるようになりました。

 茶房 高円寺書林さんでひらかれていた 『手ぬぐい展2013』 は本日をもちまして
 終了いたしました。会期が終わりに近づいているのに、ご来店くださる方が増えていて・・・
 と終了3日前に教えていただきました。そしてまさかの追加納品。最終日にお届けでした。
 なぜか「浅蜊」柄が人気だったようです。お暑い中、遠方から、そして何度も、お出掛けくださった
 皆さま、そして関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

 8月後半は怒涛の発送作業の日々で、寝不足でフラフラしておりました。
 急いでいるつもりでも、発送までお待たせしてしまい、ご迷惑をおかけ致しました。
 疲れにはビタミン、ということで、箱いっぱいの柑橘類を送ってくださった方が。
 レモン、オレンジ、デコポン、甘夏。部屋には爽やかな香りが漂い、鮮やかな色に
 励まされています。さっそく、毎朝しぼっていただいています。たしかに、
 なんとなく調子が良くなってきたような!ごちそうさまでした。

 


 今年はあと二つ、イベントに参加の予定です。それらの準備も少しずつ始めています。
 そして、しばらく欠品している柄の染めについてなど、考えること、依頼しなくてはいけないことも
 沢山あり・・・焦らず、ひとつひとつ、向き合います。


 二つのイベントでは、「手作りひなや」さんとのコラボ商品も並べる予定です。
 そのひとつ、手ぬぐいのハギレで作っていただいたコースター。違う柄の手ぬぐいを
 3枚重ねているので、下の柄が透けて見えたり、なかなか面白いコースターなのです。
 今となっては懐かしい色や柄のハギレたちが組み合わされていて、1枚1枚、アルバムを
 眺めるように見入ってしまいました。そして、それらをしまおうと重ねた時、時間の重なりが
 目の前に現れたようで、ハッとしてしまいました。12年分の時間・・・。
 ひなやさんの縫製の美しさとともに、写真に残しておきたい、と思い パチリ。

 



 2013年8月20日(火)

 
昨夜は、久しぶりに 『はぎれセット』 や、新作の 『波唐草』 や、ネットショップでは
 初お披露目の『注染+琉球藍染め手ぬぐい』 を発売いたしました。
 皆さまは、サイトやFacebookページでの告知をしっかりとご覧くださっていたようで
 発売直後から多くのご注文をいただきました。ありがとうございます!
 
 (その数が本当にすごくて、ご注文へのお返事メールを全て終えたのは本日の午後2時。
 朝からずっとメールを書き続けておりました・・・。コメント欄には様々なメッセージがあり、
 これからもガンバロウ!という気持ちになりました。)

 お店からのご発注も多く、今週〜来週は発送作業漬けになりそうです。
 暑い季節なので、すぐに手ぬぐいが欲しい!というお気持ちが伝わってきますが、
 発送まで もうしばらくお待ちください。順次対応しております。

 
 
 写真は 「波唐草(紺色)」。
 唐草を描くのが好きで、今回も描いているうちに楽しくて止まらなくなってしまい・・・。
 この柄を描いていたのは6月で、まだ夏はこれから、という季節だったので、
 波しぶきも沢山飛ばしてみました。(白ヌキ柄なので、まんべんまく柄がないと
 染めムラになるかも、という心配もあり。) 版下の柄はもっと細かったのですが、
 染め屋さんのご判断で、ほんの少し太めに型を彫ってくださいました。
 本来のイメージを損なわず、染めもうまくできるように・・・という、この絶妙な修正には
 頭が下がります。


 ・・・結局、夏季休業の予定だった期間は、ほとんど仕事をしておりました。
 手ぬぐい屋が真夏に休もうとしたことが間違っていたようです・・・。
 それでも、一日はゆっくりと、友人達とバーベキュー大会。静かな山の中でした。
 みんなと出逢ったのは 13歳の頃.。今でもこうして集まれることが楽しく、ありがたく、
 現在の歳も忘れて(?) ワイワイと過ごしました。スイカ割りがよかったなぁ。


 茶房・高円寺書林さんで開催中の「手ぬぐい展2013」 も、連日多くの方がお越しくださっていると
 お店の方からうかがいました。お盆期間は、遠方からいらしてくださった方も・・・
 手ぬぐいへの熱い思いが伝わってきます。お暑い中、本当にありがとうございます。
 こちらのイベントは9月1日までとなります。詳しくはイベントのページをご覧くださいませ。



 2013年8月7日(水)

 
猛暑ふたたび。立秋なのに、これからしばらく また暑い日が続くそうです。
 でも、秋は少しずつ。ベランダのデラウェアが薄く色づいてきました。

 


 さて、茶房・高円寺書林さんでは 『 手ぬぐい展2013 〜1枚の布からはじまるものがたり〜 』 が
 8月4日から始まりました。初日のオープニングイベント「手ぬぐい屋の物語」という座談会に
 私も急遽参加いたしました。(一週間前になって、星燈社の山本さんから打診。
 ちょっと考えてみます・・・とお返事すると、翌日のラ・ロンダジルさんの展示会にいらしたので、
 これは本気なんだ、断れないな、と思いました・笑)

 当日は、にじゆらの矢地さん、星燈社の山本さん、そしてあひろ屋の野口の3人で、
 この仕事についた経緯や自己紹介、仕事内容、仕事の進め方や商品についての説明など、
 あれこれ語りました。版下のこと、色指定のこと、現場のこと、営業活動・・・
 ややマニアックな話もあったかもしれません。(すみません、個人的にききたいことを
 公の場でお二人に質問してしまいました!)

 染めや和雑貨に関わる人間がメーカーをこえて集まり、 自由に話す このような座談会は、
 ありそうで なかなかないのかも、と思いました。若いお二人の話や、お客様からいただいた
 ご質問やご感想はいい刺激となり、励みになりました。世の中には手ぬぐい好きな方が
 大勢いらっしゃる!ということが嬉しかったです。当日はかなり暑く、立ち見の方も
 いらっしゃいました。本当にありがとうございました。

 
*当日の様子をご紹介くださっています!(私はカメラを忘れてしまいました・・・)
 ・茶房・高円寺書林さんの記事
 ・すみまきさんの記事
 ・星燈社さんの記事 (その1その2


 会場の茶房・高円寺書林さんの店内は、各地の作家さん、メーカーさんの手ぬぐいが所狭しと
 並んでおり、私もいくつか買ってしまいました。(死ぬほど持っていても、やはりほしくなるもの・・・)
 今回のイベントにお声がけくださった すみまきさんにもお目にかかることができました。
 すみさんが作られている手ぬぐい同人誌 「tenu 2号」 も店内で発売中です。

 『手ぬぐい展2013』 は9月1日まで続き、その間にもいくつかイベントがございます。
 当店からは新作や入荷柄の追加納品を今週中に予定しております。
 お近くに行かれましたら、ぜひお立ち寄りくださいませ。
 詳しくは、茶房・高円寺書林さんのブログをどうぞ。


 そう、新作は届いているのですが、夏季休業前の発送が追いついていないので、
 ネット発売を8月19日に延期いたしました。イベント先、そしてご希望のお店には
 先行してお送りしております。限定品だった「縞」を抜かして、あひろ屋40柄目となる
 『波唐草』です。色は紺と浅葱色。白ヌキでは、この細さがギリギリですが、繊細で
 華やかな雰囲気に仕上がりました。唐草は、植物ではなく波頭ができていて、
 あちらこちらに波しぶきが飛んでおります。


 


 ・・・もうすぐ夏季休業。ですが、たまった仕事を片付けるための休業。
 ここで踏ん張って働かないと、秋は迎えられないなぁ・・・というかんじです。
 来月はまたイベントが控えておりますので。


 

 メロンをもらって大喜びの鈴虫メス。届かなくて、足をピーンと伸ばしています。



 2013年7月28日(日)

 
昨日、ラ・ロンダジルさんでの手ぬぐい展が終了いたしました。
 ホッとしながらも、まだ振り返る余裕がなくて、きちんとした感想もかけずにいますが・・・
 今年も多くの方にご覧いただき、本当に嬉しく思っております。
 (写真は最終日の様子。ディスプレイが前半より変わっていました!)

 

 気がつけば、8年連続で開催の「あひろ屋 手ぬぐい店」。
 毎年少しずつですが、手ぬぐいの色柄が増えて、様々なジャンルの作家さんたちとの
 コラボ品もご紹介してまいりました。反省やいただいた課題を大切に、毎年バージョンアップして
 いけたら、と思っております。来年の「手ぬぐい店」も、どうぞよろしくお願いします。

 満足な気持ちで終えたことはなく、いつも何かしら心残りで、ショボンとしてしまうのですが、
 また来年に向けて、新たなシーズンが始まったような気持ちです。
 お越しくださった方、支えてくださった方、展示会シーズンは何かとお待たせしてしまう
 お店の方に・・・心より感謝申し上げます。

 (展示最終日の昨日は神楽坂はお祭り。いつも、お店番の前に軽くお参りする
 毘沙門天さまも提灯だらけでした。夕方は阿波踊りを見物。「子ども阿波踊り」が
 かわいかったです)

 


 気力体力を使い果たしてしまいましたが、来週はまた新しいイベントがスタート。
 この件はまたあらためて。


 先日、友人のお母様よりいただいた紫蘇ジュース。
 美味しいものですね。来年は自分でも作ってみたいと思いました。
 お味も、色も、お心遣いも、疲れた心身に沁みるようでした。

 



 2013年7月19日(金)

 
ラ・ロンダジルさんの展示会、今年もはじまりました。
 毎年のことなのに、手ぬぐいばかりなのに・・・楽しみにしてくださり、
 暑い中お出掛けくださることを思うと、感謝の気持ちでいっぱいになります。
 本当に、ありがとうございます。

 今年のコラボ作家さんは、「手作りひなや」さん。当店手ぬぐいのハギレを使って、
 コースター、鍋敷き、くるみボタンなど、生地を無駄なく使い、素敵に生まれ変わらせて
 くださいました。コースターが人気で、数が少なくなってしまいましたので、
 明日、追加納品の予定です。


 初日は、先週までロンダさんで展示会をされていた須藤拓也さんもお見えになり、
 少しお話できたことも嬉しかったです。そう、ロンダさんで店番をしていると、
 いろいろなジャンルの作り手さんともお目にかかることが多く、それもまた
 刺激になり楽しいひとときです。
 今年も、店内は小路苑さんの素敵な活け込みがあちらこちらに。
 展示やイメージに、さりげなく合わせてくださっているようです。


 今年、新しくなった展示会の目印暖簾はこちらです。
 DMに使った手ぬぐいと同じ3枚。

 


 下の写真は、八丈島からお越しのお客さまより頂いたパッションフルーツ。
 ヨーグルトやバニラアイスにのせていただきました。美味しかった〜。
 そのほかにも、美味しいもの、心躍るモノを差し入れてくださった皆さま、
 ありがとうございます。

 


 
明日、20日(土)は店番の予定です。皆さまにお目にかかれますことを楽しみにしております。




 2013年7月15日(月)
 
 
いよいよ、明日から始まります 『 あひろ屋 手ぬぐい店 八 』 。
 ラ・ロンダジルさんのお店を手ぬぐい店に見立ててひらいてまいりました展示会も
 今年で8回目となりました。一番暑い季節ですが、神楽坂はお祭りにむけて
 華やぐ時期。そんな街の雰囲気も一緒に楽しんでいただければ、と思います。

 明日の初日は、私もお店に立つ予定です。
 今年も皆さまにお目にかかれることを楽しみにしております。
 お店は住宅地の中で大きな目印がありませんが
 もし道に迷われそうな時は、お店にお電話ください。03-3260-6801
 お店の入り口には「手ぬぐい暖簾」がヒラヒラしております。
 (↓ これは以前のもの。今年は「手ぬぐい暖簾」が新しくなる予定です)




 ・・・さて、我が家の鈴虫ですが、数日前から鳴き始めました!はじめは弱々しく 「リリ、リ」と
 鳴いていますが、少しずつ上達して 「リーーーン、リーーーン」 と涼やかな音色に。
 昨年の鈴虫の子らが、立派に鳴いている姿を見ると じ〜んとしてしまいます。
 写真は脱皮直後のオスで、羽がきれいに広がるように、ぶら下がっているところです。

 




 2013年7月4日(木)
 
 
本日から、埼玉県越谷市の雑貨店 「空+kan」さんで 『夏、おしたく展』 が始まりました。
 竹細工、傘、染色作品、布ぞうり、手ぬぐいなど、夏らしいアイテムが並びます。
 また、おいしいものもいろいろと。明日5日はカキ氷屋さん、8日は焼き菓子と小籠包の
 出店があるそうです。おいしそう!
 夏を楽しむこちらのイベントは10日までです。(7日はお休み) お近くの方はぜひ。

 お取引先のお店では、あちらこちらで夏のイベントが開催&開催予定で、
 そのイベント向けに先週からず〜〜〜っと発送作業に追われております。
 植えたかったゴーヤは定植できぬまま7月になり、まわりの盆栽にからんでいて・・・
 今日は決心し、ついにグリーンカーテン用ネットを張りました。かなり出遅れていますが、
 これから暑くなるので、生長が楽しみです。

 それぞれのお店でひらかれるイベントにつきましては、Facebookページにて
 随時ご紹介してまいります。あひろ屋としての展示会、出品イベントにつきましては
 サイトのイベントのページにてお知らせしております。この区別が難しいところですが・・・。


 
 
 写真は鈴虫ハウス、三階建て。場所をとるのでスタッキングできるケースにしました。
 昨年の2ペアから、400匹以上の子どもたち!ナス、キューリ、魚粉などをよく食べています。
 今年も蚊取り線香は使えません・・・。



 2013年6月24日(月)
 
 
望雲さんでの 『あひろ屋の染めたもの展』 は無事終了いたしました。
 暑い日や雨の日もありましたが、多くの方にご覧いただけたましたことを、
 とても嬉しく思っております。
 お越しくださった皆さま、支えてくださった全ての方に、心より感謝申し上げます。
 
 福岡から戻ってからの日々は、とにかく仕事仕事仕事・・・というかんじで、
 あまり振り返る余裕もなかったのですが、ここへきて、そういえば面白かったなぁ、
 美味しかったなぁ・・・と、ふわり、ふわり、と旅の間の出来事を思い出しています。

 望雲さんでの展示会初日、心躍る出会いがいくつもありました。
 ワクワクした気分のまま、夜は 「チェロとピアノの音楽会(徳澤 青弦×トウヤマ タケオ)」
 というライブに皆さんと出かけました。本当に素敵でした・・・心に沁みました。
 その後、「千翠」さんでまた美味しいものをいただきつつ、楽しい時間を過ごしました。
 ご一緒した能楽師さんの笛の音が心地よかったです。

 福岡の街を歩いていると、今月解禁になった長法被をお召しの方をちらほら見かけました。
 もうすぐ博多祇園山笠です。お祭りの時期に滞在してみたい・・・。
 
 翌日も、お客さまや友人との楽しい語らいがあり、時間があっという間に過ぎてゆきました。
 その日、その場所で会えるということ・・・それが本当に尊いことであると感じました。
 今回、私がお店番に遅刻したことで、お目にかかれなかった方々のこと、日程があわず
 またいつか、とご連絡をくださった方々のことを おもっていました。
 
 福岡最後の夜は、友人Kさんと。楽しい楽しいひとときでした!
 (この夜の様子はこちらのブログで。)
 
 3年前と同じように・・・福岡を離れる日の朝は大濠公園のまわりをブラブラ。
 次はいつ来ることができるのかな、と惜しみつつ、空港へ向かいました。

 
 (大濠公園にて。)


 イベントは、これから秋まで各地で続きます。イベントのページも更新いたしました。
 まだ詳細未定でアップできていないものもありますが、決まり次第、お知らせして
 まいります。体を鍛えないと、この夏を乗り越えられない予感・・・弱っている場合では
 ありません。腱鞘炎にも気をつけていかなくては・・・。
 


 2013年6月19日(水)
 
 
一昨日、福岡から戻り、昨日から通常営業に戻りました。
 ネットショップ休業期間中は、ご迷惑をおかけしてしまいました。

 望雲さんでの二日間のお店番は、とても楽しく、大勢の方との出会いと再会がありました。
 前回もそうでしたが、福岡の方々の温かいお気持ちにふれていると、元気がわいてきます!
 お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。
 私は戻ってきましたが、展示会はまだまだ続きます!
 展示風景などは、イベントのページに写真をアップいたしました。

 
 


 毎年、この季節は慌しいのですが、梅仕事ははずせません・・・
 今年の梅酒は日本酒(純米原酒)で作りました。飲み頃が待ち遠しいです。

 



 2013年6月8日(土)
 
 
毎日が飛んでいくように過ぎていきます。望雲さんでの個展まであと一週間。
 第一便を発送し、これから追い込み準備です。私も初日と翌日はお店番の予定・・・
 3年ぶりの福岡はとても楽しみですが、日々の発送作業が少しずつ遅れていることもあり、
 ここからの数日が勝負!と感じております。

 望雲さんの展示では、手ぬぐい、風呂敷、扇子に加え、「手作り ひなや」さんとの
 コラボグッズも並びます。先日、こちらのページでご紹介の 「鍋つかみ(兼 鍋敷き)」、
 そしてコースター、髪ごむ、くるみボタン。どれも、部分的に難があって商品にできなかった
 手ぬぐいを活用したものです。小さな生地も、職人さんによって染められた布ですものね。

 

 写真は「髪ごむ」ですが、くるみボタンとして、バラ売りもする予定です。
 手ぬぐいの微妙な色合いのボタン、見ていると楽しい気持ちになります。


 少し難のある手ぬぐいの再活用、といえば、『植物染め』手ぬぐい。
 ちょっとしたシミ、柄のブレなどで商品にはできなかったものの、手ぬぐいとしては
 特に問題のないものばかり・・・地色を染めることで、それらの難が目立たなくなりました。
 ひたすら丁寧に、じっくりと染めた手ぬぐいです。

 『植物染め手ぬぐい』は、昨年の広島のライフスタイルさん、神楽坂のラ・ロンダジルさんに続き、
 福岡では初の展示ということもありまして、はりきって様々な植物で染めました。
 下の写真は、刈安(かりやす)で染めた時のもの。洗っている時、干した直後のものです。
 
 

 

 
望雲さんでの展示は、6月15日(土)から始まります。詳しくはイベントのページをご覧くださいませ。



 2013年5月24日(金)

 
前後してしまいましたが、イベントのページに 『 森、道、市場 2013 』 の写真をアップしております。
 一日目は雨でしたが、翌日の会場は新緑が美しく、気持ちのよい一日でした。
 竹林ブースの展示も素敵でした。当日は慌しくイベントを終えてしまいましたが、
 時間の経過とともに、心に残ったシーンがじわっと思い出され、もう一度イベントや
 旅を楽しんでいる気分です。


 
 
会場で、足元のタンポポをよく見たら、ニホンタンポポでした!


 
・・・しかし、思い出にふけっている場合ではなく、これからもイベントは続くため、
 気を抜けない日々です。おかげさまで 「浅蜊」が人気、この週末も休まず営業します。



 2013年5月20日(月)
 
 雨の月曜日、友人の加藤文子さんの盆栽展にでかけました。

 植物たちは美しく、ひとつひとつが小宇宙のようです。
 眺めているだけで、心拍数があがる楽しさでした。
 手作りの鉢のカタチも、それぞれ個性的でありながら
 盆栽と溶け合っていました。飾られている絵の数々も、
 植物と呼応しているようでした。

 我が家にも、加藤さんのところからきてくれた植物があり、
 そのコの成長記録写真を、時々お送りしているのですが、
 今年の写真も喜んでくださり、嬉しかったです。

 盆栽展は明日までです!高輪にお出掛けの際はぜひ。

 「植物気候 -加藤文子の植物-」
 2013年5月16日〜5月22日 最終日は加藤さん在廊予定
 Gallery Oculus  東京都港区高輪3−10−7 1階
 11:00〜18:30 会期中無休


 写真は、加藤さんの新刊書です。盆栽の育て方について、美しい写真の数々とともに
 解説されています。私もこれを読んで勉強します・・・

 



 2013年5月19日(日)


 臨時休業期間中はご迷惑をおかけいたしました。
イベント準備に追われた後バタバタと出発。
 ご挨拶、イベント、見学、と各地を歩いた5日間を終え帰宅。翌日から仕事・仕事で、
 そこへ新作を発売。土日もなく過ぎていきましたが、やはり、旅のまとめはしておかないと
 落ち着きませんね。


 10日(金)に出発し、名古屋を目指しました。お世話になっている「月日荘」さんと、
 「Analogue Life」さんにご挨拶。伺うのは初めて。
 別々なところで存じ上げていた二つのお店が、なんと同じ建物の1階と2階なのです。


 「月日荘」さんでは、三橋工房さんの展示会が初日で、素敵な型染めの作品が並んでいました。
 雨が降り始め、その音を聞きながらお庭の様子を眺めていると、つい長居してしまいます。

 お二階の「Analogue Life」さんは、1階とはがらりと違う雰囲気で、サイトからも伝わってきていた
 妥協のない美しさで満ちたお店でした。
二つのお店で、いろいろなお話ができたことは本当によかったです。

 

 

 その後、教えていただいた”なごやめし”のお店で夕食を済ませ、蒲郡へ移動。
 翌日からのイベント会場に近いホテルに宿泊。


 11日(土)の朝、外はかなりの雨。それでも、イベント「森、道、市場」は開催。
 私達のブースはテントではなく建物でしたが、お客さまはカッパを着てびしょ濡れになりながら
 会場を歩かれていました。友人が訪ねてくれたり、お取引先のcafe notari さんが来てくださったり
 (この日のみのご出店)と嬉しいことも。大雨でもお客さまは大勢足を運んでくださっていて、
 このイベントの人気を思い知りました。

 

 雨と気温で冷えてしまったので、宿に戻ってすぐに温泉。
 海を眺めながらの露天風呂もあり、3連泊の間、朝晩はいっていました。(これは本当によかった)


 12日(日)はいいお天気で気温も上がりました。会場からは素晴らしい景色が広がっていて、
 海はキラキラと輝いていました。お客さまも続々いらして、手ぬぐいはなぜか「凪」と「眠る鳥」が人気。
 ライブ会場からは、陽気な音楽が聞こえてきます。これでビールでも飲めれば最高なのですが、
 仕事なのでぐっとガマン。
この日も友人が差し入れをしてくれたり、あひろ屋手ぬぐいをご愛用中の方も
 いらして、嬉しかったです。

 

 

 二日間のイベントはあっという間に終わり、いろいろ大変なこともありましたが、
 爽やかな気分だけが残りました。ご来場くださった多くの方、イベントスタッフの方、ボランティアの方、
 会場のオーナーさん、地域の皆さまのおかげで開催でき、終えることができたと思います。
 (今回お声がけくださり、最後までいろいろケアしてくださった小杉さん、心より感謝しております。)
 同じブースだったシマウマ書房さんバーンシェルフさんにもお世話になりました。
 ありがとうございました。


 夕食は会場近くのお店でお刺身定食。新鮮でとても美味しく、さすが海のそば!と感激。


 13日(月)、引き続き、晴れて気温が高い。浜松に移動して、染め屋さんにご挨拶。
 工場を見せていただきました。(現在、当店の手ぬぐいは東京と浜松で染めていただいています)
 いろいろな工程を見ながら、説明していただけて、今まで疑問だったことや知らなかったことがわかり、
 とても有意義な時間でした。ふと見ると、新作の「浅蜊」手ぬぐいが!かわいい仕上がりに一安心。


 浜松市内に戻り、まずは浜松城へ。最近、お城などの史跡を訪ねるのが好きで、
 実は楽しみにしていました。のぼってみると、遠くに富士山が。
 当時のまま(400年ほど前)の石垣は迫力がある野面積みでした。


 

 浜松餃子をすすめていただいたので夕食に。美味しいですね!
 街中に餃子店があって、ちょっと驚きました。


 14日(火)、いい天気。静岡へ移動し、駿府公園、静岡浅間神社などを歩きました。
 やはりお城関連、史跡は楽しい。それぞれの資料館も小学生に混じって歩きました。
 静岡市内を歩くのは初めてで、もっと見たい場所もありましたが、インコを預けていたので、
 早めの新幹線で戻りました。 (おわり)

 

 

 

 



 ・・・手ぬぐい屋にとって一番忙しい時期にお休みをいただいてしまいましたが、
 すこし見聞をひろめることができました。ここから秋まで走り抜けていきたいと思います。



 新作の「浅蜊」手ぬぐいには、多くのご注文をありがとうございます。
 スーパーや魚屋さんで、アサリをじーーーっと眺めては、イメージを膨らまし、
 とにかく沢山描いて、賑やかなかんじに、かわいいかんじにしたいと思っていました。
 注染ならではのボカシ染めの美しさ、やわらかな線が気に入っています。

 



 2013年5月1日(水)

 
ずっと、あひろ屋の誕生日は5月2日だと思っていました。
 先日、片付けていた時に、久しぶりに開業届を眺めていると、届出は2日だけれど、
 開業日は1日になっていました!ええ!そうだったのか・・・。いつから思い違いをしていたのか
 我ながら呆れます。それですので、本日で当店は12周年を迎えました。
 
 支え続けてくださった皆さまに、心から御礼申し上げます。
 振り返るといろいろなことがありましたが、幸せな時間を過ごしてきたように思います。
 これからも、どうぞよろしくお願い致します。



 2013年4月28日(日)

 
注染はダイナミックに染めるということもあり、どうしても多少のB品ができてしまいます。
 それでも、大切な手ぬぐいたち。「植物染め」、「はぎれセット」など、いろいろなかたちで
 販売してまいりましたが、このたび、新商品が生まれました!「鍋つかみ(兼 鍋敷き)」です。
 「手作りひなや」さんとのコラボ商品です。
 
 それらの生地を活かしたくて、昨年末に ひなやさんに相談、試作品を何度か作っていただきました。
 鍋つかみや鍋敷きを日々使っていることもあり(炊飯は土鍋派)、自分がほしい一品を
 思い描きながら、細かい指示やお願いを伝えました。ひなやさんは、それらにそって
 素敵な鍋敷きを縫ってくださいました。そして、やりとりの中では、ハッとするようなご提案をくださったり、
 イベントに間に合わせてほしい、というお願いにも快く応じてくださり、実はこの連休中も
 鍋敷きに向き合ってくださっています。

 来月出店予定の「森、道、市場2013」で、お披露目予定です。その後、ほかのイベントや
 ネットでも販売できたら、と思っております。
 手ぬぐいの柄はさまざまで、組み合わせもいろいろ。それらが縫い合わさり、かわいらしい鍋つかみです。
 熱いものをつかむだけでなく、ポットやお鍋敷きにもお使いいただけるよう、綿の厚さにもこだわりました。
 
 写真は、ひなやさんが送ってくださったものです。「鍋つかみ」以外にも新商品が生まれる予定ですが、
 詳しくはまた後日。今日は取り急ぎ、新商品のご紹介でした。

 
 
写真提供:手作りひなやさん



 2013年4月27日(土)

 
世の中はゴールデンウィーク・・・
 毎年、そんなことをつぶやきながら仕事をしておりますが、こうして同じような日常が
 毎年来てくれるのも、ありがたいことです。

 昨日は午前中にフル回転で仕事をし、慌てて都内へ。
 まず雑司が谷で友人達がひらいているイベント「パサール・クマンマン」展へ出かけました。
 インド、バリ島、台湾で彼らが見つけてきた美味しいものや、手仕事品、コラボした品々、
 素敵な写真がずらりと並んでいました。香りのいいお茶をいただきながら、旅の様子や
 それぞれのものにまつわるエピソードをきいていると、しばし日常を忘れます。
 会場はギャラリーシャコさんです。風が気持ちよく通り抜けて、バリで一休みしている時のような、
 のんびりした気持ちになりました。5月2日まで開催です。

 そのあと、ご近所の 「旅猫雑貨店」 さんにうかがいました。ちょうど聚楽社さんのイベントを開催中で
 新柄や新アイテムがありました!素敵な紙モノをいろいろ購入。こちらのイベントは5月6日までです。
 それにしても、旅猫さんのお店の中には、どれくらいの商品が並んでいるのでしょう・・・
 いつもキョロキョロしてしまいます。

 そして、蔵前の 「(esi) monyara」 さんへ。雰囲気のあるビルの最上階(5階)にお店があるのですが、
 なぜかエレベーターは4階まで。そこからは階段であがります。27日からの「豆展」に、当店の
 「みつ豆」手ぬぐいも参加させていただくことになり、その納品とご挨拶でした。
 豆型アイテムがいろいろ並ぶ 「豆展」 は、5月6日まで開催です。
 お店の場所は、あの 「カキモリ」 さんのすぐそばです。帰りに立ち寄りました。


 いつも家で一人で仕事をしていることもあり、大勢に会い、話をし、素敵なものを見たり、
 味わったりする時間は貴重でした。皆さま、ありがとうございました。
 力をいただいたところで、また、怒涛の日々をがんばります!
 久々の長期休業ということもあり、本格的に慌しくなってまいりました。
 沢山のご注文もありがとうございます。この週末も発送業務をすすめております。



2013年4月22日(月)

 
4月も中旬を過ぎているのに、冬に戻ってしまったかのような寒い日が続きました。
 皆さま、体調を崩されてはいませんか。どうぞお気をつけください。

 冷えていても、今年も雲龍椿が咲き出しました。(こんなに蕾をつけてくれたのは初めてです。)
 鉢を覆うミセバヤが同じタイミングで開花し、もっさりとした感じの盆栽になってしまいました。

 


 イベントのページを更新しております。今週から始まるものもあり、秋に決まったものもあります。
 緊張しつつも楽しみであり、お祭り気分だけど勝負でもあるという・・・気合を入れて
 秋まで走り続けることになりそうです。お近くで開催の際は、ぜひ遊びにいらしてくださいね。
 今、描いている柄は来月のイベントでお披露目できるのかな・・・。
 


 さて、先週の土曜日、理化学研究所(和光市)の一般公開日でした。
 毎年楽しみにしていて、今年もいそいそと出かけました。
 世界最先端の技術や研究について、わかりやすく展示されていたり、講演会あり、
 参加できるイベントあり。貴重な場所も見学できて楽しかったです。

 盛り沢山のイベントなので、とても一日ではまわれないのですが、いい刺激を受けた一日でした。
 帰宅してから、いただいた資料を読んだり、ネットで調べたりするひとときが楽しいこと。
 来年の公開日も決まっているので、また出かけようと思っています。
 小さい子からご年配の方まで、幅広く楽しめる工夫がされていて、さすがだなぁ、と感じました。
 緑が多く、広々とした敷地内も歩いていると気持ちがよかったです。

 
 ( 左に写っているのは、超伝導リングサイクロトロン。RI ビームファクトリーにて。 )

 

 ・・・作業用エプロンのポケットにいくつか穴があいてしまい、それを繕いました。
 色褪せたエプロンなので、使い込んで色褪せた手ぬぐいを当てて縫いました。
 (「赤い糸」の柄です) 厚地だし、ポケットの中に手を入れて縫うというのは難しかったけれど、
 こうして補強されて、また使えるようになるのは嬉しいものです。

 



 2013年4月15日(月)

 家の前はハナミズキ通りで、白、ピンク、濃いピンクと、様々な色のハナミズキが美しいです。
 朝からカワラヒワがビ〜ン、ビ〜ンとよく鳴いています。
 花粉も落ち着き、新緑が気持ちのいい季節。どこかへ出かけたくなります。

 ・・・が、先月から発送も忙しくなり、家の中でバタバタしているうちに一日が終わります。
 新作を描きたいなぁ、いいかげん「簾」も描き直さないと、と思いつつも、季節が流れて・・・。
 通い介護もあり、今までどおりに仕事が進められなくなってきていることを感じ、
 今年の後半から来年にかけてのイベントなど、いくつかお断りしてしまいました。
 
 私を含め家族も歳をとっていき、今後は無理をして頑張るのではなく、長く続けるためにも、
 その時々の状況に合わせて、仕事の形態は柔軟に自由に、と思っています。
 (皆さまになるべくご迷惑をおかけしないように・・・)

 あひろ屋もおかげさまで、もうすぐ13年目に入ります。皆さまによって育てられ、
 夏を前に忙しくなってきた この手ぬぐい屋の足を私が引っぱらないよう、
 励まなければなりません。

 
 イベントのページでは、随時情報を更新中です。詳細未定のため、まだ載せていないのですが、
 今年はあと3つほどイベントが決まっております。

 来月、出店予定のイベント「森、道、市場 2013」。公式ブログ内の当店の紹介記事はこちらです
 毎日ブログが更新されていて、沢山のお店やアーティストの皆さまの紹介が楽しいです。
 大きなイベントなのですね!(あまりよくわかってなかった・・・)
 

 「手ぬぐい扇子」ですが、今年は新しく作りませんでした。現在は「梅霞」のみ、在庫がございます。
 また扇子が活躍する季節がやってきますね。一年はあっという間です・・・。

 リンクのページでは、新しいお取引先のお店も追加しております。
 素敵なお店がたくさん!サイトもぜひご覧くださいね。


 

 我が家で流行っている 「焼き空豆」。先っぽをチョンと切り、あとはじっくりと
 焼くだけ。切り口から湯気が出てきて、美味しそうな香りがしてきたら食べ頃です。



 2013年3月29日(金)

 汐留ミュージアムで開催されておりました 『二川幸夫・建築写真の原点 日本の民家一九五五年』 は、
 先日24日に終了致しました。予想を超える入場者数だったそうです。お出掛けくださいました皆さま、
 ありがとうございました。 (次回の松下幸之助さんの工芸作品コレクション展も楽しみですね)

 終わるイベントがあれば、始まるものもあり・・・
 様々なイベントが少しずつ迫り、内容や日程なども固まってきています。こちらのページや、
 フェイスブックで随時お知らせしております。お近くの皆さま、ぜひお立ち寄りくださいね。

 5月上旬から、イベント準備&出店のため、少し長めのお休みをいただきます。
 5月6日(月・祝) より 14日(火) まで
 ご迷惑をおかけしてしまいますが、どうぞよろしくお願い致します。

 
 
 ・・・桜が咲き始めた頃から、発送作業が忙しくなってきました。写真を撮るためだけに
 時間が取れない日々。朝、ゴミ出ししたあとや、夕方、お買い物に行くときなどはカメラ持参で、
 近所の桜を撮っていました。隙間時間であっても、桜と向き合えるひとときはいいものですね。

 

 

 

 

 



 2013年3月23日(土)

 お世話になっております 「和雑貨 翠」さんのサイトでは、「作り手インタビュー」という
 新企画が始まりました。光栄にも、初回のインタビューが私でした。
 あひろ屋になるまでの職歴(友禅の色挿し、ハーブ屋、OLなど)、
 そして手ぬぐい(注染)への思いを聞いていただきました。
 
 今までお受けしてきたインタビューは、断片的にお話をきいていただくことが多く
 (文字数制限もありますし)、私もざっとお話する、ということがほとんどでした。
 でも今回は、じっくりと今までのことを振り返りつつ喋ってしまい、長いものになってしまいました。
 
 インタビューしていただいてよかったことの一つは、自分でも気づかぬ点を確認できたこと。
 思い出したり、考えていることを話すというよりも、聞き手の白石さんから引き出されることがあり、
 その時初めて、あぁそうだったのか、と納得したり。

 いろいろな経験は全て今に活きていて、多くの方々に支えられて、ここまで辿り着けました。
 家族のみんな、友人たち、仕事でお付き合いくださっている皆さま。いつもありがとうございます。
 そしてこれからも、どうぞよろしくお願いします!


 
 
 これを描いたのは工房に入って一週間目の日。翌日から商品を描くことを許されたものの、
 怖さでいっぱいでした。17歳の時です。それから数ヶ月して、ようやく新品の筆一式いただいた時は
 本当に嬉しかったです。・・・仕事を辞める時、その筆たちは工房にお返ししましたが、1本だけ、
 片羽筆をいただいて帰りました。それは今も大切なお守りです。



 2013年3月22日(金)

 いつもより開花が早かったソメイヨシノ。このあたりは五分咲きくらいになりました。
 今朝は仕事を始める前にカメラを持って散歩。これから散る頃までは、桜散歩が続きます。
 近所の小学校は今日が卒業式です。晴天の桜の日。自分の小学校卒業式を
 思い出していました。(先生やお友達、皆さん、お元気かな。)


 さて、新しいお取引先についてのお知らせです。
 オーガニック食品・エコ雑貨などを販売されているGAIAさん
 御茶ノ水や代々木上原にお店があり、ご存知の方も多いと思います。
 今年の春夏シーズン、当店手ぬぐいを扱っていただけることになりました。
 
 実は、GAIAさんは私がハーブ屋を営んでいた頃、大変お世話になっておりました。
 今回、お取引についてのご連絡をくださった方は、私の過去は知らず全くの偶然でした。
 作るものは違っても、またお声がけいただけたということが嬉しく、ありがたかったです。
 ご縁に感謝。

 そして先日、GAIAさんの伊勢原倉庫でひらかれた 『手ぬぐいで作るこども服』の著者、
 モリユカさんのワークショップに参加させていただきました。お気に入りの手ぬぐいで、
 こども服を作るというものです。参加されていたのは、小さいお子さん連れのお母さんやお父さんなど。
 皆さん、おしゃべりしつつも真剣にチクチク針仕事でした。出来上がった時の嬉しそうな笑顔が
 印象的でした。手ぬぐいのあの大きさから、簡単に子ども服が作れること、日頃平面として
 見ていた手ぬぐいが立体的になり、着ている子がいる、というのが新鮮でした。

 

 いろいろな柄の中から選べて、汗をよく吸い、洗えばすぐ乾く。子ども服にピッタリの手ぬぐい。
 おすすめします!

 ワークショップの後は、手巻き寿司がふるまわれました。社長さんが魚をさばいたり、
 いろいろとお料理もしてくださって・・・本当に美味しかったです。(社長さんとも15年ぶりの再会。)
 初めて出かけた伊勢原市日向は、山々が近く(七沢温泉も近い)空気が美味しく素敵な場所でした。



 2013年3月18日(月)

 このページ、久しぶりの更新となってしまいました。ご心配をおかけしていたようで、
 お客様や友人たちから、安否確認(?)の連絡がはいりました。
 いろいろなことが絶え間なく押し寄せる春。なんとか乗り越えていきたいものです。

 そういう時でも、フェイスブックの方では急ぎのお知らせや、お世話になっているお店の
 情報などを随時更新中です。

 イベントのページでは、詳細や追加で決定のものなど、少しずつ載せております。
 今年も各地で、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。


 2011年から参加させていただいている 「復興への種まきプロジェクト」
 パソコンの壁紙(背景)用画像をチャリティ出品しております。
 今月、新しい写真をアップしました。 「Magnolia」

 

 少し暗めの写真ですが、用途が壁紙なので、このくらいの方が目にもやさしく、
 アイコンも見やすいかも、と思いました。毎年、桜の季節に咲きだす好きな木です。
 壁紙は1枚100円から購入可能で、全額が復興支援のために寄付されます。
 3つのサイズをご用意しております。様々なイラストや写真の中から、
 お気に入りの一枚が見つかりますように。



 2013年2月17日(日)

 会期延長となりました「やかん展」も先日終了。多くの皆さまがご来場くださったそうで、
 出品参加させていただいた当店としましても、本当にありがたく思っております。
 ありがとうございました。

 今年参加させていただく他のイベントも、詳細が決まったり、ジワジワと準備進行中です。
 5月は愛知の「森、道、市場 2013」出店と、望雲さんでの3年ぶりの手ぬぐい展。
 このほかにもございまして。また決まり次第、イベントのページにてお知らせ致します。

 イベントのほかでは、新しいグッズのこと、染めのことも考えているのですが、
 カタチになるまでは、もう少し時間がかかりそうです。考えたり悩んだりするのも楽しい時間・・・。
 


 2013年1月29日(火)

 もうすぐ2月。そろそろ味噌も仕込みです・・・その前にもうひとつ甕がほしいけれど、
 狭い家なので甕ひとつにも考え込んでしまいます。年々手ぬぐいの柄も増えていて、
 在庫も増える一方。引越し人生ですが、また移動するかなぁ、と考えてみたり。
 団地好きなので、無印良品×URの団地再生コラムを読んでワクワクしていました。
 住まいと仕事部屋(または住まいと親世帯)が隣同士のリノベーション案はいいなぁ、と思います。
 大阪では来月から団地リノベーション物件の募集が始まるそうですよ。いいですね、
 早く関東にもおねがいします!

 さて、素敵なコレクションが人気の「やかん展」は、会期が2月6日まで延長となりました。
 「鉄瓶」手ぬぐいの販売も延長中です。このイベントを記念して発売させていただいた新色は、
 先日よりネットでもお求めいただけるようになりました。微妙な色合いなので写真に撮るのが難しく、
 サイトでご紹介するのが不安でしたが、ネット発売と同時に多くのご注文をいただきました。
 ありがとうございます。4色展開をする柄は、「鉄瓶」が初めてです。そんなに多くの色違いがなくても
 いいんじゃないか、と思っているからなのですが・・・増えれば増えたで楽しいですね。(あぁ引越し・・・)

 イベントですが、5月11日、12日に愛知県蒲郡市でひらかれる 『森、道、市場2013』 に
 出店予定です。出演される音楽家の方々、さまざまなジャンルのお店のご紹介は、
 公式ブログで始まっているようです。お近くのかたはぜひ、いらしてくださいね!


 このページ、2003年からお知らせや日々のことなどを綴ってきましたが、今年で10年。
 毎年リンクを貼りかえたり、過去記事も手軽にのぞけるように、と思ってきましたが、
 このままだと大変になっていくので・・・ブログに移行することにいたしました。
 ツイッター、フェイスブックとつかってきましたが、ブログは初めてなので どうなることやら・・・
 本格稼動しましたら、またお知らせいたします。


 昨日未明からの雪。同じ埼玉でも降っていないところがあり、局地的だったようです。
 朝陽に輝く雪がきれいでしたが、撮っている間にみるみる消えて、魔法がとけていくようでした。

 
 
 

 

 

 



 2013年1月13日(日)

 一昨日、昨日と、出品させていただいているイベントが続々初日を迎えました。
 昨年からの準備、納品などが無事に済み、ホッとしている休日です。
 
 11日はまず、写真展 『二川幸夫・建築写真の原点 日本の民家一九五五年』 の内覧会で
 汐留ミュージアムさんへでかけました。宙に浮いているような写真の展示方法も素敵でしたが、
 なんといっても、力強い、そして美しい民家の写真に圧倒されてしまいました。
 人々の姿はなくても、磨り減った板の間や畳から、井戸のふちの丸みから、
 そこでの暮らしのにおいが漂うようでした。飾るためではなく生活の知恵から生まれたかたち、
 その土地に伝わり続けたしきたり、信仰が生み出した佇まいは、風土の中に美しくとけていました。
 
 今はもうなくなってしまった家も村もありますが、写真を通して、当時と繋がれる気がしました。
 20代前半であった二川氏が各地を歩いて撮り、残してくださったこと、迫力あるプリントで蘇り、
 拝見できたこと・・・ありがたいことです。写真展は3月24日(日)まで開催です。
 (会期中のミュージアムショップに、当店手ぬぐいを並べていただいております。)

 


 汐留から六本木に移動、『粟辻早重のコレクション やかん展』 のレセプションパーティーに
 おじゃましました。イベントを記念しまして、「鉄瓶」手ぬぐいの新色 ”鉄紺色” を作りましたが、
 なんと、出かける直前に届いたのです!慌てて準備、なんとか初日に間に合いました。
 
 会場では、世界各地から粟辻さんのところへやってきた素敵なやかん達がずらり。それぞれの
 やかんにまつわる思い出、エピソードが添えられていて、出逢った時の嬉しさ、楽しさが
 伝わってきます。そういえば、子供の頃から、我が家にもいろいろなやかんがあったなぁ・・・と
 思い出しました。どの家庭にもあって、毎日使うもの、沢山の思い出がつまっている「やかん」。
 久々にうちの「やかん」も磨いてあげよう、と思いました。

 会場では、コレクションのほかに、「買えるやかん」、「デザインされたばかりのやかん」、そして
 粟辻早重さんの手仕事作品として、ご主人であった故・粟辻博さんデザインのテキスタイルを使った
 エプロンを展示販売中です。(当店の「鉄瓶」手ぬぐいも全色+新色を販売中です!)
 粟辻さんに新色をプレゼントすることができ、鉄瓶手ぬぐいを『素敵ね!』 とおっしゃっていただけて
 嬉しかったです。
 「やかん展」は1月23日まで開催です。詳しくは イベントのページをご覧くださいませ。


 そして、久しぶりに 「花筏」 が入荷しました。大変お待たせしてしまいました。
 今回の「花筏」は少し渋い色合いですが、眺めていると春がますます待ち遠しくなります。
 


 2013年1月8日(火)

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
 皆さまのお正月はいかがでしたでしょうか。

 クリスマス前から怒涛の日々が続いておりまして、まだ初詣にも行けていないという・・・。
 新年早々に新作や新色を発売、二つのイベントの準備に追われておりました。
 そのイベントも納品を終えつつあり、いよいよ数日後には始まります!
 『粟辻早重のコレクション やかん展』 に出品、そして
 『二川幸夫・建築写真の原点 日本の民家一九五五年』 の会期中、
 ミュージアムショップには手ぬぐいが並びます。
 どちらもとても楽しみです。詳しくは、イベントのページをご覧くださいませ。
 
 新作の『滝縞』は、発売から4日・・・なかなか好評で嬉しいです。
 清らかな色合いのグラデーション、ゆるい(!)縞文様・・・
 なんとなくですが、今の自分が求めている雰囲気が表れているように思いました。
 
 
 写真は・・・三が日を過ぎてから書き始めた年賀状。
 (時間切れでメールでご挨拶させていただいた皆様、ごめんなさい。)
 大きな消しゴムを引き出しの中に見つけ、久々にハンコを彫ってみました。
 新しい『槍梅』 の発売を記念して、槍梅ハンコです。

 

 2013年も、どうぞよろしくお願い致します。
 


 2012年12月28日(金)

 ネットショップからの発送業務は昨日で一旦終えましたが、お正月明けに控えるイベントに向けて
 年末年始は大忙しです。でも、来年に続く忙しさはありがたく、お客様からは
  『しっかり休んでください』 とあたたかいメッセージもいただき、今年もいい一年だったなぁ、と思います。
 皆さま、ありがとうございました。

 さて、年明け早々に新しくなった 『槍梅』 と、新作を発売予定です。
 槍梅は、トップページでもご紹介しております ねずみ色と、今までと同じ赤紫色です。
 枝や花のかたちは、以前より優しい雰囲気になりました。
 
 新作は、年の始まりに合わせて清々しい柄を考えていました。色合いも爽やかで、
 注染ならではの ボカシ染めが美しい手ぬぐいです。今まで、発売前に画像をご紹介することは
 ほとんどなかったように思いますが・・・今回は部分的にお見せします!『滝縞』です。
 (発売は槍梅と同じく、年明けとなります。)

 

 年内に発売できればよかったのですが、私の発注が遅かったため、納品予定は年明けでした。
 でも、染め屋さんは仕事納めの日に間に合わせてくださいました。年末のお忙しい時期に
 急がせてしまったと思います・・・いつもありがたいです。


 今年の失敗や悩んだことが、来年に活きますように。
 暮らしにそっと寄り添えるような手ぬぐい作りを、ていねいに、来年も続けていきたいです。


 さて、今年もあと少し。例年通り3家族分のおせち料理作りもあるのです!がんばらねば!
 それで、皆さま どうぞよいお年を。
 


 2012年12月26日(水)

 当店の今年の営業も明日までとなりました。
 いろいろと振り返る余裕もなく、毎年あたふたするこの時期・・・。
 仕事の合間にお正月用のお花や、おせち料理の材料集めにでかけますが、
 先週と今週ではお値段がずいぶんと違っているのに驚きました。
 来年は段取りよく、過ごしたいものです。

 現在、イベントのページは一部工事中なのですが、今までのイベント(2004年〜2012年)記事は
 別のページへ移しております。記事の移し変えをしていると、ひとつひとつのイベントが
 思い出されてほんとうに懐かしいです・・・。なくなってしまったお店もいくつかありますが、
 このページとともに、記憶に残していきたいです。
 
 さて、お正月明けには、ふたつのイベントに出品参加いたします。
 ひとつは、『粟辻早重のコレクション やかん展』 に、もうひとつは、
 『二川幸夫・建築写真の原点 日本の民家一九五五年』 です。
 どちらも興味深い内容で、拝見できる日が楽しみです!お出掛けの際はぜひ、
 当店の手ぬぐいたちもご覧になってくださいね。詳細は、イベントのページをどうぞ。
 
 まだ情報が解禁前で、お知らせできていないイベントもありますが、来年は今年以上に
 いろいろなイベントに参加予定です。どうぞお楽しみに。
 


 2012年12月14日(金)

 昨夜のふたご座流星群は見応えがあったそうですね。私は寒くて断念。
 新月の夜なので、きれいに見られたことでしょう。


 ・・・12月。ギフトのご注文が増えてまいりました。
 有料ラッピングほか、無料のPP袋(透明の袋)もございますので、
 必要な場合はご注文時にお知らせくださいね。


 「植物染め手ぬぐい」は、少しずつ種類が増えてきました。
 矢車(やしゃ)で染めた「鉄瓶(黒)」を追加いたしました。
 手袋をして染めるようにはしているのですが、つい素手で洗ったり、
 鍋の中に手を入れてしまうので、その日により指が赤かったり、黒かったり・・・
 買い物に行き、お金を渡すときの店員さんの視線にも慣れてきました。


 昨日は家族の退院祝いに聖天宮へお参り。(台湾の道教のお宮です)
 お告げにより選ばれた地を開墾し、台湾から宮大工さんを招き、15年かけて建てたそうです…。
 「神杯」を投げるおみくじなど、台湾を思い出しました。

  

 

 携帯電話のカメラでなんとなく撮りましたが、ちゃんとカメラを持っていけばよかった…
 本殿の天井は釘を使わずにらせん状に組まれた見事なものでしたが、撮影は禁止とのこと。
 ”三清道祖さま”に退院のご報告ができてよかったです。やはり健康が一番ですね。



 2012年12月4日(火)
 
 在庫ができてきましたので、「はぎれセット20枚組み」を再販しております。
 今年の春くらいから、男性からのご注文がジワジワと増えている「はぎれセット」。
 どんなふうにお使いなのか、もしかして手芸男子?とあれこれ考えてしまいます・・・。

 そして、来年早々、出品させていただくイベントがございます。
 詳細は後日、イベントのページにてお知らせいたします。
 今年もいろいろなイベントに参加させていただきました。お越しくださった皆さま、
 支えてくださった皆さま、本当にありがとうございました。来年も各地でイベント開催の予定です。
 
 
 ・・・今年の二月初旬に仕込んだ味噌が出来上がりました!
 優しい香りと味わいです。またもうすぐ、仕込む季節がやってきます。
 そう考えると、一年ってあっという間ですね。

 



 2012年12月2日(日)
 
 新しい 『槍梅』 の版下が仕上がりました。新春に間に合うのかな・・・。
 色は、いままでのもの(赤紫)と、もう一つ考えています。

 

 それにしても寒くなってきました。
 注染の職人さんたち、水仕事なので大変な季節・・・頭がさがります。



 2012年11月29日(木)

 
トップページでもお知らせしておりますが、今年の年末年始は、12月28日から1月3日まで
 お休みをいただく予定です。ご迷惑をおかけしてしまいます。
 (休業中もご注文は承っております。1月4日から順次発送となります。)
 今年もあと一ヵ月と少し!と思いつつも、まだ一ヵ月ある!ということで、新しい柄を考えたり、
  『槍梅』 の描き直しをしております。

 そして、『植物染め手ぬぐい』 も、この季節にせっせと染めておこうと思いまして、いろいろな植物で
 染めております。先日、ついにログウッドに再チャレンジしました。夏に失敗してから、気持ちがメゲて
 染める気になれなかったのです。問題はあれか?これか?思い当たることをいくつか書き出し、
 ジリジリと確かめるように染めていました。そして。ついに、うまく染めることができました!
 気をつけたポイントはいくつかありますが、どれがよかったのか、実はまだハッキリわかりません。
 奥が深い「植物染め」、とにかく精進あるのみです・・・。

 染料を煮出す鍋を覗いたり、染めている鍋の前に立つと、なにか懐かしいことをしているような、
 誰かと気持ちが通い合っているような気持ちになります。昔から、こんなふうに植物を煮出して、
 どんな色かな?染まるのかな?とワクワクしてきた人がどれほどいたのだろう、そしてこの今も、
 世界のあちらこちらで、鍋を覗き込んでいる人がいるはず・・・、と。

 

 



 2012年11月21日(水)

 突然ですが、我が家のバスタオルを紹介します。
 長い間使って色が褪せてきた手ぬぐいを、二枚縫い合わせたものです。


  

 

 「お出掛け用」の手ぬぐいは、一応、人目も気にしているので、色が褪せてきたら
 「家庭用」にします。二つ折りにしてランチョンマット、台所などでのお手拭きにしていますが、
 バスタオルにすることも。手ぬぐい一枚では心もとないので、二枚(色違いにするとカワイイ!)を
 合わせて一周を縫います。手縫いなので、スーッと糸を抜けば、また二枚の手ぬぐいに戻りますが、
 今のところ戻したことはありません。
 フワフワなタオルがお好きな方には物足りないかもしれません。
 でも我が家では拭ければいいので、ということでこれを使っています。
 かさばらないし、すぐに乾くのでおすすめです。

 



 2012年11月17日(土)

 本日追加の「植物染め手ぬぐい」は、矢車で染めた「六花(ねずみ色)」です。
 グレーの柄にグレーで染めること・・・渋い雰囲気が気に入っています。

 


 そして、そろそろ贈り物の季節・・・「ラッピング」のページを更新いたしました。
 有料ラッピングのほか、無料のOPP袋もお付けできますので、ご希望の場合はお知らせください。

 

 お客様からのご注文で、素敵な手ぬぐいの組み合わせにハッとすることがあります。
 贈る方への思いがあふれていて、エピソードを伺うと、ジ〜ンとしてしまうこともあります。
 私もいろいろと想像しながら、セット見本を考えてみました。鳥好きな方へ、甘いものが好きな方へ、
 海が好きな方へ、冬の情景など・・・36パターンを載せてみました。今後も少しずつ差し替えながら
 素敵な組み合わせを考えてみます!



 2012年11月15日(木)

 『植物染め手ぬぐい』 を染める日々です。
 夏の暑さの中では、煮える鍋のそばにいるのが辛くて(時々倒れそうになったり!)
 涼しくなるのを待っていました。涼しく、というより最近は寒くなってきましたが。
 あまり寒い時期になると、今度は水洗いや鍋の温度管理も大変に。
 ちょうどよい季節に染めようなんて、考えちゃダメですね。

 
 以前の白地の「風知草」を柘榴(ざくろ)で染めたもの。
 
  
  インド茜で染めて干したばかりの時。濡れ色はこんな鮮やかな色ですが、乾くと・・・

 
 色合いは薄くなります。でも、この優しい茜色が本当に好きです。

 一日に数枚しか染められないということもあり、サイトにアップ後すぐ完売、という状態が
 続いております・・・リクエストもいただいておりますので、これからの季節、続けて染めたいと思います。
 植物染めを始めた時から、染めるたびにノートに記録しているのですが、
 そのデータを更新しながら毎回試行錯誤が続いています。染めるたびに発見があります。
 (染液の抽出、下処理、染液の温度、洗う時の温度、干す時のこと、染める工程、媒染のこと・・・)
 絹やウールを染める本はいろいろみかけるのですが、木綿については、知りたいことが
 書かれていないといいますか、とても微妙なところに手が届かないというか・・・
 (いい本に出合えていないだけかも) 結局、自分でデータを取るのがはやい、と思い至りました。
 そもそも、台所で、ちんまりとやっているので、その中でよりよい染めを目指すには、
 この繰り返ししかないんでしょうね。
 

 そして、半年ほどお休みしておりました 『お客様の声』 のページが復活いたしました。
 改めて、この数年の間にいただいた ”声” を読み返してみました。沢山のリクエストをいただきながら、
 なかなか実行できていないこともあり、反省しつつ来年こそは!と思っていることもあります。
 ご感想をお寄せいただけることは、本当にありがたく励みになること。そして、お客様が実際になさっている
 様々な利用法は、手ぬぐい好きな皆さまにも是非ご覧いただきたいです。
 ご感想はメールにて、承っております。(お求めいただいた商品名(柄名)なども添えていただけると嬉しいです。)



 2012年11月4日(日)

 気温がずいぶんと下がり、お鍋やおでんが美味しい季節になりました。
 (我が家は昨日も今日もおでん。)
 それにしても、年々秋が短くなっているような気がします・・・。

 先週までお休みをいただきまして、お客様にはご迷惑をおかけしてしまいました。
 手ぬぐい屋の繁忙期を終え、久しぶりの旅にでておりました。山口と広島を歩きました。
 本来は、5月に尾道で個展をひらいていただいた際、うかがうはずでした。
 広島への思いを抱えて過ごした夏、仕事が落ち着いたら行きたいな、と考えておりました。
 そしてようやく叶い、尾道の「life:style」さんにご挨拶、そして広島市内の「84」さんにも
 初めてうかがうことができました。両店の素敵な空間に、手ぬぐい達が並んでいる眺めに
 ジ〜ンとなりました。

 直前までいろいろあり、旅を決行していいものだろうか、と悩んでおりましたが、
 フォローしてくださる方々、背中をおしてくださった一言などで、よし!と出掛けてしまいました。
 行ってよかったです。本当に、とてもよい旅でした。いただいたお心遣いや旅の経験が、
 自分に沈み込み、いつかまた新しい表現になって生まれてくれるといいのですが。
 戻るとお仕事が山積みでした。連日発送に追われておりますが、日常が待っていてくれる、
 ということは、とてもありがたいことです。

 以下は旅の写真から。(山口・錦帯橋、広島市内、宮島、鞆の浦、尾道)
 眺めていると、もう一度あの街を歩いているような気持ちになります。
 美味しいお店、観光スポット、素敵な情報をくださった方々に感謝いたします。

   

   

  

  

  

  

  

  

  

  




 2012年10月15日(月)

 先週、今年最後の出店型イベントを無事に終えることができ、ホッとしています。
 一人できりもりをしている小さな手ぬぐい屋なので、イベントのお誘いは嬉しいものの、
 きちんと対応できるのだろうか、開催される頃の自分や家族は元気でいるのだろうか、と
 実はいつも不安です。(イベントや個展のお誘いは、数ヶ月〜数年前からお声がけいただくので、
 大丈夫だと思っていても、家族の入院などが重なることもあり・・・昨年も今年もきつい時期がありました。)
 これからも、いろいろあるでしょう・・・。でも、できる限りをがんばろう、と思っております。

 
 昨日は、手ぬぐいの新作 『珊瑚』 と、新しい 『風知草』 を発売いたしました。
 『珊瑚』 は、以前から気になるモチーフでした。七宝のひとつであり、昔から魔除けやお守りとして
 人々の身近にあったもの。珊瑚もいろいろですが、そのカタチの面白さも表現したくて、
 今年の夏は珊瑚の絵ばかりを描いていました・・・。

 

 想像していた色より、珊瑚の赤が派手でびっくりしましたが、でも、海中の生き物には時々こういう
 派手さがあるのでいいのかな、と思ってみたり。海中のイメージで、地色は濃紺色です。
 (手ぬぐいの長さですが、100センチでお願いしたはずなのに、今回は少し短い97〜98センチでした。
 次回染める際は、また100センチでお願いしようと思っております。)

 『風知草』 は、発売からちょうど10年の節目なので、ほんの少しデザイン変更をし、色もかえました。
 今までは白地でしたが、今回は色地。夕闇の中の風知草がイメージです。


 節目といえば、お世話になっているお店が続々と記念日を迎えられていて、本当におめでたいです。
 浦和の「楽風」さんは今月20周年を迎えられ、「ラ・ロンダジル」さんは10周年、
 「旅猫雑貨店」さんも10周年!ロンダさん、旅猫さんはネットショップからスタートされていて、
 その頃よりお付き合いいただいております。手ぬぐい屋として無名の (わずか二年目の) 当店を
 見つけてくださったなんて・・・ご縁に感謝です。節目の年、本当におめでとうございます!!!



 2012年10月3日(水)

 日曜日(9月30日)は台風が迫る中、「くらしのmoto市2012」へお越しくださり
 ありがとうございました。なんとかお天気に恵まれ、過去最高の入場者数だったというお話もありました。
 私達が到着した8時半には、開場を待つ行列ができていました。年々パワーアップしているmoto市です。

 野外のイベント出店は久しぶり(というより、初?)なので少し緊張していたのですが、
 移ろう日差しや風を感じながらの店番は気持ちのいいものでした。(蚊には刺されましたが。)
 ライブ演奏やお客様の歓声が風に乗って聞こえてきたり、近くの池では鯉が跳ねる音がして
 お昼寝したくなるような気持ちのよい場所でした。

 手ぬぐいを選ぶお客様の楽しそうな様子を眺めているだけで、こちらも幸せな気分に。
 『 昨年、ここで買いました! 』 と見せてくださった手ぬぐいが、いいかんじに色褪せていて
 日々のご愛用をありがたく思いました。お取引先の方、手ぬぐいを染めてくださっている方、
 今後イベントでお世話になる方もみえて、いろいろなお話ができました。
 
 店番の合間に、近くのお店をのぞいて買い物をしました。これがとても楽しみなのです!
 BOOK TRUCKさんでお料理本を、沖原沙耶さんのブースで素敵なおしゃもじを買いました。
 (沖原さんは、うちの手ぬぐいをご愛用でした!嬉しい。) 寅印菓子屋さんのお菓子は休憩中に。
 気になるお店が沢山出店されているというのに、店番をしていると なかなか全部を見てまわることが
 できなくて・・・お買い物も近いブースに限られましたが、それでも楽しめました。
 この日の様子は、イベントのページに後ほどアップいたします。


 そして、今度の日曜日(10月7日)は、『Jiモール大バザール&森の市2012』 です。
 あひろ屋としては今年最後のイベント出店となります。
 イベントのページでもお知らせ中ですが、手ぬぐいのハギレを どど〜んとお持ちしたいと思っています。
 一枚からお求めいただける ”選べるハギレ” です。ハギレ・ファンの皆さま ぜひ!
 場所:自由の森学園(埼玉県飯能市) 時間:10時から16時 あひろ屋の出店場所:中学校舎1階
 
 秋の飯能は気持ちがいいものです。秋草が揺れ、近くには名栗川も。のんびりと秋の日を
 一緒に楽しみませんか。盛り沢山なイベントなので、詳しくは公式サイトをご覧くださいませ。



 2012年9月23日(日)

 数日前から一気に10度ほど下がり、肌寒いくらいです。彼岸花も咲いています。
 ようやく秋ですね・・・。
 

 来週日曜日(9月30日)は、『くらしのmoto市2012』、その一週間後(10月7日)は、
 『Jiモール大バザール&森の市2012』に出店いたします。ジワジワと準備中です。
 この二つのイベントが今年最期の出店イベントとなります。
 詳しくは、イベントのページをご覧くださいませ。少しずつ更新しております。


 新作と、新しい「風知草」の版下は染め屋さんへ・・・また微妙な色合いをお願いしてしまいました。
 どうなるのかしら、という期待と不安でドキドキしています。染め上がりが待ち遠しいです。

 

 これは、染め屋さんへ希望の色をお伝えするために添付している色見本です。
 手ぬぐいの白生地に、顔料で染めました。手ぬぐいは染料なので同じ色合いにはなりませんが、
 希望の色の雰囲気、目安をお伝えする際に使っております。
 『日本の伝統色』など、カラーチップを使うこともありますが、あの中にも希望の色が
 見つからないことが多く、また、紙に印刷されたものよりも、布に染まったものをお渡しする方が
 わかりやすいのかな、と思ってみたり。


 ・・・最近、7〜10年ぶりくらいにご注文をくださるお客様が続きました。
 あの頃は、わずか数柄しかなかったのに、ずいぶんと増えましたね、というメッセージをいただくと、
 嬉しくもあり、しかし、まだこれだけか・・・という気持ちでガックリします。生きているうちに、100柄は
 厳しいのかなぁ。100柄目を発売する時には、なにか大きなイベントを計画してみたいです。



 2012年9月12日(水)

 今月末の30日は、町田市忠生の簗田寺(りょうでんじ)さんでひらかれる
 『くらしのmoto市2012』 に参加いたします。昨年に続き2回目の参加なのですが、
 今年も気になるお店が沢山あります!(お店番だと、なかなか買い物には行けないという悲しさ・・・)
 ライブ、座禅会、ワークショップなどもあり、賑やかな楽しい一日になりそうです。
 皆さまもご家族やご友人と一緒にぜひ。詳しくは 公式ブログ をご覧くださいませ。
 出店者の紹介ほか、様々なお知らせが日々アップされております。


 ・・・新作と、リ・デザイン『風知草』の版下は仕上がりました。
 色のこと、染めのこと、悶々と考えていましたが、まずは染めてみないと。
 初回の染めの時はいつも、期待と不安で落ち着きません。
 下の写真は、リ・デザイン『風知草』の版下を描いているところです。
 10年前の柄を写して、線を直しつつ描いています。大きく変更も考えましたが、
 あの頃のおおらかな線で、のびのびと揺れる風知草をそのままに、また描いていきました。
 10年前の今頃、長瀞に自生する風知草を見に行ったこと、帰り道にススキをとって帰ったことなど・・・
 柄と一緒に、様々な思い出が蘇ります。
 
 



 2012年9月5日(水)

 どこへも行かずに、ベランダのゴーヤを熱心にかじり続けている大型のシャクトリムシ。
 苦くはないのだろうか、他にもいろいろあるのに、とおせっかいな事を考えてしまう。
 今年は植え付けが遅かったので、今頃最盛期のゴーヤ。どんな植物でも、ブラブラと実が
 なっている眺めはいいものです。

 最近、新しい柄のことを考えています。
 はじめは描くよりも、頭の中で形や配置、色合いを自由に考えるのが効率よく、紙もいらないし、
 消さなくてもいいし、寝る前であれば楽しい気分でそのまま寝てしまえるのがいいのです。
 翌朝、内容を覚えていなかったら諦めることにしていますが、これだ!と思った色や形は、
 不思議とよく覚えています。その柄にとりつかれる感じが高まると、下描きしてみます。
 繰り返し描いていると手が覚えてきて、線や形がいきいきすることもあるし、手ぬぐいの柄には
 合わないかも、と気づいたりもします。手ぬぐいになるまで、じっくりと。温めている時間が
 楽しかったりします。

 イベントのこと、復興手ぬぐいプロジェクトのこと、休止している『お客様の声』のページのこと、
 お知らせしたいことがございますが・・・それはまた次の機会に。
 お客様の声のページ、休止中ですみません。有料フォームをレンタルしていたのを止め、
 ページを作り直そうと思っていたら、頓挫してしまって。ショッピングカートもレンタルを止めて、
 お買い物ページも作り直したいのですが、それはちょっと先になりそうです。(真冬に予定)
 お取引先のイベント情報、ちょっとしたお知らせは あひろ屋Facebookページ にアップしています。
 そちらもぜひご覧くださいませ。(それにしても、利用される方が増えましたね、フェイスブック。)



 2012年8月26日(日)

 8月も下旬ですが、厳しい暑さが続いております。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
 冷たいものがまだまだ美味しい季節、でも、夏に「冷え」を溜め込むとあとが大変なので、
 冷たいもの、冷房は控えめに過ごしております。そんなことを考える夏のおわりです・・・。


 さて、お待たせしておりましたが 手ぬぐいの『箸格子』 が入荷致しました。
 新色の黒も仲間入りしました。3色も並ぶとなんだか嬉しいです。
 (赤は始めの頃に少し色落ちしますので、お洗濯の際はお気をつけくださいませ。)

 


 そして、ありがたいことに、すでに来年の春から夏のイベントの予定がいっぱいに。
 新作も着々と出していかなくては!と思います。
 

 秋には『風知草』が復活しますので、どうぞお楽しみに。しばらく販売をお休みしていたので、
 『廃番ですか?』というお問い合わせをいただきますが、今まで、あひろ屋は廃番にした柄は
 ありません。(「縞」も廃番にしたのではなくて、注染では難しい、ということで保留中の柄です。
 あと、「簾」もいずれ復活予定です。) 
 
 開店当初から思っていたことは、生み出した柄を廃番にはしたくないということ。
 染める上でデザインを改める必要があったり、リ・デザインする、ということはあっても、
 発売した柄をおしまいにするというのは、ちょっと考えられません。一つ一つに思い入れがあり、
 (柄によってはある個人に捧げられているものもあり)、稚拙であっても、その時の自分の表れなので、
 大切に一緒に生きていこうと思っています。それぞれの柄を描いていた時の自分の思いや、
 染める際に、染め屋さん(職人さん)たちと交わした言葉、その時の情景などを不思議とよく覚えています。

 そして、お客様からいただいたご感想、柄にまつわるエピソードなどをうかがっていると、
 あひろ屋の柄はすでに、私一人のものではないんだなぁ、と感じることがあります。
 それなので、勝手に廃番!ということはできないし、今後もするつもりはありませんので
 (あまり売れなくても!・笑) ご安心くださいませ。


 涼やかな声で楽しませてくれていた鈴虫ですが、その声が日々細くなり、いろいろと悩みました。
 残り少ない時間であれば、虫籠の中で終わるより風を感じる野の方がいいのかな・・・
 でも虫籠育ちの彼らにとっては、野の世界は危険がいっぱいで大変なのかもしれない・・・。
 結局、陽が暮れた時間にそっと野に放しました。元気が残るうちに、草の上を歩かせてあげたいと思いました。
 空になってしまった虫籠は寂しく、野菜を切るたびに、「もう鈴虫用はいらないんだった」と思い出します。
 昨夜、窓を開けていると、秋の虫の声が聴こえてきました。あの鈴虫たちも鳴いているかもしれません。
 ・・・そうそう、虫籠の土の中には沢山の卵を残してくれましたので、来年の春が今から楽しみです。



 2012年8月15日(水)

 本日まで夏休みをいただきまして、本当にありがとうございました。
 明日より出荷を再開いたします。ご注文くださった皆さま、もうしばらくお待ちくださいませ。


 お盆ですね。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
 久しぶりの休暇は、お取引先のお店を訪ねたり、蓮見に出かけたり(古墳や埴輪を見たり)、
 畑にうちこんだり、写真を撮ったり、本を読んだり、家族と散歩したり・・・
 のんびりと、ささやかな、休息の時間を過ごしました。気力体力が戻ってきました。
 (実は7月後半からバテていたみたい・・・)


 また来月、再来月とイベントが続きます。イベントのページを少しずつ更新しておりますので、
 時々のぞいてみてくださいね。
 

 

 

 

 
 オニバスの池でチョウトンボ発見!



 2012年8月6日(月)

 居間では、飼っている鈴虫がリーンリーンリーン・・・と鳴いています。
 最近は、卵も産み始めていて、来年が楽しみになってきました。
 彼らは水をよく飲むこと、昼間でも夜中でも鳴いていること、匂いに敏感なのか、
 にぼし粉をあげると、すぐに近づいてくることなど、一緒に暮らすことで
 毎日発見があります。

 


 トップページでもお知らせしておりますが、今年はお盆休みをいただくことにいたしました。
 8月9日から15日は発送業務を休ませていただきます。ご迷惑をおかけしてしまいますが、
 どうぞよろしくお願い致します。



 2012年7月29日(日)

 ラ・ロンダジルさんでの 『 あひろ屋手ぬぐい店 七 』 は無事終了致しました。
 暑い中、ご来店くださった皆さま、(Facebookでは情報をシェアしてくださった皆さま)
 支えてくださった皆さまに、心より御礼申し上げます。
 そして、発送をお待たせしてしまった皆さまにも・・・ご理解に感謝いたします。

 いろいろと至らぬ点もありました。この反省は、今後にいかしていきたいと思っております。
 
 今年も、沢山の励ましと、幸せな瞬間をいただきました。
 私にできることは、コツコツと手ぬぐいを作ることだけです。感謝の気持ちは手ぬぐいを通して
 皆さまにおかえししてゆけるよう、今日からまたがんばります。



 2012年7月27日(金)

 暑中お見舞い申し上げます・・・
 猛暑が復活し、セミの声も大きくなってきました。
 
 現在、ラ・ロンダジルさんでひらかれている 『 あひろ屋 手ぬぐい店 七 』 は
 いよいよ明日、最終日です。今年の展で人気の「注染+植物染め」手ぬぐいですが、
 いつもすぐに完売してしまって、お手にできなかった皆様には申し訳なく思っております。
 そこで、最終日の明日は、少数ですが矢車(やしゃ)で染めた手ぬぐいをお持ちしたいと
 思っております。暑い季節に、熱々の鍋の横にいるのは正直キツイのですが、がんばって染めました!
 
  

 明日は神楽坂祭り(阿波踊り)で街中お祭りの熱気に包まれていると思います。
 そんな日に、最終日を迎えることができるのは嬉しく、楽しみです。
 あ、最終日はお店の閉店時間が通常より早まります。18時閉店です、どうぞよろしくお願い致します。

 それでは、皆さまのご来店をお待ちしております!
 


 2012年7月20日(金)

 関東も梅雨が明けた17日、ラ・ロンダジルさんでの 『あひろ屋手ぬぐい店 七』 が始まりました。
 初日は開店前からお店に並んでくださった方もいらして、それなのに私は遅刻して、ご迷惑をおかけしました。
 (駅に着いた時にアイロンが気になり、一旦家にも戻りました。アイロンはコンセントも抜いてあり、無事でした。)
 猛暑の中、多くの方にお越しいただけて とても嬉しかったです。
 (初日の展示の様子はイベントのページにアップいたしました。今年も小路苑さんが活け込んでくださった
 花々がとても美しいです!)

 DMでもご紹介の 『植物染め』 と 『琉球藍染め』 手ぬぐいは、初日に品薄になってしまい、
 3日目には完売、とのご連絡をいただきました。藍染めの方は追加納品がございませんが、
 植物染めは、矢車とインド茜を染めましたので、21日のお店番の日にお持ちしたいと思います。
 まだ、”染めたて”なので、お求めくださった方は、しばらく暗所にて保管をお願いします。その方が
 染め色が定着し、色落ちを少し防げると思います。

 その人気の 『琉球藍染め手ぬぐい』を染めてくださったTextile COCOON の西川晴恵さんが
 初日にお店に来てくださいました。私の植物染めもご覧いただきましたが、なんとなく緊張。
 ・・・先週、藍染め手ぬぐいを受け取りに、泡盛をかついで、西川さんのお宅へお邪魔しました。
 (泡盛は西川さんに召し上がっていただくためではなくて、お世話になった琉球藍の藍甕に、です!)
 染めに関する貴重なお話や、アドバイスの数々をいただき、とても心強く思いました。ひとり悶々と
 染めていたので、本当に励まされました。その日はなんと、藍染めも体験させていただきました!
 藍染めの世界も奥深いです・・・。糸から染めて、織って、作品を作られている西川さん。
 ぜひサイトをご覧くださいませ。素敵ですよー。
 
 
 ・・・とイベントを続けつつ、日常業務もがんばっておりますが、どうしても発送が遅れがちです。
 お待たせして本当にすみません。一人で運営していくことの課題はこのあたりにもありますが、
 来年はやはり、この季節のご注文やイベントのバランスをしっかり考えてみたいと思っています。
 さて、今夜もとにかく納品準備。明日はラ・ロンダジルさんで一日お店番です。涼しいようですので、
 神楽坂散歩もかねて、ぜひお立ち寄りくださいませ。



 2012年7月13日(金)

 こちらのページ、すっかりご無沙汰してしまいました。
 イベントや出品が相次ぎ、また一年で一番ご注文をいただく季節でもあり、
 毎日を全力で突っ走っているような気分です。

 そんな時に、ハゼを剪定していたらカブレてしまい・・・今後はウルシ科の植物はダメらしいです。
 マンゴーも大好きなのに。今まで平気でも、ある日突然ダメになってしまう、というのは寂しいものです。
 ハゼの盆栽も、10年ほどかわいがっていて、一度もカブレたことはなかったのに。今後は気をつけて
 かかわることにします。マンゴーも口に入ってしまえば問題ないそうなので、大口開けていただくことにします!

 イベントのページでお知らせしているのは、主に当店が出展・出品している情報です。
 そのほかの楽しそうなイベント、お取引先のお店が開催するイベントにつきましては、
 Facebookの方へアップしております。のぞいてみてくださいね。


 さて、来週17日(火)からは、ラ・ロンダジルさんの 『あひろ屋手ぬぐい店 七』 が始まります。
 今年は植物染めをご覧いただけます。どうして手ぬぐいをわざわざ染めているのでしょうか?
 それは、注染の手ぬぐいは、ちょっとしたシミや柄のブレなど、商品にするのはちょっと・・・という
 B品がでやすく、それらの手ぬぐいのことを考えていました。ハギレ、小物にする、などアイディアも
 ありますが、手ぬぐいとして、もう一度命を吹き込めないか・・・と思い、さらに染めることにしたのです。
 (染めてみると、シミやムラなどは目立たなくなりました。)

 台所で染めても安全で、排水処理が難しくない自然に近い方法、ということで、植物染めを
 選びました。木綿に染めるのは大変で、色を出すにはじっくりと向き合い、火加減や作業の
 一つ一つを丁寧に、何度も何度も染め重ねるしかありませんので・・・数はそれほど作れません。
 しかし、ようやく出逢えた色は美しく、これが植物の持つ色なのか・・・と毎回感動しています。
 色褪せもしやすいのですが、使うたびに少しずつ変化する色も愉しんでいただけたら、と思います。

 そして、なんといっても、Textile COCOON 西川晴恵さんとのコラボ手ぬぐいが素敵です!
 琉球藍で発酵建て!藍の調子をみながら、いい時期を選んで染め重ねてくださった手ぬぐいは
 深い藍色です。(試作で、『風知草(丁子茶)』を染めていただいたら、まったく柄が見えなくなり
 色の深さに感心しました・・・)数に限りがございますので、どうぞお早めにご来店くださいませ。
 初日、土曜日は私もお店に立ちますので、お声がけくださいね。


 クタクタになっていたある日、京都に住む友人から、美味しいものが沢山届きました。
 湯葉のいろいろ。(さしみゆば、小巻ゆば、折れゆば。小巻ゆばに添えると美味しいという
 酢味噌とキノコまで!)もろみ味噌、京野菜を数種類。お料理メモもついていました。
 写真はその時の賀茂茄子です。焼いた時にぬる白味噌まで付いていました。
 本当に美味しかった。思いのこもったものは、こうして心まで包んでくれる、ということを
 しみじみと感じました。
 暑くなってまいりましたので、皆さまも美味しいものを沢山食べて、夏をのりきってくださいね。

 



 2012年6月26日(火)
 
 蒸し暑かったと思えば、昨日のように急に涼しくなったり、
 先週は6月にしては珍しく台風が上陸したり・・・と気候が安定しませんね。
 皆さまもお体にはお気をつけくださいませ。

 さて、先月よりイベントが続いておりますが、現在もいろいろ進行中です。
 そして来月は毎年恒例、ラ・ロンダジルさんでの 『 あひろ屋手ぬぐい店 七 』 !
 植物染め手ぬぐいを、ずらり、と並べてみたいと思っております。
 私がお店にいる日など、詳細が決まりましたら、イベントのページにてお知らせ致します。

 いよいよ扇子が活躍する季節、ということで扇子へのご注文が増えております。
 添えていただいたメッセージには、『「牡丹」の扇子を愛用していましたが新調したくて。』 、
 『以前いただいたので、今度は友人に贈りたい!』 というご愛用されていた方からのコメントもあり
 とても嬉しいです!(「牡丹」の扇子って、ずいぶん前ですよね・・・)
 私は手ぬぐいでクルッと扇子を巻いて、バッグに入れて持ち歩いています。扇子ケースのことは
 販売を始めた当初からご要望が寄せられていたのですが、今年は試作をお願いしました。
 来年にはお披露目できるといいのですが。


 さて、和菓子屋さんでは 『水無月』 が並び始めましたが、関東では知らない方も多いお菓子。
 (私も東京生まれで馴染みがなかったのですが、この季節限定のお菓子にいつの間にか惹かれ、
 毎年の楽しみになりました。夏越の祓に!) 見たことない・・・という方には、「水無月」手ぬぐい
 意味不明なものに感じられると思い、そのお菓子の写真を載せてみました。あ!知ってる、と
 いう方もいらっしゃるかも。京都では、いろいろな種類の水無月が売られるそうですよ。いいですねぇ。
 

 そして6月といえば梅仕事。今年も梅酒を仕込みました。
 梅サワー、梅シロップ、梅味噌も作りたいけれど・・・、ぼやぼやしているうちに
 梅の季節が過ぎていきそうです。

 



 2012年6月16日(土)
 
 瞬く間に二週間が経過・・・
 当店始まって以来の忙しい日々で、発送までにお時間をいただいてしまったり・・・、
 ご迷惑をおかけしております。来月いっぱいは、この慌しさが続くと思われますが
 無休営業でがんばります!


 スーベニイルさん(岐阜市)、life:styleさん(尾道市)での手ぬぐい展も、無事終了いたしました。
 多くの方にお越しいただいたそうです。本当にありがとうございました!
 展示の様子などは、イベントのページでご覧いただけます。
 今後の出展・出品予定なども、詳細が決まり次第アップしてまいります。
 

 そして、イベントにて先行発売中でした手ぬぐいの新作 『箸格子』
 赤がカワイイ、とおっしゃっていただいてけて嬉しかったです。
 真っ赤に微妙なえんじ色が入っているような、落ち着いた、でも目をひく色。
 当店の和紙ラッピングに使用している、あの赤い和紙を色見本にしたのですが、
 そっくりな色に仕上げてくださいました。朽葉色も落ち着きのあるいい色です。

 以前、就いていた仕事場で見た、美しい眺め。それがヒントになって生まれた柄です。
 お箸 + 格子 って、ありそうでない組み合わせ!とひらめいた時には嬉しかったのですが
 お箸にしては太くないか?と、今でも少し気になっています。でも細すぎると地染めなので
 柄が染まってしまうし、ギリギリの判断でした。
 

 ・・・考え込んだり、気持ちが落ち着かない時は、ベランダの植物たちを眺めたり、
 畑に行って座っていると、不思議と心が軽くなります。土に触れたあとには
 モヤモヤしたものが去っていて、元気がもどってくるような気がします。
 植物はいつもすばらしいな。

 写真は、インコたちも大好きなチャービル。毎年、タネがこぼれて、育って、またタネが・・・と
 何年も繰り返しています。

 

 
 
 (・・・これを書き終えた時、大飯原発再稼動決定、との速報。かなしい。)
 


 2012年6月2日(土)
 
 色づくアジサイが美しいですね。空気もしっとりとしてきました。
 ベランダでは、グリーンカーテンの準備中です。今年はゴーヤ、風船かずら、朝顔、夕顔の予定です。
 (昨年チャレンジしたキューリとヘチマは、いまいちだったので今年はやめておきました・・・。)
 ヒョウタンも楽しそうなので、来年はチャレンジしてみたいです。


 さて、一昨日より尾道の life:style さんで 『あひろ屋 手ぬぐい展』 が始まりました。
 ほぼ全柄の手ぬぐい、扇子、風呂敷のほか、手ぬぐいの新作、Textile COCOON 西川晴恵さんとの
 コラボ手ぬぐい 「注染 + 琉球藍染め手ぬぐい」 をお披露目させていただきました。
 (お問い合わせを多くいただきましたが、コラボ手ぬぐいはイベント限定発売品です。
 ネットでの販売はございません。) 

 植物染めで手ぬぐいを作り始めたものの、藍染めはうまくいかず、でも作りたくて悶々としていた時。
 染織家の西川晴恵さんとのご縁により、今回のコラボレーションが実現いたしました。
 藍色の濃さについては、試作品をいくつか染めていただき、この色合いに決めました。
 沖縄産の琉球藍で、昔ながらの「天然発酵建て」という技法にて染められているそうです。
 化学薬品は使わず、琉球藍の泥藍、泡盛、水飴、木灰汁、水のみを使用。
 藍のコンディションを高め、維持し、美しく染め上げるためには、愛情と根気が必要と想像します。
 丁寧なお仕事から生み出される深い色合いを、お楽しみいただければと思います。


 

 
 この展示会のためのメッセージを考えている時に、様々なことを思いました。
 手ぬぐい、って、どうして日本で生まれて、ずっと使われてきたのだろう・・・ということや、
 展示会をひらいていただけることについて、などなど。
 ひとつのイベントがひらかれる時、本当に多くの方のお力をいただいています。
 そして、お出かけくださる皆さま、ありがとうございます!

 life:styleさんより、展示風景の画像を送っていただきました。
 イベントのページにてご紹介しております。(素敵にディスプレイしていただき嬉しいです。)
 手ぬぐい展は 6月12日まで開催です。
 

 そして・・・欠品しておりました手ぬぐい 『折紙(灰色)』 が入荷致しました。
 色は、以前よりも少し青味が加わった灰色に変更になりました。
 大人っぽいイメージの折紙柄になったような・・・いかがでしょうか。



 2012年5月22日(火)
 
 本日スカイツリーが開業。盛り上がっているようですね。
 (ほとぼりが冷めた頃、出掛けたいと思っています・・・)
 
 盛り上がる、といえば、昨日の金環日食!朝から空を見上げてドキドキしていました。
 皆さまはご覧になりましたか。地域により様々だったようですが、こちらは運よく見ることができました!
 金環の頃には、あたりが夕方のような不思議な明るさになり、影も見慣れない形になり・・・
 本当に貴重な体験でした。
 (日食写真は撮れなかったのですが、木漏れ日を。薄雲がかかり弱い光ですが、
 見たことのない影ができていました。)

  

 


 さて、岐阜ではスーベニイルさんの『今様手ぬぐい展』が進行中ですが、来週からは
 広島の life:styleさんで「あひろ屋 手ぬぐい展」が始まります!
 今週は準備でバタバタしておりますが、広島の皆さん、待っていてくださいねー!
 詳しくは、またこちらのページやイベントのページでお知らせ致します。
 
 ・・・本当は、私も会期に合わせて広島へ出掛ける予定でした。ガイドブックを隅々まで
 読んだのに。広島の知人にも連絡したのに。飛行機も調べたのに。でも、今回は諸事情があり
 埼玉から手ぬぐい展を応援しております!手ぬぐいたちが、いつも羨ましいです。
 私の出掛けたことのない地域へ、国内各地、そして海外へも飛んでいくのですから。


 あるプロジェクト、ある催事、そしてもうひとつの展示会。大きなものをいくつも背負って、
 さらに夏へ向かって忙しい季節に入り、かつてない超繁忙期の中におります。
 腱鞘炎との戦いになってきたのですが、できるだけオーダーストップをしないように、
 がんばるつもりです。(・・・でも、発送は少々遅れ気味に。お品切れも。本当にすみません。)



 2012年5月11日(金)
 
 もうすぐ母の日。
 多くのご注文をいただきまして、ありがとうございました。
 本日、母の日ギフトのご注文受付は終了いたしました。
 皆さまの「お母さん」を思う気持ちは大きくて・・・本当に特別の日であることが伝わってきます。
 扇子や手ぬぐい、これからの季節にきっと活躍してくれると思います!

 そして、本日からスーベニイルさんで開催の「今様手ぬぐい展」第二弾に、当店も参加しております。
 手ぬぐい、扇子、風呂敷を並べていただいております。お近くのみなさま、ぜひお出かけください。
 当店のほか、Nunochieさん、にじゆらさんも参加されているそうです。
 詳しくは、 イベントのページ をご覧くださいませ。


 ・・・友人たちと食事にでかけた時のこと。
 その席で 『11周年おめでとう!』 と、かわいいお花をもらいました。
 鮮やかな色のダリア!12年目もがんばります。
 
 



 2012年5月2日(水)
 
 本日、あひろ屋は11周年を迎えました。

 一柄からの出発で、先のことなど見えない日々でしたが、手ぬぐい作りの楽しさと、
 皆さまからの支えがあって、この日があります。
 お世話になった皆さまに、心から感謝申し上げます。
 
 最近は、駆け抜けた10年とは違う重みを感じていますが、当初と変わらない作業を
 今日も淡々と繰り返していました。鋏ダコができた指が、いつか節くれて、そして動かなくなる日まで。
 淡々と繰り返せる仕事が与えられていることの ありがたさをおもいます。
 
 言葉にすると、たったこれだけのことになってしまいますが・・・
 感謝の気持ちはこれからの仕事で、お返ししていきたいと思います。
 
 これからも、よろしくお願いいたします。


 
 2001年、初めての版下を描いているところ。( 『鉄瓶』 )
 


 2012年4月22日(日)
 
 今年も、ようやく 『手ぬぐい扇子』 が発売となりました。
 準備を始めるのは秋、半年かけてのお披露目が完了・・・なんだかホッとしております。
 今年は発売前から、Facebookで画像を掲載しておりました。お店の皆さま、お客様からは
 早速コメントをいただけて嬉しかったです。(サイトに載せるべきかな、とも思ったのですが、
 発売前に紛らわしいだろうと思いやめました・・・) 
 
 3柄は、どれもかわいらしいかんじで、色合いも涼しげなものばかりです。
 母の日に、これからの季節に、バッグに入れて持ち運べるエコな小物、
 扇子をよろしくお願いいたします!

 


 そして、 『梅霞』 の新色が加わりました。露草色です。
 この色は淡群青色を染める際に、染め屋さんがうっかりしてしまい・・・出来上がりました。
 素敵な色で、染まりも美しいので発売することに。でも枚数が限られておりますので
 なくなり次第、終了となります。気になる方はどうぞお早めに。


 もうすぐ大型連休ですね。当店は休まず営業いたします!
 
 そして来月2日は、当店も11周年を迎えます。
 (早々にオメデトウのプレゼントをくださった方も!ありがとうございます!)
 気が付けば11年、でもこの間には数え切れない方々の支えがあって・・・今があります。
 本当に、ありがとうございます。



 2012年4月14日(土)

 
昨日からの雨で、桜はほとんど散ってしまいました。毎日眺めていたのに、
 なんだか夢を見ていたような気分です。(下の写真は3日前に撮影。)

 

 この半月ほど、お客様と電話やメールでお話する時はいつも桜の話題がありました。
 こちらでは葉桜になりつつあるのに、開花はまだこれから、という地域も。
 日本って広いですね。桜前線はどんどん北上しているのですね。
 (それにしても、桜関連の柄が増えました。『桜』、『花鳥』、『花筏』、『枝桜』・・・)


 さて、トップページでもお知らせしておりますが、来月末から広島で個展を開催予定です。
 life:styleさんは、5年ほど前からのお取引先なのですが、手ぬぐい展のお話をいをいただいた時は
 本当に嬉しかったです。そして、広島でのイベントは当店としても初めてなので、
 ワクワク・ドキドキしながら準備を進めております。また新しい情報等はイベントのページ
 facebookでお知らせしてまいります。


 季節的に手ぬぐいが動き出しているので、欠品商品が増えてきてしまいまして、
 皆さまにはご迷惑をおかけしております。手染めなので、すぐに入荷ということは難しいのですが
 真夏に向けて、欠品を増やさないよう気をつけていきたいと思います。
 今年こそは、『簾』 と 『風知草』 を再販しなくては!



 2012年4月10日(火)

 今日もとても暖かい。春っていいですね。
 昨年の今頃、シメという鳥がベランダ前の木にやってきて、それは嬉しかったのですが、
 今年はまだ姿を見ていません。私が気づかないうちに、渡っていってしまったのかも・・・。

 さて先日、新作の 『枝桜』 を発売いたしました。
 関東の満開時期と重なりましたが、ちょっと発売が遅かったような気も・・・
 でも、この桜はソメイヨシノではないのです!これから本番のヤマザクラ系です。
 
 リズミカルにうねる枝を描くのが楽しかった今回の柄。ポイントは、枝ですべての花々が
 繋がっているというところです。(実はひとつに繋がっている・・・というモチーフ(テーマ?)が
 好きみたいで、9年前に描いた 『花鳥』 も、すべての木が花と枝で繋がっております)

 新柄をだすときは、何かしら新しい挑戦をしているつもりですが、今回は「さんご色」と表現した
 オレンジ系の色でした。今までこういう色で染めたことがなく、やや不安だったのですが、
 濃淡ボカシ染めということもあり、強すぎず、かわいらしい手ぬぐいに仕上がりました。
 「ぶどう鼠色」は版下製作中にずっと思い描いていた色。こちらは落ち着いた雰囲気です。

 色といえば、『南天』の新色も発売となりました。とくさ色です。
 フェイスブック上のアンケートにて、皆さまにご意見をうかがいました。人気があったのが
 この色で、早速発注。染め上がった手ぬぐいはスッキリとした印象で、これからの季節にも
 よさそうです。・・・どんな色がいいでしょう?という私の問いかけに、大勢の方がこたえてくださり、
 そして染め上がりを楽しみにしてくださったことが嬉しかったです。またこんなふうに、
 皆さんと一緒に悩んだり、作ったり、してみたいと思います。



 窓からは、いつも桜が見えています。満開を過ぎてはらはらと散る様子が美しいです。

 

 先週末は、友人達とお花見。春の一日をのんびりと、楽しく過ごしました。
 桜の季節の思い出がまたひとつ増えました。
 皆さまもどうぞ素敵な春の日々をお過ごしください。



 2012年3月31日(土)

 朝から嵐のような天気。ようやく開いた雲龍椿も雨にぬれてしまいました。

 
 
 ・・・3月があっという間に過ぎていこうとしています。
 今月はラッピングを希望されるご注文が多かったと感じます。
 皆さまの大切な節目に、お手伝いさせていただけたことを嬉しく、ありがたく
 思っております。手ぬぐいの柄もいろいろなので、季節や好みのほかに、
 贈り主さんが込めた思いもあり・・・。


 新作の手ぬぐいはまだ染め上がってこないのですが、次の柄の下書きを始めました。
 気分がのっている時に、どんどん描いておかないと!これからイベントも続きますし、
 染め屋さんも忙しい時期に入りますので、ぼやぼやしてはいられません。

 
 当店のこのサイト、開店以来ほとんどスタイルが変わっていないので(10年以上!)
 今年はちょっと手を加えて、もう少し使い勝手がいいサイトにしたいと考えています。
 スマートフォン対応のページなど、作った方がいいのかしら、それには自分がスマートフォンを
 持たなくては・・・などと考えていると、また数年後になってしまいそうなので、できるところから
 少しずつ改良していきたいと思います。
 


 2012年3月17日(土)

 九州地方では春一番が吹いたそうですね。こちらでも、春を感じることが増えてきました。
 ベランダの植物たちも一斉に芽を出し、球根の茎も伸びてきました。畑はタネ蒔きのシーズン。
 楽しい季節が始まりました。
 手ぬぐい屋としても、忙しい季節の始まり。いろいろなことが、動いています。

 
 先日まで描いていた新作は染め屋さんに託しました。染め上がる日が待ち遠しいです。
 facebookで行なっておりました『南天』の新色アンケートの結果、木賊色が人気でしたので、
 深緑色の『南天』もお願いしております。アンケートに参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 
 ・・・あの震災から一年が経ち、思うこと、書きたいこともあったのですが、言葉ってむずかしい。
 ここ数日、関東でも大きな地震があったり、小さな揺れが続いていますね。
 あの日を忘れずに、日々を大切に過ごしていきたいと思います。



 2012年3月3日(土)

 今日はひな祭り。ちらし寿司を作り、桜餅をいただきました。
 日差しにも明るさが増してきたような。沈丁花が香る日も近そうです。
 
 数日前、今年の『手ぬぐい扇子』のサンプルが届きました。
 かわいい仕上がりで、皆様にお披露目できる日が待ち遠しいです。
 扇子のフチには、ヘリガミと呼ばれる細い紙が貼ってあるのですが、1回目のサンプルの色が
 気になっていました。サンプル2回目の今回、改めて作っていただいた扇子のヘリガミは、
 色もよくて一安心。微妙な違いなのに、縁取るもので印象がずいぶんと変わることを知りました。
 今更ではありますが。(「手ぬぐい扇子」は今年で8シーズン目です!)

 さて、イベントのページでは、今年も参加させていただく「スーベニイル」さんの
 『今様手ぬぐい展』の詳細をご案内しております。参加されるブランドや作家さんのお名前、日程など。
 岐阜の皆さん、ぜひお出かけくださいね。(当店商品は第二弾の期間にご覧いただけます)

 いよいよ春ですし、イベントもこれから続くので、新柄や新色を考えたり描いたりしているところです。
 只今、あひろ屋facebookページでは、『南天』手ぬぐいの新色のアンケートを行なっております。
 私としては、胡桃色、藍鼠、木賊色あたりがいいのでは・・・と考えていたのですが、皆様のご意見も
 うかがってみたいと思いました。こんなふうに皆様に ”おたずねする” ことは、実は初めてのことです。
 いつも、一人で考え、決めておりましたので。

 facebookをお使いの方でしたら、一票を投じたり、ご希望の色の項目を追加することも可能です。
 ぜひ、今回のアンケートにご参加くださいね。特に期間は決めていないので、ある程度のご意見を
 いただいたところで、人気色の上位二つくらいを選び、染め屋さんに相談しつつ決めたいと思います。
 今のところ、木賊色が人気のようです。ふむふむ。

 手ぬぐいの色は確かに重要ですが、人が染めていて、その時の気候や環境によっても
 染め色は変わります。同じ時に染めていても、反物により色合いが微妙に違っていることに
 気が付くこともあります。染め、という手仕事の奥深さ、面白さ・・・これからもじっくりと付き合って
 いきたいです。

 ・・・先日、青い色合いの手ぬぐいばかりをご注文されたお客様がいらっしゃいました。
 並べてみると、きれいでした。手元にあった灰色系の手ぬぐいを並べてみると、どれも微妙に
 色合いが違っていて、やはりきれいだなぁ、と思いました。

 



 2012年2月11日(土)

 立春を過ぎ、近所でロウバイの花をみかけ春を感じていましたが・・・まだまだ
 寒い日が続いていますね。インフルエンザが全国的に大流行だそうです。
 皆さま、どうぞお気をつけくださいね。

 今週も発送までにお時間をいただいてしまい、ご迷惑をおかけしております。
 (毎月、25日から月末、そして月初はご注文が重なります・・・)
 只今、手が腱鞘炎ということもあり、なかなか作業がはかどりません。
 でも。頑張っておりますのでよろしくお願いいたします!

 そして、本日、手ぬぐい『麻の葉』の新色を発売いたしました。”茶色”だなんて、
 単純すぎる色名ですが・・・日本の伝統色の書物にいくつかあたりましたが、
 ぴったりの色名が見つからず、それならばシンプルに茶色、としてみました。
 赤みのある深い茶色に、麻の葉柄が際立ちます。


 先月もこちらのページでお知らせしましたが、浦和の『楽風(らふ)』さんでは、
 そろそろ新しいセレクトの手ぬぐいが並ぶ予定です。(季節ごとに数柄の手ぬぐいが並びます。)
 
→楽風さんによりますと、27日(月)あたりから、新しいセレクト品が並ぶそうです。(2/13)

 
 今年もジワジワとイベントが固まってきています。詳細が決まり次第、イベントのページ
 お知らせ致します。今のところ、5つのイベントにお声がけいただいております・・・楽しみです。
 新作もどんどん出していかないと!とようやくエンジンがかかってきました。


 話はかわりますが・・・
 先日、同窓会がありました。23年ぶりに再会した友もいました。みんないい歳なのに、
 話し始めると学生時代に戻り、ワイワイガヤガヤ。とても楽しい時間を過ごすことができました。
 みんなの笑顔が印象的で、あの日から心が温まったかんじがしています。
 古い友、師は、かけがえのない存在ですね。(この同窓会のきっかけは、FACEBOOKでした。
 みんなの思いと、このツールに心から感謝です!)


 一年で一番寒い季節に、お味噌を仕込みました。年末頃には、味を試すことができるのかな、と
 想像して楽しみです。(いいお味噌に育ちますように!)

 



 2012年1月16日(月)
 うっかりしていたら、今月もなかば・・・。遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。
 今年は年賀状を休んでしまいましたが、 「あけましておめでとう」 という言葉について
 悩んでしまった時期も。(でも、この言葉は予祝の意味もあると知り、心が軽くなりました。)
 この新しい年が、穏やかでありますように。



 さて、今年はじめのお知らせです。
 数年前より企画展や季節的な展示でお世話になっております日本茶喫茶・ギャラリーの
  『楽風(らふ)』 さん。今月より当店手ぬぐいを常設していただけることになりました。
 季節に合わせた楽風さんセレクトの柄をご覧いただけます。
 
 手ぬぐいの楽しみの一つは、季節感が表現できること。並ぶ手ぬぐいたちが、
 楽風さんでいただけるお茶やお菓子、お庭の眺めなど、季節を感ずるものと響きあうような、
 日本人が大切にしてきた四季への思いに寄り添えるような・・・そんなお手伝いができたら
 いいなぁ、と思っております。
 (楽風さんは今年20周年を迎えられるそうです!本当におめでとうございます。)
 
 日本茶喫茶・ギャラリー 楽風(らふ)
 埼玉県さいたま市浦和区岸町4-25-12  048-825-3910 (水曜定休 10:00〜19:00)



 御礼のご報告です。
 個人として昨年より参加している 『復興への種まきプロジェクト』 ですが、
 募金額が当初の目標であった5万円に到達したそうです。当店サイトにもリンクを貼っておりますので、
 ご覧くださった方もいらっしゃると思います。ありがとうございます。
 この活動は、復興支援のために、PCの壁紙用に写真やイラストなどをクリエイターたちが無償提供し、
 一枚100円から販売しております。(売上は決済手数料を引いた全額を寄付します)
 活動は今後も続きますが、ひとまず目標額に到達したことで、現在は募金先を慎重に検討中。
 多くの方々のご協力で集まった大切なお金ですので、とても慎重になります・・・。
 そういった活動報告などもサイトでご覧いただけます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



 我が家の初詣は毎年、川越の喜多院と、地元の大和田氷川神社。
 このお札は喜多院の門札です。厄難よけです。

 
 
 

 過去のお知らせ
2003年〜2005年
2006年〜2008年
2009年〜2011年
2012年〜2014年


最近のお知らせ
2015年〜

  あひろ屋トップページへ

Copyright(c) 2001-2016 AHIROYA